人気ブログランキング |

ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

タグ:Central Front Series ( 3 ) タグの人気記事


1980年5月に合衆国陸軍がフルダ周辺を舞台にした兵棋演習をおこない、そこにジェームズ・F・ダニガンが参加している、という記事です。非常に興味深い内容です。さっそくTwitterにウォーゲーマーの反応がありました。





セントラル・フロント・シリーズ、出生の秘密?_e0120077_21470346.jpg

実際、Fifth Corpsがこの演習の影響で生まれたなら面白いと思いまして、当時のS&T誌を何点か漁ってみました。結局、参考になったのは77、80、81号の3冊。Fifth Corpsが掲載されるのは82号です。

The Central Front on S&T 77

まず77号の「読者のみなさん、こんなゲームはどうでしょう」のコーナー(仮称)に、連結可能なクワドリゲーム4作、という企画で「The Central Front」が掲載されています。大隊規模で4作のタイトルは次のとおり。

  • Kassel: the Border Battle
  • The Battle for Schweinfurt
  • The Siege of Frankfurt
  • Through the Westerwald

The Central Front Project on S&T 80

80号では「77号のThe Central Frontは非常に高得点だった」としつつ、「4km/ヘクスならフォリオマップ20枚でバルト海からオーストリアまでをカバーできる」、「フリクション・ポイントとセグメンテッド・プレイヤー・フェイズを使う新システム」などと、プロジェクトが大きく膨らんでいることが伝えられます。

Fifth Corps on S&T 81

そして81号にFifth Corpsの製作中のマップ画像。82号に「Fifth Corps」が掲載され、それとあわせてシリーズ第2作の「Hof Gap」を出版する旨が書かれています。書いているのはダニガンではなく、共同でデザインにあたったJohn H Butterfieldです。

巻頭の次号予告によれば「1980年11月14日までに82号が届かなかったら連絡ください」とのことですので、この81号が出たのはその2か月前の9月ごろ。冒頭に紹介した兵棋演習は79号が出版されたころの話で、80号が出るまでに大幅な方針変更になったことになります。

この兵棋演習がCentral Front Projectの方向性を大きく変えた、と考えていいのではないかなぁ。というか、その方が面白いのではありませんか。

by gameape | 2019-12-23 22:46 | 考えごと | Comments(0)
2018年に遊んだゲーム(5月~8月)_e0120077_22284684.jpg

5月から9月に遊んだゲームの月別ベスト5は、GCACWシリーズ5年ぶりの新作「Atlanta is Ours」がぶっちぎりです。

Atlanta is Oursが日本に到着し始めたのは4月。僕は少しではあるものの本作のプレイテストに参加してまして、もしかしたら現物が送られてくるかなと思っておりました(前作、前々作はそうだったのです)。しかし、どうもその気配がなさそうだぞというところで「プレイしましょう」と嬉しいお声がけをいただき、慌ててオーダーして入手に至りました。

結果的に5月から9月がAtlanta is Oursにドップリだったわけですが、1864年のアトランタ戦役も5月に始まって9月に収束してまして、面白い偶然だったなと喜んでおります。

最も遊んだゲーム(2018年5月~8月)

  • Korea: The Forgotten War:OSCをプレイしようと思って読んでいたものの、Atlanta is Oursが到着して後回しになってしまいました。
  • Fifth Corps:Central Front Seriesの遺伝子はGCACWシリーズとして実を結んだのだと思います。
  • Traveller と Edge of the Empire:映画「ハン・ソロ」を観たらやっぱりこの辺をやりたくなるではありませんか。
  • Dixie:仮想戦というにはトンデモなさすぎるけれど、SFというには飛躍が足りない、というジャンルってあるんでしょうか。
  • Gringo!:GBACWはまず1862年7月から1863年9月をしっかりプレイすべきで、その他の「スピンオフ」に触れるのはその後でいい気がします。

Atlanta is Oursと一緒に届いたRoads to Gettysburg IIはまだコマを切り終えていません。来年はコレですよ、えぇ。

by gameape | 2018-12-30 23:55 | 節目 | Comments(0)
Fifth Corps

Fulda Gap、ではなく「Fifth Corps」(SPI)です。キリコもプロトワンも出てきません。紛らわしいタイトルをお詫びします。BAORに付いたシリーズルール第2版を使い、シナリオ「ライン・マイン襲撃」をプレイしています。

東西ドイツ国境を越えたワルシャワ条約機構軍は、フランクフルトとギーセンにある計3個の目標ヘクスを3ターンで占領すれば勝ちです。ソ連軍の機械化歩兵2個師団を合衆国陸軍の第11装甲騎兵連隊が迎え撃ちます。

Fifth Corps

ユニットの数値はソ連軍が圧倒的です。実際のところ、ソ連の機械化歩兵連隊が平地にいる装甲騎兵中隊を捕捉すればオッズは14対1。一番簡便な攻撃(March Attack)でも8割以上の確率で壊滅させられます。

ところが市街戦では様相ががらりと変わります。オッズは5対1。さらに平地よりも4段階低いコラムでの解決となり、攻撃側だけに損害が生じるスカが33%もあります。拙宅では装甲騎兵1個中隊が市街戦をしかけてきたソ連軍の2個連隊を消滅させる惨事がありました。人は彼らを吸血部隊と呼ぶ(銀河万丈さんの声で)。

セントラル・フロント・シリーズはそのユニークなゲームシステムゆえに、覚えるべきことも慣れるべきことも多いのだろうと思いますが、まずは市街地で装甲騎兵に立ち向かう方法をマスターするところからのスタートとなりました。まだマスターできてないんですが。なお、コーヒーは苦いのよりすっぱいのが好きです。

by gameape | 2018-06-14 20:52 | ソロプレイ | Comments(3)