ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

タグ:Morgan's A'Comin'! ( 3 ) タグの人気記事

Morgan's A' Coming'

「はがきゲームをiPodとかiPod Touchで!」の第2弾として、LPSの「Morgan's A' Comin'」を遊んでみました。「しばらくノモンハン一本で!」と申し上げた舌の根は全然乾いておりません。

ゲームの題材は1863年のモーガンによるオハイオ襲撃だそうです。南北戦争ゲーということで昨年5月に一度iPodに流し込んではみたものの(この記事で紹介)、流し込みだけで満足して未プレイのままでした。今回、ノモンハンと同じやり方で流し込んで仕切り直しです。

トランプを1枚引いて赤なら南軍、黒なら北軍が活性化します。1回の手番で活性化するユニットはカードの数字が奇数なら1個、偶数なら2個。黒の絵札なら北軍の増援がきます。活性化したユニットは移動、戦闘、襲撃のいずれかをおこなえます。

移動は隣のスペースに動いておしまい。戦闘は隣のスペースにいる敵軍ユニット1個を攻撃します。戦闘解決はカードの数字に両軍の戦力を足し引きして6以上なら攻撃側、0以下なら防御側の勝ちになります(1から5ならNE、絵札は引きなおし)。襲撃は南軍だけがおこない、これもカードで成否判定します。襲撃に成功するごとに1VPで、12VPになれば南軍の勝利です。

ルールを読んでわからなかった点がふたつあります。

Q1. 襲撃によるVPを同じスペースで複数回得点できるか

禁じるルールが特にないので同じスペースで何度でもVPを得点できる、でよいとは思います。得点したスペースを記録するのも面倒ですし。

Q2. 12VPになったらゲーム終了か、その後も続けるのか

ルールは「6ターンが終わるか、南軍が全滅すればゲーム終了」、「南軍が12VPを得点した時点で勝利、それ以外は北軍の勝利」です。12VPになったらゲーム終了という記述を忘れたのか、意図してそうなっているのか(12VP得点した南軍が全滅したらどうする?)。

これらを出版元に質問したりGeekやConSimを調べて回るような熱意は、今のところありません。自分がよりグッとくる方に解釈してプレイを試してみるつもりです。

同じスペースでは1回しか得点できない方が、南軍の襲撃行が広範囲に及ぶのでゲームの展開としては面白そうです。12VPを得点した後で北軍の追跡をかわして南に脱出する展開がある方が劇的です。「ゲーム終盤、必要なVPを得るために分散した南軍に北軍が襲いかかる!」とか、「オハイオ襲撃を終えて脱出を試みる南軍の前に立ちふさがる北軍!」といった展開をきたいできるではありませんか。

当面はこの解釈でプレイしてみて、新たな刺激が欲しくなったら制作者さんに尋ねるなどするのがよさそうです。
[PR]
by gameape | 2013-02-20 23:19 | Comments(0)

Morgans' A' Comin' を iPad で

Morgan's A' Comin'! on iPad

ウォーゲームとは特に関係ない局面で、「コンピュータが好きなんですね」という種類のコメントをいただくことがときどきあります。昔はちょっと反発するような気持ちになって「コンピュータは道具ですから、それ自体を好きになるものじゃないと思いますよ」みたいな返答をすることがありますが、最近は「はい、大好きです」と済ませてしまうようになりました。

「コンピュータが好き」というのは、コンピュータを道具として使うことが必ずしも合理的ではない局面でも、やっぱりコンピュータを使ってしまう、または、コンピュータを使っても使わなくても同じくらいの手間ですむ作業に、やっぱりコンピュータを使ってしまう、そういう状態を指すんじゃないかと思ってます。

前置きが長くなりましたが、Against the Oddsから送られてきたハガキゲーム「Morgans' A' Comin'」をiPadでプレイ可能な状態にした(まだプレイはしていない)というお話です。大まかな工程は次のとおりです。

・ハガキの裏表を300dpiでスキャン
・Photoshop Elementsでマップとルールとコマに切り分ける
・切り分けた画像をiPhotoに流し込み、iPadと同期
・iPadの適当なアプリケーションで画像を読み込む
・サイズを調整
・トランプとダイスのアプリを用意すれば準備完了

Morgans' A' Comin' on iPad

iPadのアプリケーションはNumbersに落ち着きそうです。マップとコマを1枚のシートに、ルールを別のシートに読み込んであります。コマは100x100ポイント、マップは1922x1303ポイントにサイズ変更しました。少ないとは言え、両面合わせると20個近くになるコマたちを同じサイズにする作業はちょっと面倒でしたが、「設定」メニューにある「中央ガイド」「エッジガイド」「間隔ガイド」を全部ONにすると作業が容易になりました。

MujiNoteでも試したのですが、画面の拡大やスクロールがちょっとやりにくいのと、コマを動かす作業がちょっとかったるいのが減点です(画面キャプチャをサクっとTweetできるところが「露出好きゲーマー」の気持ちを激しくくすぐりますが。。。)。

NumbersであれMujiNoteであれ「コマを裏返す」は今のところ実現できておらず、裏返すときは裏面の画像と取り替えてプレイすることになります。ハガキゲームはコマ数が少ないので大きな障害にはなりませんが、かったるいと言えばかったるいです。

Keynoteを使えばトランジションやアニメーションを使って「裏返し」を実現できるのかもしれませんが、ヘルプを見た限りではできるという確信を持てなかったので、Keynoteの購入には至っておりません。

Morgans' A' Comin'のプレイにはダイスとトランプを使いますが、それぞれMake Dice LiteiPlayingCards (Lite)を使ってみようと思っています。

。。。とここまでの作業を済ませ、さらにそれをブログに書き込んだところで「はぁ、終わった」と一息ついてしまうところが「コンピュータ好き」たる所以であります。Morgans' A' Comin'をプレイしたいというよりは、iPadでプレイしたい。正確にはiPadでプレイできるようにしたい、という情熱であった、と。。。

移動中とかフトンの中でとか、そういうシチュエーションになるとiPadは非常に強力です。ジップロックに入れればお風呂でもOKらしいです(僕はまだトライしてません。自己責任でお願いします)。小さいゲームなら結構いけるんじゃないかと思いますよ、これ。
[PR]
by gameape | 2012-05-04 12:30 | Comments(0)

LPSから荷物到着

LPSから荷物きた!

LPSから荷物が届きました。Against the OddsのWebで発注したのが3月13日、その8日後に受け取れました。世界は狭いです。ビバ、物流!
(森永ダースの箱は送付先を隠すためのもので、一緒に送られてきたわけではありません)

Birth of a Legend

今回の発注は「Birth of a Legend!」がほしいと思ったことがきっかけでした。いくつかの発注先で値段を比べたところ、円高のせいもあってクロノノーツや書泉グランデよりも、出版元や北米の小売店の方が安いです。さて、どうしたものか。

国内のショップを応援したいし、早く入手できるし、と迷っていたところで、ConsimWorldへの寄付の特典として色々な出版社のディスカウントを利用できることを思い出しました。John Kranzからのメールを読み直したところ、Against the Oddsで買い物をするとバックナンバーを1部無料で提供、とあります。寄付したお金でお釣りが来ちゃいます、すみません。

Look Away!

さっそく、オマケとしていただくバックナンバーを物色しはじめましたが、どうにも気になってしまうのが「Look Away!」でした。しかし、これはバックナンバーではないと思いますので、オマケにはできなそうです。

ならば「Look Away!」を買うことにして「Birth of a Legend」をオマケにするまでです。ちょっと金額は上がりますが、バラバラに購入することを考えればまだまだお得です。しめて64.95ドル、6000円でお釣りが来てしまいました。

Morgan's a' Comin'!

箱の中には2つのゲームの他、「Morgan's a' Comin'」(厚紙コマ付き)、「Biafra!」、「Some Poles Apart」も入っていました。数があるだけで何だか嬉しくなります。喜ばせ上手です。

「GBACWをプレイしたい」とか言っていた舌の根も乾かないうちに、やってみたいゲームがどどっと増えてしまいました。まずは「Birth of a Legend」をソロプレイだけでも。。。
[PR]
by gameape | 2012-03-23 00:09 | Comments(0)