ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

タグ:Guerilla ( 3 ) タグの人気記事

Guerillaをソロプレイ

Guerilla

Guerillaは1994年にAvalon Hillから出版されたカードゲームです。出版直後に入手したものの、ルールが結構複雑なこともあってなかなか対戦することができず、ときおり(何年かに1回、という頻度で)思い出したようにソロプレイするだけのお付き合いです。

5人でのプレイを想定してソロプレイしました。各プレイヤーに名前をつけて、性格付けをしてプレイしてみようかと思ったものの、実際にそんなに器用なことはできず、攻撃できそうな部隊やカードがあれば、一番弱そうなところを攻撃する、というだけでプレイはすすみました。

プレイヤーはルーク(傭兵)、レイア(反乱軍)、ハン(政府軍)、ベイダー(反乱軍)、ターキン(政府軍)としました。

序盤、両陣営の強力な部隊を展開したルークが攻撃で次々とポイントを稼ぎます。レイアは初手で複数枚のコンプレックスを手に入れ、さらには他のプレイヤーのコンプレックスを奪いとっていきます。残りの3人はカードが冴えず、先行する2人においていかれました。

プレイが進むにつれて、各プレイヤーの前には強力な部隊ばかりが並ぶようになります。部隊どうしの戦闘はなくなり、デッキからドローされたばかりで守備隊のいないコンプレックスの奪い合いが横行します。徐々に反乱軍が支配するコンプレックスが増え、政府軍はポイントで徐々に引き離されていきます。

デッキの中ほどまで進んだ矢先に「革命」カードが引かれ、ルークが政府軍に、ターキンが傭兵に変わります。反乱軍に確定したレイアは反乱軍側でポイントをぐいぐいと重ねて独走状態に入ります。他のプレイヤーは展開されている反乱軍部隊を手札に戻し、次のターンに政府軍として展開するという対応をはじめます。レイアはひたすらカードをドローしてデッキを減らし、逃げ切りを図ります。

終盤になってターキンが手札から次々に「プレス」カードを出してポイントを稼ぎ、ルークも政府軍のポイントを重ねたことで、政府軍はついに逆転をはたします。レイアは依然としてポイント数でトップを走っていましたが、反乱軍が敗北するとポイントが半減するため、トップを明け渡すことになります。同じく反乱軍のベイダーもひたひたと追い上げてきました。レイアは反乱軍と自分自身にきっちり得点しなければならないという難しい立場になりました。

デッキがなくなった後のレイアのターン、レイアはまずテレビ局によるプロパガンダ攻撃で反乱軍ユニットを壊滅させ、続いて反乱軍部隊による攻撃でより多くのポイントを稼いで、反乱軍に勝利させつつ自分のポイントも増やすことを試みます。しかし、後者の攻撃が思ったほど効果を上げず、反乱軍と政府軍のポイントが同点になってしまいます。

Guerilla

ゲームはこのターンでサドンデス終了。同点ならば政府軍が勝利するルールによって各プレイヤーのポイントは次のようになりました。

・ルーク:59点
・レイア:32点
・ハン:35点
・ベイダー:22点
・ターキン:28点

なかなか面白いゲームだとは思うものの、いかんせん複雑すぎるようには思います。カードごとに決められたルールを使いこなして楽しむには、事前の準備なり、何度かのプレイを経なければならないとは思いますが、そのような段取りをふんだプレイヤーが4人も5人も集まることは稀ではないでしょうか(しかも入手が容易ではないでしょうから。。。)。

でもやりたいなぁ。できるかぎり濃密にプレイしたいなぁ。
と、短冊に書くことにしましょうか。。。
[PR]
by gameape | 2012-07-07 14:47 | Comments(0)
Guerilla

Avalon Hillのカードゲーム「Guerilla」をずいぶん前に入手したものの、きちんとプレイすることなく今日に至っている。
(発売は1994年だそうです、光陰矢のごとし)

コマを切ってジップバッグに入れているので、プレイするつもりはあったのだと思う。
でもプレイしていない理由は2つあると思っている。

まず、ルールの量が多いこと。

英文で8ページというのは、ウォーゲームとしては多くない。
というか、むしろ少ない部類に入ると思う。
(Blue & Grayがそういうボリュームだと思います)

でも、3人から6人で遊ぶカードゲームとしては、ちょっと多すぎると思う。
このゲームを持っていないプレイヤー、ゲーム会の前にルールを読んでいないプレイヤー。
そういう人にその場でルールを説明できるゲームではないんじゃないかと思う。

かといって、このゲームのルールを事前に読んできてくれるプレイヤーが3人以上いるともちょっと思えず。

ここまで書いて結構大変なゲームだなぁ、と思うのに、既に書いたとおりプレイしていない理由がもう一つある。
得点の集計が面倒くさいのである。

Guerillaでは、プレイヤーが重要拠点の占領と他のプレイヤーのユニットの撃破によって得点する。
そして、ゲーム終了時に最も得点が多いプレイヤーが勝つのだけれど、ちょっと仕掛けがある。

プレイヤーはゲーム開始時にチットを引く。
チットには「政府軍」か「反政府軍」か「傭兵」と書かれていて、プレイヤーはその役割を担う。
ゲーム中、プレイヤーは政府軍の部隊も、反政府軍の部隊もコントロールできる。
そして、他のプレイヤーが持つ部隊(政府軍も、反政府軍も)を攻撃してポイントを得る。

あるプレイヤーが政府軍のユニットを使って、他のプレイヤーの反政府軍のユニットを撃破すると、そのプレイヤーが得点するのと同時に、「政府軍」もポイントを得る。
そして、ゲーム終了時に政府軍と反政府軍のポイントを計算する。
で、政府軍が勝てば「政府軍チット」を持つプレイヤーの得点はそのまま、「反政府軍チット」を持つプレイヤーの得点は半分になる。

さらに「傭兵チット」を持つプレイヤーは政府軍と反政府軍のポイント差を25以下に抑えないと得点が半分になる。
さらにさらに、ゲーム中に1回だけ「革命」というイベントがあって、これによって担当する陣営がかわったりもする。

この「自らの陣営を隠しつつそろばん勘定をしてプレイする」というルールが僕はすごく気に入っている。
でも、実際にプレイするのは大変なんじゃないかとも思っている。
なぜなら、プレイ中に「どのプレイヤーが何点取っていて、政府軍と反政府軍の得点差があと何点」という情報をリアルタイムにほしくなるはずで、それを実現するのは結構大変だろうからである。

これらの理由にもかかわらず、Guerillaをソロプレイすることにした理由は、もしかしたら「2つの理由」を乗り越えられるかもと思ったから。
いずれも、ゲーム会にコンピュータを持ち込むことで、事態が改善するんじゃないかと。

ルールの説明はスライドを作って説明。
そして、得点集計は表計算ソフトでリアルタイムに。

できれば、ちょっと大き目のディスプレイがあるといいなぁ。
(ゲーム会に持参できるディスプレイを買おうかと割と真剣に思ったりします、マジメな話)

もしかしたら対戦を実現しないままにしてしまうかもしれないと思いつつ、まずはルールを読み直したり、ちょこっとだけ和訳したり、カードをスキャンしたり、スライドの構成を考えたり、Excelをいじったり。
こういう「作業途中」が何とも面白いところがウォーゲームの面白いところだと思ってるので、それ自体を満喫中。
[PR]
by gameape | 2010-11-27 19:25 | Comments(3)

2007年11月

対面プレイ
  • ASL Starter Kit #2 - S10 Paper Army
  • ASL Starter Kit #2 - S16 Legio Patria Nostra
PBEM
  • Burnside Takes Command - Lincoln - Stanton Plan
ソロプレイ
  • Here I Stand - Two Player Variant
読んだ
  • プラン・サンセット 3
  • Guerilla
GCACWシリーズのPBEMをあと数戦増やしてもよいかなと思っていたところに、PBEMでのトーナメントの提案があった。
開始は来年1月になるようなので、それまでは今のままでよさそう。
Chris Withersは「GCACWはWBCに専念し、それ以外のときには他のゲームをやりたい」とのことで不参加。
Paul Niedは「新しい仕事と新しい子供で忙しい」とのことで不参加。
ちょっと残念だけど、まぁ、ひとそれぞれ力の入れどきというのがあるでしょうし。

思うところあって、Avalon Hillの「Guerilla」のルールを読み返している。
発売直後に購入したものの、ルールをきちんと読まずに1回プレイしただけだったように思う。
ルールをある程度覚えたプレイヤーが集まってプレイできたらいいなぁ。

Here I Standの2人用バリアントは何度目かのソロプレイ中。
教皇が爆発的に広がっていくプロテスタントを押さえるのは厳しいのではないかと感じる。
序盤に教皇がシュマルカルデン同盟を引いて、わざとプロテスタントを拡張させて、最低ラインのスペース数の時点でシュマルカルデン同盟を発効させちゃうことができるといいのだろうか。
(って、カード頼みの戦略じゃん。。。)

鬼に笑われそうな話だが、2008年4月最後の週末に、猿遊会のための会場を確保した。
今回は2月と3月に、それぞれ1日ずつのゲーム会を開いてみようかと考えている。
ともあれ、来年は無事開催できますように。
[PR]
by gameape | 2007-12-02 15:32 | Comments(0)