ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

タグ:Storm Over Arnhem ( 10 ) タグの人気記事

Storm Over Arnhem対戦

Storm Over Arnhem

10年くらい前、僕は仕事の帰りに秋葉原のイエローサブマリンに立ち寄って、Storm Over Arnhemをしばしばプレイしていました。慣れたプレイヤーどうしなら閉店までに最後までプレイできて、幸せな疲労を感じつつ家に帰ることができます。

2017年の猿遊会で久しぶりにこのゲームをプレイできました。序盤だけのプレイになりましたが、このゲームの面白さを十分に堪能しました。

冒頭の画像はセットアップです。僕がドイツ軍。配置の時点では兵力を西にシフトすることを考えていましたが、結局はエリア11とエリア24に重点をおいた東側からの攻撃が中心となりました。

Storm Over Arnhem

上の画像は3ターン途中の状況です。AFVを使った浸透がうまくいき、3ターン終了時には橋に直結するエリア4を占領できました。ここでゲームを終了しましたが、ドイツ軍が占領したエリアをイギリス軍が奪回するのは大変です。毎ターン2VPを失うイギリス軍は、この後かなり厳しいゲームになったと思います。

砲撃、準備射撃、移動、防御射撃、近接戦闘と段階を追って展開する小さな戦闘を、どこでいつおこなうかを組み立てていく思考がこのゲームの魅力です。ガッツリ考えてプレイすると時間がかかる上にヘトヘトになります。5秒ルールを使って両軍がミスを重ねつつも、そこそこのプレイ時間で最後までプレイするのがちょうどいいのではないかと。

[PR]
by gameape | 2017-10-15 16:46 | 対戦 | Comments(0)

正しい縮尺のコマ

Storm Over Arnhem

Storm Over Arnhemのマップは、戦場となったアーネム(アルンヘム、アーンエム)の街を1インチ=100フィートの縮尺で描いています。1フィートは12インチなのだそうで、このマップの縮尺は1/1200ということになります。

Storm Over Arnhem

フォリオ版のルールブックには当時の航空写真が掲載されていて、マップのエリア22にあるS字型の道などがそのままの形であることがわかります。

Storm Over Arnhem

マップがせっかくそういう仕様なのに、ユニットは写実的ではありません。コマを動かしたり、書かれている値を読み取ったりすることを考えると、適切な手法だとは思います。このゲームのコマは戦車なら2~3両を、歩兵なら9~12人を表しています。

Storm Over Arnhem

先の画像を「正しい縮尺」にするとこんな感じになります。黒い点々は兵士を表します。上から見るとIII号戦車の全長は5ミリ弱になり、肩幅1メートル強の兵士たちは直径1ミリ弱の点になります。

Cross of Iron

AFVの俯瞰図はCross of Ironのコマから拝借しました。裏面が白地に黒で使いやすかったです。スキャンして、傾けて、Wikipediaで全長を調べて、サイズ調整して、JPGをUSBメモリに保存して近所のコンビニへGo。

Storm Over Arnhem

できました。モノクロなので10円です。

Storm Over Arnhem

8輪装甲車のプラモデルは作ったことがなく、ハーフトラックより長いことに驚きました。ランダムイベントで登場するIII号突撃砲を作り忘れたのが残念です。

Storm Over Arnhem

これでプレイできるとは思っていませんが、マップ上に並べて鑑賞するだけで上機嫌です。イギリス軍が対戦車砲を東に集中して、装甲車がどどっと西に回り込む図を再現したり。

Storm Over Arnhem

前述したエリア22のS字道路にIII号とタイガーIIを並べたり。

Storm Over Arnhem

ヘクスマップでも車両のイラストをマップの縮尺に合わせられたらいいのですが、1ヘクスが数十メートルという規模でもないと難しいのでしょう。プレイ用と鑑賞用の2種類を出版するとか、観賞用の「正しい縮尺のコマ」は別売り(受注生産でちょっとお高め)にするとか(売れないと思います、すみません)。

[PR]
by gameape | 2017-09-24 22:40 | 観専武官 | Comments(0)

2011年3月

対面プレイ

・Battle Above the Clouds

PBEM

・Not War But Murder
・Lee vs Grant

入手

・戰棋 Vol.5(台海危機1950)
・Shiloh(Columbia Games)
・Storm Over Arnhem(ボックス版)

今月の目玉はBattle Above the Cloudsの対面プレイ。
既に書いたとおり、2日間ぶっ続けで全32ターン中24ターンまで。

準備やら予習やらを含めると2ヶ月以上に及ぶ楽しい期間が終わってしまい、ものすごい充実感と若干の燃え尽き感があるかもしれない。
「自分のやりたいウォーゲーム」をかなりのところまで実現できたと思う。
いやぁ、ほんとに幸せ。
今年最大のイベントになっちゃったかもしれない。
もしかすると、ここ数年中で最強のイベントだったりして。

プレイしたいゲームとプレイしたい相手を見つけたら、躊躇なく全力を投入してプレイ機会を作りなさい。
そういうことなんだなと思う。

珍しく3作ものゲームを入手。
いずれも、積極的にというよりは、成り行きによるもの。

Shilohはそもそもテーマとしてそれほど惹かれないのだけれど、せっかく手に入れたのでプレイしてみたい思う。
(実はゲティスバーグもそんなに惹かれない僕はへそ曲がりなんですね。。。)
あっさりしたルールで容易にプレイできそう。

Storm Over Arnhemはフォリオ版は持っていたものの、プレイしやすいボックス版を手に入れたいなと前から思っていた。
今回入手できてすごく嬉しく思っている。
やったね。

「戰棋」は猿遊会の記事を載せていただいた関係で入手。
ワールドワイドに紹介いただいた上に現物までいただいてしまい、なんと幸せな。。。
[PR]
by gameape | 2011-04-04 21:55 | Comments(0)
イギリス軍の4-7-5小隊1個をドイツ軍の4-6-6小隊3個が攻撃する場合。

Storm Over Arnhem

上の画像の状況でエリア4の奪取が勝利条件と仮定する。

全力で射撃

Storm Over Arnhem

火力は「4(額面火力)+2(ユニット2個が支援)-1(隣接エリア)」で5。
防御力を差し引いたAV=-2の射撃が1回。

76%で効果なし、8%でイギリス軍が裏返り、6%で退却。
イギリス軍が壊滅する可能性は10%。

イギリス軍が裏返ったとしても、ドイツ軍に持ち駒がないのでターン終了時に表に裏返って元通り。
退却した場合、次のターンに先に動く方(イニシアティブを持っている方?)がエリア4を占領することになる。

いずれにせよ、このやり方では目標を1ターンで達成することはできない。

バラバラに射撃

Storm Over Arnhem

火力が3で防御力が7なので差し引きAV=-4の射撃。
90%で効果なし、4%でイギリス軍が裏返り、退却と壊滅がそれぞれ3%。
3個小隊でまとめて射撃する場合に比べると、イギリス軍がエリア4から立ち退く可能性は低い。
でも、2回の射撃でイギリス軍を立ち退かせることができれば、1個小隊を前進させて目標を1ターンで達成できるところが大きなメリット。

1回目の射撃が効果なしで、2回目の射撃でイギリス軍が裏返り、ドイツ軍が3個目のユニットをエリア4に入れた場合。
白兵戦の結果は両者生き残りが69%、両者壊滅が3%、一方だけ残る可能性は14%ずつ。
両者壊滅の場合は、次のターンにドイツ軍がユニットを前進させて目標を達成。
(白兵戦の確率はフォリオ版の「2d6が10以上で除去」で計算しています)

Storm Over Arnhem

1回の射撃でイギリス軍が裏返った場合。
さらに1ユニットで射撃をすると火力は3で変わらずながら、防御力は裏返ったことで4になり、差し引きAV=-1の射撃になる。
結果は66%で効果なし、10%でイギリス軍が退却、24%で壊滅。
退却か壊滅ならば3個目のユニットが前進して、無傷のままエリア4を占領できる。

Storm Over Arnhem

2回目の射撃をせず、残ったユニット2個でエリア4に進んで白兵戦することもできる。
この白兵戦で全ユニットが生き残る確率は60%、両軍1個ずつ壊滅が5%、イギリス軍のみ壊滅が23%、ドイツ軍だけ壊滅が12%。
いずれにせよドイツ軍は必ず1個生き残るので、イギリス軍が壊滅すれば目標を達成できる。
白兵戦を避けた手法に比べるとドイツ軍に損害が出るリスクは増えるものの、目標達成の確率は上がる。

準備射撃なし、1個小隊が前進

Storm Over Arnhem

ドイツ軍が1個小隊を前進させてイギリス軍がこれを射撃した場合、火力は4で防御力が3なので差し引きAV=+1。
結果は44%で効果なし、退却が11%、壊滅が45%。
イギリス軍はこの射撃で裏返るので、ドイツ軍は2ユニットを前進させて白兵戦をしかけるなり、弱くなったイギリス軍を隣接エリアから1個小隊で射撃し、その結果を見て白兵戦するなり、カラになったエリア4を占領するなりすることができる。

準備射撃なし、全軍で前進

Storm Over Arnhem

ドイツ軍が射撃をせずに3個小隊全部を前進させ、イギリス軍がこれを射撃した場合、火力は4で防御力は3なので差し引きAV=+1。
この射撃の後にエリア4にドイツ軍の3個小隊が残る可能性は44%。
2個小隊が残る(1個退却または1個壊滅)可能性が22%、1個残る可能性は18%。
ドイツ軍がエリア4に残れない可能性は16%。

ドイツ軍の3個小隊がエリア4に残った場合、白兵戦で全ユニットが生き残る確率は48%、両軍1個ずつ壊滅が7%、イギリス軍のみ壊滅が35%、ドイツ軍だけ壊滅が10%。
エリア4に残ったドイツ軍が2個また1個である場合の確率は既に書いたとおり。

まとめ

結局のところ、どの方法が最も有効なのか。
1ターンでエリア4を占領することだけに限って確率を計算してみた。

・3個小隊でまとめて射撃=0%
・1個小隊ずつ射撃、白兵戦なし=14%
・1個小隊ずつ射撃、イギリス軍が裏返ったら前進して白兵戦=17%
・3個小隊でまとめて前進=28%

より下の手法になるほど目標を達成できる可能性が上がる。
かつ下になるほど攻撃側に損失が出る可能性も上がる。

ASL Starter Kitとの比較

前述のまとめは「射撃より前進の方が目標を早く達成できる」と乱暴にまとめることができ、その考え方は大筋において、先日書いたASL Starter Kitにおける「3対1の現場」と似たものなのだろうと思う。

きちんと計算した訳ではないけれど、ASL Starter Kitの方が若干攻撃側有利なのかも、とは感じる。
とは言え、Storm Over Arnhemは防御側であるイギリス軍を強めに評価しているし、先に書いたASL Starter Kitの例は開けた場所を題材にしているので、市街戦を題材にしているStorm Over Arnhemと差異が出るのは自然かもしれない。

ASL Starter Kitにあった「どのルートでユニットを動かすか」という判断は、エリアの内部でおこなわれているものとして、Storm Over Arnhemでは省略されていると考えてよいのだろう。
逆にインパルス式のシステムであるが故に、移動と射撃をどういう順番でするか、という決断が重要になるところがこのゲームの個性であり、面白いところなんだと思う。
[PR]
by gameape | 2011-01-22 17:19 | Comments(0)

合議制でウォーゲーム

案その1:投票型

複数のプレイヤーが次の一手を秘密裏にプロットして一斉に開示する。
全員が同じだったらプロットしたとおりにプレイ。
違っていた場合、投票をおこなう。

各プレイヤーにはあらかじめ、「1」から「5」までの数字が書かれたカードを1枚ずつ配っておく。
投票になったら、プレイヤーは配られた5枚のカードから1枚を選び、出されているプロットのうちのひとつに伏せた状態で投票する。
全員の投票が終わったらカードを表にし、投票されたカードに書かれた数字をそれぞれ合計。
合計が最も大きいプロットが採用される。

案その2:空気読み型

複数のプレイヤーが次の一手を秘密裏にプロットして一斉に開示する。
全員が同じだったらプロットしたとおりにプレイ。

ここまでは「その1」と同じ。
でも、プロット内容が違った場合、その手番には何もできない。
そのまま次の手番に進む。

プレイヤー同士がいかに他のプレイヤーと同じプロットをするかが勝負になる。

以上の2つの案は、どちらも思いついただけで実際に試したものではない。
(後者は以前、将棋で実践されているのをテレビで見ました)

「その1」は1人で考えるよりも「文殊の知恵」になる可能性を期待できる。
さらに、数字の大きな投票カードをどの手番で使うのかも重要。

投票の前に1分程度の「説得タイム」を作るとか、
投票を同時ではなく、1人ずつ順番に進めるとか、
プレイヤーを司令官と参謀に分けて持ち点を変えるとか、
いろいろと試してみると面白いかもしれない。

「その2」は3人プレイをするときとか、
ビギナーさん1人と経験者2人の対戦とか、
そういうときに使えると思う。
(前述の将棋の例では、アマ棋士1人とプロ棋士2人が対局してました)

プレイするゲームは、1回の手番にたくさんのユニットを動かせるゲームより、1回の手番にできることが少ないものがよいと思う。

GCACWシリーズで、どのリーダー/ユニットを活性化するかプロットする。
Storm Over Arnhem系のゲームで、どのエリアを活性化するかプロットする。
カードドリブンゲームで、どのカードでどのユニットを活性化するかプロットする。

。。。といったやり方なら実現できるんじゃないかと。

使用するプロットが決まった後で、実際に誰がプレイするのかも決めておく必要がある。
選ばれたプロットを決めたプレイヤーがやるのが自然かもしれないけれど、逆に他のプレイヤーにプレイしてもらうのも面白そう。
[PR]
by gameape | 2010-10-18 22:58 | 考えごと | Comments(0)
諸般の事情により、午後3時ごろに会場を訪れ、午後7時より前には会場を後にした。

出席できるかどうか、出席するとしても何時に会場に着くか事前にわからなかったので、ゲームをプレイする約束はしていなかった。
なので、しばらくは会場においてあったコマンド・マガジン日本版(63号)を読んだり、会場に広げられていたStorm Over Arnhemをソロプレイしたりしていた。
「ゲーム会の会場に来たのに人とゲームを対戦しない」という状態を、僕はそれほどイヤだとは思っていない。
むしろ、プレイしたことないゲームを教わったり、逆に人にウォーゲームのルールを説明するよりも、ゲーム会でボケっとしている方が良いと思える心境のときもあったりする。
同じ部屋の中でウォーゲームがプレイされている状態、というのが結構好きなのである。

以下、会場でのスナップ。

SWWAS - Bomb Alley

SWWaSの地中海。
太平洋や大西洋を舞台にしたゲームと同じスケールのマップなのだそうだ。
以前見せてもらった、SWWaSのBismarckはフルマップ複数枚だった。
地中海って案外狭いのだなぁ、とちょっと驚いた。

両軍の艦隊はマップ上に配置され、両プレイヤーはそれをみることができるそうだ。
でも、移動を数ターン先までプロットしなければならなかったり、戦闘などをおこなうためには、策敵を成功させる必要があったりするのだそうだ。

Liberte

フランス革命のゲームらしい。
「ロベスピエールが」「ダントンが」「ギロチンが」というような単語が聞こえてきた。
世界史の授業でしか聞かない単語だなぁ、と思って聞いていた。

Storm Over Arnhem

会場に着いたときにテーブルに広げられていたStorm Over Arnhem。
Vassalでの対戦を控えているとのことで、セットアップの研究をしていたらしい。
僕はこのセットアップを借りて、しばらくソロプレイさせてもらった。
やっぱり、この大きさのコンポーネントはいいなぁ。
(僕はフォリオ版しか持っていない)

Storm Over Arnhem

その後、「このゲームは十年以上前にプレイしただけ」という方とプレイ。
セットアップしなおすのが面倒だったので、広げられていたセットアップを借りてプレイ開始。

僕はドイツ軍を担当。
6~8区を空けるセットアップを逆手に取り、南に兵力を集めて5区に突入する戦略を試してみた。
2ターンで7区と11区を、3ターンで6区のペリメータを占領(5VP)。
4ターンには22区、23区を占領すると共に、5区は白兵戦。
ドイツ軍が若干優勢かもしれない、というところで時間切れ終了。

イギリス軍は十数年以上ぶりのプレイで、こちらは半年以内に2回プレイしているという条件にもかかわらず本気出しまくり、という状況なので、ドイツ軍が有利なのは当たり前。。。

Battleline

傑作カードゲーム、Battleline。
「サラミとバトルラインって合いそうですよね、お酒はないんですか?」
。。。と尋ねたところ、

Battleline

すぐ横に琥珀エビスがあったので撮りなおし。
琥珀エビスは僕も好きです。
[PR]
by gameape | 2008-03-02 11:26 | Comments(0)
インメルマンの例会で「Storm Over Arnhem」をプレイした。
担当をビッドで決定。
僕が「0」をビッドしたのに対し、相手プレイヤーは「-6」をビッドしたので、僕がイギリス軍。
相手プレイヤーは「今日はどうしても攻撃側をやりたかったので、最低の値をビッドした」とのこと(汗)。

Storm Over Arnhem - Set Up

セットアップは上の画像のとおり。
Cyberboardを使ってこの画像を作りながら、ドイツ軍のセットアップに「3-4-10」の装甲車が1両欠けていることがわかった(汗)。
結果から言うとイギリス軍が僅差で勝利を収めたのだけれど、この装甲車が参戦していたら結果が大きく変わっていたかもしれない。。。

Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem

イギリス軍のセットアップの心は。。。
  • おおよその方針はStorm Over Arnhem - 対戦 2007年12月15日と同じ
  • 24区より16区を厚くしたのは、橋の西側に増援を送りやすくするため
  • 対戦車砲を18区から22区に変えたのは、23区にAFVが進入したとき対策
  • そろそろ、これとは大きく違う方針の配置も考えないと、相手に読まれてしまうかも。。。
ドイツ軍のセットアップはおおよそ想定できるものではあったものの、11区に装甲車が5両も隣接しているのはちょっと驚き。
11区には対戦車砲を置かないと考えるのが普通なのかな。
(僕は怖くてそこまで思い切れないかも)

毎度のことながら、ゲームの途中はプレイで一杯一杯になってしまうため、細かい展開を記録する余裕はなし。
各ターンのランダムイベントと、ドイツ軍に奪われたエリアと、白兵戦中のエリアを書きとめることしかできなかった。
その記録を元に、各ターン終了時におけるイギリス軍支配エリアを赤、白兵戦がおこなわれたエリアを黄色、ドイツ軍に奪われたエリアを灰色に塗ったものが以下の画像である。

Storm Over Arnhem - Turn 1 第1ターン

Storm Over Arnhem - Turn 2 第2ターン (2VP)

Storm Over Arnhem - Turn 3 第3ターン (3VP)

Storm Over Arnhem - Turn 4 第4ターン (3VP)

Storm Over Arnhem - Turn 5 第5ターン (4VP)

Storm Over Arnhem - Turn 6 第6ターン (7VP)

Storm Over Arnhem - Turn 7 第7ターン (12VP)

Storm Over Arnhem - Turn 8 第8ターン (18VP)

第7ターン終了時の勝利ポイントが12VPだったので、最終ターンに全VPエリアをドイツ軍が占領して9VPを得点しても引き分けになるだけだった。
ドイツ軍の攻撃を受け止めるのはかなり厳しかったけれど、何とかエリア2個を取られずに済ませ、イギリス軍最低限の勝利を得ることができた。

下の画像はゲーム終了時の状況。

Storm Over Arnhem

ゲーム中盤に、26区に集まったBohltたちに対し、23区から工兵隊がチクチクと射撃したときのダイスが非常に好調だったことが勝因のひとつだろう。
ドイツ軍は終盤になる前に部隊がかなり減ってしまっていた感がある。
とはいえ、「最終ターンになる前にイギリス軍の勝ちが決まるかも」と思っていたのに、フタを開けてみると、ドイツ軍が第7ターンまでにあと1個多くVPエリアを取っていたら、イギリス軍が負ける可能性があった。
危ないところだったのである(汗)。

イギリス軍は1または2VPくらいビッドしても勝てる思っていたけれど、僕がそんな条件でプレイするには、イギリス軍としてのテクニックをもう少し磨かなければならないのだろう。
[PR]
by gameape | 2008-01-19 19:07 | Comments(0)
インメルマンの2008年最初の例会に遊びに行ってきた。
11時過ぎに会場について、すぐさま「Thirty Years War」をプレイし、終わって一休みして、「Storm Over Arnhem」をプレイするという、非常に濃密な時間を過ごすことができた。

Thirty Years War
Thirty Years War (GMT)

カトリックを担当。
ウィーンの帝国軍を4ユニットにするという選択ルールを採用。
最初の戦闘でプロテスタントのリーダー3人が戦死したものの、カトリックは主導権を上手く取れないまま押されまくった。
そして第7ターンに登場したグスタフ王がマップ上を席巻し、プロテスタントがサドンデス勝ち。

相手プレイヤーに申し訳ないほど、何もできなかった。
次回はもっときちんとプレイできるようにするぞ、とギュッと拳を握るような気分。。。

Storm Over Arnhem
Storm Over Arnhem (AH)

ビッドの結果、イギリス軍を担当。
開始時のVPは0。
中盤にイギリス軍のダイスがさえわたり、ドイツ軍は出血多量状態になったと思う。
にもかかわらず、ドイツ軍は最終ターンまで決着がつかない状態に持ち込む根性を見せた。
結局、最終ターンの白兵戦でいくつかのVPエリアが混戦状態のまま残り、イギリス軍が勝利できた。

「Storm Over Arnhem」をプレイすると、最終ターンにはアタマがボーっとするくらい疲れる。
疲れるといっても、心地よい疲れで、ある種の達成感のようなものがある。
終了後にジョナサンで呑んだビールは格別だった。

この他、ドイツ装甲軍団とBattlelineがプレイされていた。

ドイツ装甲軍団・スモレンスク
ドイツ装甲軍団・スモレンスク (コマンド・マガジン日本版)

ドイツ装甲軍団・マーケットガーデン
ドイツ装甲軍団・マーケットガーデン (コマンド・マガジン日本版)

Battleline
Battleline (GMT)
[PR]
by gameape | 2008-01-13 00:50 | Comments(0)
千葉会でStorm Over Arnhemをプレイした。
僕はこのゲームを久しぶりにプレイすることを対戦相手に告げたところ、イギリス軍を薦められたのでそれに従うことにした。
確かに、このゲームはイギリス軍の方がプレイしやすいと思う。
以前、このゲームを頻繁にプレイしていたころは、イギリス軍に1または2VPビッドしてプレイしていたくらいである(2VPビッドすると、ちょっと厳しいと感じたように覚えている)。

Storm Over Arnhem - Setup

両軍のセットアップは上の図のとおり。
このゲームのセットアップはいつも悩むので、今後の参考にと思い、以下のように細切れに写真を撮って記録しておいた。

Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem Storm Over Arnhem

イギリス軍のセットアップの心は。。。
  • 初手でドイツ軍が大規模な攻勢を取りにくい橋の北側(3、18区)は手薄でよい
  • 22区や23区を序盤に取られると、毎ターンVPを稼がれて厳しいので、これらに多めの部隊を配すると共に、増援を送りやすくしておく
  • 中央の5、17区は余った部隊を置いて配置制限(VPエリアに最低3ユニットを配置)を満たせばよいが、これらは常に空にしないよう心がける(空にすると、ドイツ軍が浸透してくる)
  • 7区は空にして良い。ここまでドイツ軍が攻め込んできたら背後(8区)を閉じて砲兵で攻撃する
対戦途中はドイツ軍のセットアップをきっちり見る余裕がなかったが、今になってしっかり見て感じることは。。。
  • 砲兵を呼べるHQを15、19、29区に、大隊司令部を29区に置くのは想定の範囲内
  • 5-7-4と歩兵1個小隊の組み合わせ(5+3+1=9火力)はとても効果的(僕はやったことがなかった)
  • 6火力の装甲車を10区と15区に配置するのは勇気あるなぁ
プレイ開始後は、プレイそのものに頭が一杯になってしまい、きちんとした記録は取ることができなかった。
このゲームをプレイすると、「スリルとサスペンス」を始終感じるように思うのは僕だけか。
パスを繰り返すだけのときでも、「もしかしたら、次の手番で相手もパスするんじゃないか」とハラハラする。
毎ターン、どのエリアを取られたかを記録するのが精一杯だった。
  • 第1ターン:7区と8区を取られた。Bohltの1個中隊がエリアDに移動。2区に装甲車2両が移動。III号戦車が11区に突入。8区の占領により2VP。
  • 第2ターン:11区を取られて合計4VPに。
  • 第3ターン:23区が混戦状態に。
  • 第4ターン:23区は依然混戦のまま。6区も混戦状態になり、24区は放棄。
  • 第5ターン:23区と16区を放棄、6区を取られ、18区と22区が混戦状態に。合計5VPに。
  • 第6ターン:22区の守備隊が射撃により全滅。17区では白兵戦に敗れる。5区と18区が混戦状態に。合計9VPに。
ここまでで時間切れとなったが、ここまででイギリス軍は非常に多くの部隊を失っており、第7ターンにすべてのVPエリアを取られてしまう状態だった。
もしそうなれば、第8ターン終了時までにドイツ軍は18VPを稼ぐことになり、最低限の勝利を得ることになる。
このため、僕はイギリス軍の負けを宣言し、ゲームは終了した。
所要時間は約3時間。

Storm Over Arnhemをプレイしていると、いつも2ターンか3ターンくらいまで進んだあたりで「あ、このゲームはこうやってプレイするんだった」、と色々なテクニックのようなものを思い出す。
  • コマを動かすときには、次のターンにそのコマをどう使うか考えてから。
  • うっかり射撃して裏になったユニットは、砲兵射撃の的になってしまう。
  • 1個とか2個のコマだけを裏返すと、射撃を受けたときに損害ポイントを退却だけで吸収できず全滅してしまう。
今回のプレイで最も印象的だったのは、ドイツ軍が6-2-8の装甲車とBohltの1個中隊をセットに運用していたことだ。
このセットは砲兵どころじゃない高火力の射撃(6+(3+1)*3=18火力)を浴びせてくる。
Bohltがまとまって隣接してきたら、さっさと逃げるか、射撃で追い返す努力が必要なのだろうと思う。
とは言え、逃げればそのエリアにSS装甲擲弾兵が滑り込んでくるんだろうし、射撃を試みて失敗してもやっぱりSSが白兵戦に乗り込んでくるだけなのかもしれないが。

何年かぶりにこのゲームをプレイしてみて、その面白さを再実感した。
慣れたプレイヤー同士のプレイならば3~4時間で終わらせることができるのではないかと思う。
終わらなかったとしても、デジカメを持っていれば、配置を記録することはそれほど難しくない。
このゲームの「スリルとサスペンス」が僕は好きなのだ。
プレイした後にフラフラになりそうになるのではあるけれど(汗)。

このゲームに手をつけると、他のゲームのための時間を若干減らさなければいけなそうな印象があって、何となく敬遠していたのだけれど、もう少しこのゲームに重心を移してもいいのかもと思う。
[PR]
by gameape | 2007-12-24 22:00 | Comments(0)

千葉会 - 2007-12-15

千葉会 2007-12-15

千葉会に行ってゲームをプレイさせてもらって、さらに宴会にまで乱入し、その上、色々な方から色々なありがたいお言葉をいただいてきた。
インターネットっていいなぁ、と思うことはこれまで何度もあったが、そういう機会がまた1回増えたことになる。
さらに、ビールでよっぱらって、料理でお腹一杯になって、途中で地下鉄を一駅乗り過ごして(汗)、それでも21時過ぎに家でお茶を飲んでられる幸せ。

会場はテーブルが足りなくなるほどの盛況で、外は寒いのに窓を開け放ってゲームをしても苦にならないほどの熱気(というか男臭さというか(笑))。
僕が会場にいる間にプレイされていたゲームは上の画像にある黒板に書かれているとおり。
それぞれのゲームのプレイ中の様子は以下のとおり(クリックすると大きな画像を見ることができる)。

Europe at War ASL Starter Kit - S13 Priority Target Advanced Squad Leader Storm Over Arnhem 激闘! 硫黄島 ASL Starter Kit - S13 Priority Target 独ソ電撃戦 Advanced Squad Leader Advanced Squad Leader ASL Starter KIt - S1 Retaking Vierville 信長包囲戦 Ukraine 43 独ソ電撃戦 ASL Starter Kit - S18 Baking Bread

僕はASL Starter Kit #1のシナリオ S1「Retaking Vierville」と、Storm Over Arnhemをプレイした(両方負けましたとも)。

以下、会場で見て面白かったもの。

Storm Over Arnhem

Storm Over Arnhemの自作マップとコマ。
フォリオ版を買って、自分が使いやすい大きさとデザインに作り直したとのこと。
確かにフォリオ版はマップとコマの大きさのバランスがあまりよろしくないと僕も思う。
僕の場合は、A3に縮小(というかルールブックの裏表紙にある縮小版マップを拡大したもの)の上でフォリオ版のコマを使ってソロプレイしていた。

Advanced Squad Leader - OBA Cards

ASLのOBA(盤外砲撃)のためのカード(と思われる。。。)。
どう使われて、どう便利なのかは分からないけれど、こういう自作(?)プレイエイドにグッときてしまう僕。。。

Advanced Squad Leader

ASLのコマ整理用ケース。
他人のコマ収納メソッドを拝見するのもゲーム会の楽しさだと思う。
[PR]
by gameape | 2007-12-15 22:48 | Comments(7)