人気ブログランキング |

ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

タグ:This Guilty Land ( 2 ) タグの人気記事

カードの利用は計画的に

e0120077_10450795.jpg

ありがたいことに対面でのプレイをお誘いいただきました。オプレッションを担当して負けました。所要時間は約2時間。ルールを確認しながらのプレイだったので、慣れたどうしならもっと短い時間でプレイできるはずです。

プレイヤーがそれぞれ受け持つ「ジャスティス」と「オプレッション」は、特定の人物や団体ではなく、前者は奴隷制の廃止のため、後者は奴隷制の保持と拡大のために戦う勢力を、抽象的概念としてあらわしています(とルールに書いてあります)。

オプレッションは下院で過半数を持ち、上院でコンプロマイズ(ルールブック曰く「中道を見つけようと無駄な努力をする人々」)を説得する材料を持ってゲームを始めます。僕は早速それを使って反連邦主義の法案を通過させ、奴隷制存続の支持者を増やし、勝利ポイントも得点します。しかし、結果的にこれは悪手でした。

説得に使った「民意」カードは支持者を増やし、敵がこちらを切り崩して支持者を奪うのを妨害します。僕はこの後に民意カードをドローできず、さらに民意カードで敵を妨害するのに必要な「組織」カードもドローできない泥沼にはまります。法案を通すのは組織をある程度大きくして、ある程度の数の民意を確保してからにすべきでした。

ジャスティスは民意カードで徐々に支持者を増やし、下院と上院の過半数を獲得します。オプレッションはテーブリング(審議延期)で法案成立を阻止するのが精一杯。領土拡張政策の一環としてメキシコとの戦争を始めたり、「暴力」カードを使って組織を拡大してみたものの焼け石に水。支持者数で大きく優位を得たジャスティスが勝利しました。

戦略的な決断やカードプレイのテクニックなどで楽しめそうなゲーム、という印象はいまのところ薄めです。善と悪という座組みとか、中間層を取り込んだり切り崩したりという展開とか、法案とかカードとかの名称などを見て「へぇ、そういうのがあったんですね」とか「こんにちのアレとかコレと似てますね」などと連想するのが面白い。

わからない単語や人名がたくさん出てきますが、意味を調べるつもりがWikipediaに行き着き、さらに別のWebページの沼に何十分もどっぷりハマることが多いので、時間がないときには注意が必要です。

by gameape | 2019-04-01 22:36 | 対戦 | Comments(0)
e0120077_15151926.jpg

PnP版をプレイ可能な状態にする費用は合計2,491円でした。内訳は次のとおり。
  • Wargame VaultでPDFを購入:1,333円(12.00USドル)
  • 1ミリ厚のボール紙:20円ぐらい(もともとB3で64円)
  • プリント費用:1,138円
「PnPではない版」は送料込で77ドル。同じレートで計算すると8,553円となるので、約6,000円を節約できたことになります。何より、購入して2日後ぐらいにはプレイを始められる納期の短さこそプライスレス。

This Guilty Land

プリントはコンビニではなく、アクセアさんに依頼しました。Webで発注すると翌日の夕方には仕上がります。コマはシール紙に、マップとカードは220kgの厚い紙に原寸でカラープリント。紙のサイズは「A3ノビ」というA3より大きいものを選び、レターサイズのPDFを原寸でプリントしてもはみ出さないようにしました。

カードの背面もカラープリントしたのですが、3枚注文したはずなのに納品物には1枚しか入っていませんでした。受け取るときはちゃんとチェックしないとダメですね。220kgの紙で作ったカードは、切ってそのまま使うのに十分な厚みがあるので、スリーブに入れずに使っています。それゆえカードの背面は不要になって、なくても困らない結果となりました。

1mm厚 ボール紙

コマはシール紙にプリントしたものを1ミリ厚のボール紙の両面に貼り付けて、あとはハサミでジョキジョキと切りました。1個1個のコマは大きさや形がまちまちで、手作りならではの味わいです。カードは金属製の定規をあててカッターで切りましたが、こちらもあらぬ方向に切れ目が入ってしまって、ガタガタの形になってしまっているものがあります。ドンマイ。6千円の差はこの辺のクオリティに強くあらわれるよ、と。

工作に要した時間は約1時間。プリントの発注と回収なども含めるとそれなりの手間と時間と言っていいでしょう。工作の翌日は右手や両腕が筋肉痛でした。「プリント・アンド・プレイ」と言いますが、実は「工作」とか「お店に行く」とかが見逃せないウェイトを占めていす。

その辺りを明確にするために「PnMnP」(プリント・アンド・マニュファクチャリング・アンド・プレイ)という名称がアタマに浮かびましたが、長いし感じ悪いしで誰も(僕も)使わないわなと思います。

by gameape | 2019-03-21 16:06 | PnP | Comments(0)