人気ブログランキング |

ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

タグ:Pub Battles ( 2 ) タグの人気記事

e0120077_14212084.jpg

Harold BuchananさんがTwitterで「2018年に最もプレイした5作」をポストして、多くの人がそれに続いています。

これに乗っからないテはありませんので、僕の5作をコメントしました。

2018年はウォーゲームに触れている時間は例年どおり、または例年より多いくらいだったと思います。でも、人とプレイすることはほとんどなくて、気が向いたときに気が向いたゲームを雑にソロプレイする、というのを楽しみました。

対戦に備えてソロプレイしておこうとか、対戦できないからソロプレイで、とかではなくソロプレイしたくてソロプレイ。対戦もソロプレイも同じように(または違った面白さの)ウォーゲームの楽しみです。

  1. Atlanta is Ours:未プレイのシナリオはまだまだあるし、キャンペーンの対戦は失敗ばかりだったので、引き続きプレイしたい(すると思います)。
  2. Table Battles:面白くて楽しいゲームですが、こういうゲームばっかりプレイするようになったら困るな、という変な心配が頭によぎる不思議。
  3. Pub Battles Monmouth:対戦して面白さが見えてきました。旅団ユニットのバトルゲーとしては優秀なんじゃないでしょうか(まだ断言できない)。
  4. Supply Lines of the American Revolution:南部編に手を付けられぬまま年を越してしまいましたが、そもそもHollandspieleには「気になるけど未着手」が山積みなのです。
  5. Gaines's Mill (Tiny Battle):歩兵が複数ヘクス先を撃てる南北戦争ゲーはこのくらいの簡単さが適量なんじゃないかと思い始めています。

ゲームの良し悪し、好き嫌い、ではなく人とプレイした回数のランク付けです。ソリティアゲー(Skies Above the ReichとNATO Air Commander)は除外。アメリカ独立戦争が3作もあるのは我ながら「へぇ~」と思います。


by gameape | 2019-01-05 14:47 | 節目 | Comments(0)
e0120077_09521950.jpg

遊んだ日数の集計をゲームごとではなくシリーズごとにした場合、2018年に最も遊んだウォーゲームはGBACWだったのではと思います(こういうのは正確に計算しない方が楽しい)。とはいえゲームの勝敗がわかるところまでプレイすることは一度もなく、マップに並べて楽しい、どのルールがどこに書いてあるか探してモヤモヤ、マップを見比べてニコニコ。いとつきづきし。

最も遊んだゲーム(2018年9月~12月)

  • On to Richmond!:GCACW東部戦域の次なるリプリントは本作とGrant Takes Commandになるようです。また5年後とかでしょうか。
  • Pub Battles:大砲の描き方がなかなか良いと思います。と言いつつAntietamの購入は迷いを払拭できずに年越し。
  • シェナンドー・ナノ:誰の挑戦でも受けます(お約束)。
  • Skies Above the Reich、NATO Air Commander:空戦ゲームはゲームごとに出てくる新しいシステムや手法を見るだけで面白くて。
  • 東大安田講堂強襲:製品情報を見た時点でビビッときまして、入手してみたらやっぱりすごい。ウォーゲーム手法というのはこういうことなんだろうなと思います。

ここ数年は「迷ったら買え」どころか「迷ってる時間がもったいないから買え」ぐらいの前のめりを心がけているんですが、それでも迷わせるPub Battlesの魔性(お値段、とも言う)は恐るべし。

by gameape | 2018-12-31 11:00 | 節目 | Comments(0)