ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

タグ:Napoleon ( 1 ) タグの人気記事

Autumn of Glory

千葉会でAutumn of Gloryをプレイした。
シナリオは「Battle of Chickamauga」、僕は南軍を担当。
ゲーム終了までに要した時間はおよそ4時間半くらい。

序盤、南軍は突出している北軍を攻撃せず、ユニットとダミーを攪拌して配置を分からなくすることに専念。
北軍はSummervilleに配置された騎兵(と思しきコマ)をRomeに向かわせた。

北軍は5個ある目標エリアのうちの3個を支配していれば勝ちで、ゲーム開始時には既に3個を支配している。
Romeを支配すれば4個目の目標エリアとなり、南軍の負けは確実。
しかし、僕はこれはダミーによる牽制であると断定してダミーをRomeに送った。

念のためにSummervilleに残った北軍の正体を暴くために騎兵による偵察を試みた。
しかし、この騎兵はあっという間に退路を断たれてしまい、攻撃を受けて大損害を被ってしまった。
地形がRoughのエリアは道がなければ退却先にならないことを見逃していたのである。

Autumn of Glory

壊滅の危機に瀕した騎兵を救うため、予備に取っておいた騎兵を投入。
これによって先に偵察に送った騎兵が全滅することは免れたが、南軍の騎兵の配置がバレてしまった。
とはいえ、北軍がRomeを取りに行かなかったところを見ると、北軍がRomeに送ったのもダミーだったのだろう(ゲーム終了後に尋ねればよかったのですが、すっかり忘れてました)。

Autumn of Glory

先にも述べたとおり、南軍が勝利するためには目標エリアを1個奪回する必要がある。
マップ外のKnoxvilleはあまりに遠いし、マップ上がガラ空きになってしまうのでここは論外。
Gordon's Mineは距離も近いし、間を遮る北軍もいないように見えるが、Lookout Mountainが行く手を阻んでいるので、ChattanoogaかTrentonを通る必要がある。
TrentonはThomasの軍団がキッチリ守っており、Chattanoogaはそれ自体が目標エリアだ。

Autumn of Glory

そこで目標をChattanooga攻略に決め、ダミーでTrentonを牽制しつつ部隊をChattanooga周辺に集めた。
そして、Longstreetの部隊がやってきたら総攻撃することにした。
北軍はTrenton付近のダミーを気にしてChattanoogaに1ターンで動ける距離へは進まなかった。
ChattanoogaはCrittendenの1個軍団だけに守られており、南軍のほぼ全軍を集めて攻撃すればこれは勝てる。

しかし、ここで問題がおきた。
部隊をThomasを牽制するために多くのダミーをTrenton方面に送ったばかりに、ChickamaugaやLafayetteがガラあきになってしまい、北軍がここをすり抜けてRinggoldに飛び込んでしまったのである。
Ringgoldの奪回は容易だったが、この奪回のためにHoodの部隊を割かねばならない上、Longstreetの到着エリアがはるか後方に下げられてしまったのである。

Autumn of Glory

こうして最終ターンにポトマック軍の来援がないままChattanoogaへの攻撃がおこなわれた。
あと一歩で北軍を潰走させられるかというところまで行ったものの、Crittendenが踏みとどまって北軍の勝利が確定、Crittendenは後に「チャタヌーガの岩山」の称号を得ることになる(のか?)。

Autumn of Glory Autumn of Glory

今回は両プレイヤー共にこのシステム初体験ということもあり、このゲームの面白さを評価するのはもう少し先送りしてよいのではないかと思う。
それなりに面白いのだけれど、少しこなれていないところがあるようにも思えるし、単に僕がルールを把握しきれていないところがあるだけかもしれないし。

・両軍が慣れてくればかなりサクサク進むと思う
・ユニットとダミーを裏返してプレイするシステムは非常に面白い (久しぶりに「砂漠の狐」をプレイしたくなります)
・落伍兵判定により、そのコマの戦力がバレてしまうことがあるとしたらちょっと面白くない
・戦闘ボードでの戦闘に「Napoleon」とか「Bobby Lee」のような面白さはないように思える
・騎兵がエリアを支配するときに補給線を設定する必要があるかどうかわからなかった
・戦力を紙に記録するのはどちらかというと苦手。。。
・キャンペーンも面白そうだけれど、今回のシナリオも十分面白い

Autumn of Glory

いずれにせよ、今回だけのプレイで終わりにしてしまうには惜しいゲームなので、引き続き対戦の機会を見つけていきたいと思う。
[PR]
by gameape | 2009-04-25 15:50 | Comments(0)