ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

タグ:Table Air Combat ( 2 ) タグの人気記事

Table Air Combat Table Air Combat

戦闘機コマをプリントアウトして、ルールブックに従ってニッケル(5セント硬貨)を包むと、ほんの少し硬貨の方が大きくて収まりません。プリンタの設定が合ってないとか、レターサイズをA4で印刷すると縮むとか、そうことかもしれません。

そもそも5セント硬貨はサクサクと用意できる種類のものではないので、別の何かで代用しなければと思っていました。大きさがほぼ同じな50円硬貨は同じように大きくて収まらず。より小さい1円硬貨はサイズはいいのですが軽すぎて今ひとつです。1セント硬貨は大きさ重さとも合格なのですが、必要な数をそろえるのに苦労しそうで悩ましい(旅行中には持てあますのに)。

バラストにできそうなものをいくつか探しました。ウォーターラインシリーズのパーツ。釣りのオモリ。金属のオーダーメイド。アクセサリーの部品。で、ワッシャーに行き当たりました。通販サイトをいくつか見て回った後、せっかく東京にいるので秋葉原に行って探してみたところ、ありました。

ワッシャー(直径20ミリ、厚さ1ミリ) Table Air Combat

直径20ミリ、厚さ1ミリのワッシャーです。直径はジャストフィット。厚さはもう少しあってもいいなと思います。2枚重ねにしてもいいかもしれません。見つけたのは高架下のお店で1枚10円くらい。買いに行くときは自前のノギスを用意していくか、Table Air Combatの戦闘機の現物を持参するといいかもしれません。

ゲージを使って動かす種類のゲームの場合、紙製のコマは軽すぎてうっかり位置が変わってしまうことがあります。コマにバラストを入れて、プレイマットも摩擦係数の大きいもの(ラシャ紙を使ってます)にするとコマの位置が安定して、プレイはぐっと快適になりました。めでたい。

[PR]
by gameape | 2018-01-20 16:05 | ウォーゲーム用品 | Comments(0)
Table Air Combat

Table Air CombatのKi-43とP-40Eを入手。このゲームはちょっと前から気になっていて、無料で手に入るルールブックは持っていたのですが、航空機の購入は今回が初。まずはWing Leaderの導入シナリオで見慣れた2機種を選びました。

Table Air Combat

PDFをカラープリントするためにコンビニに行くのが億劫だったので、画像を切り出してNumbersに貼り付けてみたところ、なかなかこれが快適。プレイ空間を作るためにテーブルを片づける必要もなく、操作性は極めて良好。UNDOやスクリーンショットはもちろんのこと、ユニットやルーラを複製したり、反転したり、半透明にしたりできて非常に便利です。

Table Air Combat

空戦ゲームとしての面白さはもう少し触ってみてから評価予定、としておきます。

とはいえ、空戦ゲームはゲームの数だけシステムがあるようで、それを見ていくだけでも面白いんですが、システムを眺めて「あー、面白かった」と満腹になってる気がしないでもなく。空戦自体をあれこれ考えるにはなかなか至れてない感、とでも言いますか。
[PR]
by gameape | 2016-12-11 18:33 | Comments(0)