ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

タグ:河越合戦 ( 2 ) タグの人気記事

河越合戦

「河越合戦」の序盤だけを、2回ソロプレイしてみました。質で勝る北条軍が数で勝る敵に包囲された河越城を救おうとする設定は非常に面白いです。

ルールは簡単で、両軍にそれなりの選択肢がありそうで、多くの人と繰り返しプレイできそうなゲームなのではないかと期待が膨らんでいます。プレイ相手や対戦するゲームを決めずにゲーム会に出向いたときに重宝しそうです。

ルールは比較的容易で、かつ明快に書かれていると思うのですが、プレイヤー同士が事前に合意を持っておいた方がよいかもという箇所がいくつかありました。揚げ足とりな物件も少なからずありますが、まとめてみました。

初期配置:

揚げ足ですが、「河越城包囲エリア」が定義されていないようです。「足利」「扇谷」「山内」と書かれた三色の点線で囲まれた領域のことだとは思います。また「足利」が「古河公方」のことであると理解するのに僕はちょっと時間がかかりました。

4.24にある「河越城に面している全ヘクス」というのは「河越城包囲エリア」の最も内側にあるヘクスたちを指すと理解しています。とはいえ、ルールを読んでいたときには河越城メガヘクスの外周に隣接する12個のヘクスを指すのだろうと考えていました。
(蛇足、冒頭の画像は1回目のソロプレイのセットアップで、「包囲しなければならない」を完全に忘れてます)

手番チット:

手番チットを投入する際、相手プレイヤーが何を選んだかを見てはならない、と理解しています。また、大将チットが引かれたときに選べる大将ユニット(5.5)は1個だけですよね?と揚げ足とりをしたくなりました。

移動:

「移動力が足りなくても1ヘクスだけは動ける」という種類のルールがないので、指揮範囲外の反北条ユニットは4MP以上かかるヘクス(小川を渡って湿地、河を渡って雑木林、など)に進入できません。河川越し(6.3)とは「河」のことだけを指し、小川を渡っての突撃はできると考えています。

戦闘:

「A1/D2」の結果が出た際、防御側が損害を1ポイントしか消費できなかった場合でも、攻撃側は1ステップの損害をこうむると理解しています(A1/DEがあるので、そのほうが自然かなと)。

敵ユニットのいる(いた)ヘクスから必ず遠ざかるように退却する(9.63)における「敵ユニット」は、その退却を引き起こした戦闘に参加した敵ユニットのことか、それともすべての敵ユニットのことか、また、遠ざかることができない場合はステップロスなのか、を明確にしておいた方がよいと思います。

河越城:

河越城についてはルールブックにはない規定が地形効果表に書かれていて、両者の辻褄をうまくあわせられずにおります。

河越合戦

地形効果表の河越城のところに「地形効果は北条側のみ」とありますが、これは「左1シフト」と「攻城戦による戦闘結果の読み替え + 攻撃側退却不可」だけに適用し、移動やZOCについては両軍が同じ影響を受けるのがよさそうに思います。

地形効果表にある「相互損害(A*/D*)の場合、防御側の結果は無効」という記述が、攻城戦ルール(A1/D1やA1/D2を読み替える)とマッチしません。「乱戦」のことを指すと解すべきなのかなと思ったりしています。

攻城戦における「攻撃側は必ずステップロス」というルールが「A1/D1」「A1/D2」以外の戦闘結果にも適用されるのかも明確にしておくほうがよいと思います。ルールの書き方としては「適用されない」に見えますが、「A1/DE」のときは適用した方がよさそうにも思います(そもそも、城内でそんな戦闘結果は出ないのかもしれませんが。。。)。

最後に「城門」の扱いです。実は城門以外の城ヘクスサイドは移動も戦闘もできない、だったりするのでしょうか。そのようなルールは見つけられなかったのですが、城門が存在する理由を考えるにそういうものだったりするのかなと。。。

以上、重箱の隅と揚げ足ばかりで、気分が悪くなった人がいたらごめんなさい。「城」とか「大将」とか、一発で変換できない単語がしばしば登場して、コチラ方面と自分の縁の薄さを痛感しています。「同じ丸内での戦闘」という記述の意味が分からず「丸 城用語」でGoogle検索したりもしました。

いろいろ書きましたが、この記事に書かれた事柄を明確にしないままプレイしても、問題は生じないんじゃないかと思います。質対量で包囲救出戦という、ウォーゲーマー的にはそれだけで満貫(個人差があります)な設定ですので、機会を見つけて(作って)是非対戦を実現させたいです。
[PR]
by gameape | 2012-04-30 14:04 | Comments(10)
先月と今月におじゃましてきました。どちらの日も参加者は10人くらいで、それぞれの話声が何となく聞こえるくらいの音量(意識すれば聞きとれる、聞き流せば気にならない)という、快適な雰囲気でした。会場のすぐそばにはコンビニなどがないので、飲食物などは駅前で調達していく方がよいです。

以下、会場で僕が見たゲームたちです。まずは2月。

関ヶ原 Strum Nach Osten

河越合戦 Bataille、ですか?

Shenandoah: Jackson's Valley Campaign

続いて、以下は3月。

日露大戦 Rommel at Gazala

マンシュタイン最後の戦い ウクライナ44

関ヶ原 Shenandoah: Jackson's Valley Campaign

2回連続で「関ヶ原」が見られるのはなかなかすごいなと思いつつ、そういえば自分も2回連続で同じゲームをプレイしていた(しかも2回ずつ)のでありました。「関ヶ原」はとても良いゲームなので(国産ゲームを1個残して捨てなさいと言われたらこれを残すかも。。。)、そのうちまたプレイしたいとは常々思っています。
[PR]
by gameape | 2012-03-25 11:20 | Comments(0)