ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ
Game Club Immelmann 2009-03-20

昨年10月以来なので、何と半年ぶりの参加(汗)。
参加者は多分8名。
正確なところを知らないのは昼過ぎから参加したからである。。。

予め約束してあったとおり、GCACWシリーズの3連戦。
Stonewall in the Valleyの「McDowell」と1回と、Stonewall's Last Battleの「Brandy Station」を2戦。

ウォーゲームを堪能した後の疲れは本当に心地よい。

以下、本日プレイされていたゲームたち。

Winged Horses Winged Horses
Winged Horses

Second World Word at Sea
Second World War at Sea

Drive to the Baltic
Drive to the Baltic

Aglicora
アグリコラ

Atlantic Storm
Atlantic Storm

Stonewall in the Valley - McDowell
Stonewall in the Valley

Stonewall's Last Battle - Brandy Station
Stonewall's Last Battle
[PR]
by gameape | 2009-03-21 00:49 | Comments(0)
諸般の事情により、午後3時ごろに会場を訪れ、午後7時より前には会場を後にした。

出席できるかどうか、出席するとしても何時に会場に着くか事前にわからなかったので、ゲームをプレイする約束はしていなかった。
なので、しばらくは会場においてあったコマンド・マガジン日本版(63号)を読んだり、会場に広げられていたStorm Over Arnhemをソロプレイしたりしていた。
「ゲーム会の会場に来たのに人とゲームを対戦しない」という状態を、僕はそれほどイヤだとは思っていない。
むしろ、プレイしたことないゲームを教わったり、逆に人にウォーゲームのルールを説明するよりも、ゲーム会でボケっとしている方が良いと思える心境のときもあったりする。
同じ部屋の中でウォーゲームがプレイされている状態、というのが結構好きなのである。

以下、会場でのスナップ。

SWWAS - Bomb Alley

SWWaSの地中海。
太平洋や大西洋を舞台にしたゲームと同じスケールのマップなのだそうだ。
以前見せてもらった、SWWaSのBismarckはフルマップ複数枚だった。
地中海って案外狭いのだなぁ、とちょっと驚いた。

両軍の艦隊はマップ上に配置され、両プレイヤーはそれをみることができるそうだ。
でも、移動を数ターン先までプロットしなければならなかったり、戦闘などをおこなうためには、策敵を成功させる必要があったりするのだそうだ。

Liberte

フランス革命のゲームらしい。
「ロベスピエールが」「ダントンが」「ギロチンが」というような単語が聞こえてきた。
世界史の授業でしか聞かない単語だなぁ、と思って聞いていた。

Storm Over Arnhem

会場に着いたときにテーブルに広げられていたStorm Over Arnhem。
Vassalでの対戦を控えているとのことで、セットアップの研究をしていたらしい。
僕はこのセットアップを借りて、しばらくソロプレイさせてもらった。
やっぱり、この大きさのコンポーネントはいいなぁ。
(僕はフォリオ版しか持っていない)

Storm Over Arnhem

その後、「このゲームは十年以上前にプレイしただけ」という方とプレイ。
セットアップしなおすのが面倒だったので、広げられていたセットアップを借りてプレイ開始。

僕はドイツ軍を担当。
6~8区を空けるセットアップを逆手に取り、南に兵力を集めて5区に突入する戦略を試してみた。
2ターンで7区と11区を、3ターンで6区のペリメータを占領(5VP)。
4ターンには22区、23区を占領すると共に、5区は白兵戦。
ドイツ軍が若干優勢かもしれない、というところで時間切れ終了。

イギリス軍は十数年以上ぶりのプレイで、こちらは半年以内に2回プレイしているという条件にもかかわらず本気出しまくり、という状況なので、ドイツ軍が有利なのは当たり前。。。

Battleline

傑作カードゲーム、Battleline。
「サラミとバトルラインって合いそうですよね、お酒はないんですか?」
。。。と尋ねたところ、

Battleline

すぐ横に琥珀エビスがあったので撮りなおし。
琥珀エビスは僕も好きです。
[PR]
by gameape | 2008-03-02 11:26 | Comments(0)