ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

ベル・ボイド

YSGAのブログで紹介されていた「アメリカのジャンヌ・ダルクたち」という本を読んだ。
南北戦争中、及びその前後における、何人かの女性の生き方を綴った本である。
筆者さんの意図するところではないかもしれないが、性別のことよりも、南北戦争に関する記述に惹かれて購入してしまった。



全体にあっさりした内容ではあるものの、あちこちに見られる南北戦争に関する記述は、期待に違わずとても興味深く読むことができた。
とりわけ面白かったのは、南軍のスパイ、ベル・ボイドに関する記述である。
  • ボイドはバージニア州(南北戦争の途中でウェスト・バージニア州になる)のマーティンズバーグで生まれた。
  • 1861年7月4日に北軍兵士を撃ち殺した彼女は、フロント・ロイヤルに引越して南軍のためのスパイ活動を始める。
  • 1862年5月中旬には、北軍の中尉に取り入ってウィンチェスターに侵入、そこで得た情報を南軍のジャクソンやアシュビーに送っている。
  • 送られた情報の中には、シェナンドア渓谷にバンクス、ホワイト、シールズ、ギアリー、フリーモントが集結しつつある、というものもあった。
登場する地名は、いずれもStonewall in the Valleyのマップに収められた、僕にとってはなじみのあるものである。
Stonewall in the Valley - Martinsburg
マーティンズバーグ (SIV N4317)
南軍にここを取られると、北軍はかなりきつい。

Stonewall in the Valley - Front Royal
フロント・ロイヤル (SIV M4615)
北軍の重要な目標のひとつだけれど、川が増水すると孤立するので注意が必要。

Stonewall in the Valley - Winchester
ウィンチェスター (SIV N3333)
ゲームのヘソとでも言うべき町。序盤にここを奪取できないなら、北軍は投了してよいかもしれない。

人名についても、見覚えのあるものばかり。
ホワイトとゲアリーを除く5人はStonewall in the Valleyのコマになっている。
ホワイトはHere Come The Rebels!の、ハーパーズ・フェリーの守備隊の1個を率いている。
GearyはStonewall's Last Battle (1863年4月)に師団長として登場する。

さらに、北軍がジャクソンに対して集結を始めた1862年5月20日過ぎというのは、Stonewall in the Valleyのシナリオ「ウィンチェスター」が扱う時期そのものである。
このシナリオにおいて、北軍の増援(フリーモントやシールズ)が主戦場に到着するまでに南軍がある程度の時間を持てるのは、ベル・ボイドのおかげなのかもしれない。

GCACWシリーズの他に思い当たったのは「Blue vs Gray」だ。
このゲームの南軍のカードに「La Belle Rebelle」というのがあり、これはボイドのスパイ活動をシミュレートするものである。
このカードをプレイすると、南軍プレイヤーは北軍の手札を見ることができる上、シェナンドア渓谷における防御において、ダイスに-1の修整をおこなうことができる。

Blue vs Gray - "La Belle Rebelle"

カードのタイトル「La Belle Rebelle」は、フランス人の従軍記者がボイドに付けたあだ名だそうだ(参考Web)。
おそらくはフランス語で「反逆者のベル」というような意味で、「ラベル・ルベル」とでも発音して韻を踏んでいるのだろう(面倒なので詳しくは調べていない)。

余談だが、Blue vs Grayでは、戦闘のダイスがより大きいことが、攻撃側にとってよりよいことだとは限らない。
例えば、修整後のダイスが3なら勝ちだが、4なら負け、ということがある。
それ故、このカードを使ったからといって必ずしもよりよい結果になるとは限らないのではないかと思う。
「La Belle Rebelle」は戦闘解決より前に使わなければならないカードだが、その他の「いつでも使えるカード」を、ダイスをふった直後に使ってよいかどうかを、相手プレイヤーと事前に調整しておいた方が良いかもしれないと思う。
そんな心配をするよりも、このゲームを対戦できるかどうか心配すべきだとは思うが(笑)。

「アメリカのジャンヌ・ダルクたち」のベル・ボイドに関する記述はほんの10ページほどである。
しかも、かなり字が大きい(おかげで読みやすかった(笑))。
この本が人にお勧めできるものであるかと聞かれると、ちょっと迷う。
とはいえ、僕がこの本を読んで、先に書いたようなくだらないけど楽しい思索を続けることができたことは確かである。

もし立ち読みできる機会を持つことができたなら、手にとってみてはどうかと思う。
[PR]
by gameape | 2007-10-31 00:40 | Comments(0)

歴史群像 2007年 10月号



「歴史群像」は、書泉ブックマートのウォーゲームフロア(笑)の入り口に平積みされていることが多く、しばしば手に取ってパラパラとめくることは多いものの、購入したことはなかった。今回、表紙を飾っているシャーマン(戦車じゃなくて人の方)を見て「おっ?」と思い、14ページに及ぶ「シャーマン将軍 破壊の進撃」がなかなか興味深く思えたので、「1ページ100円未満だし、まぁいいか」と思って購入した。

南北戦争を単体の会戦だけでなく、数ヶ月以上にわたる戦役として紹介する日本語の書物としては、ついつい学研M文庫を引き合いに出したくなるが、戦役を細切れにして紹介するという体裁のM文庫よりも、1864年の西部戦域全体をひとつの文章として説明している点で、この「歴史群像」は分かりやすいかもしれないと感じている。この記事のためだけに1000円、というのはちょっと厳しいかもしれないけど。

1864年の西部戦域のゲームを見てみたくなり、以前にソロプレイのために作成したSam GrantのVassalモジュールを開いてみた。

Sam Grant - Chattanooga - Atlanta Area

このゲームではChattanoogaからAtlantaまでは3ヘクス4ヘクスしかなく、北軍が史実のように迂回することで南軍に後退を強いることができるのかどうか、ちょっと不安になった。ゴリゴリと前進していかざるを得ないんじゃなかろうか。

1864年シナリオをセットアップしてみると、次のようになる。

Sam Grant - 1864 Setup

北軍は既にマップの2/3ほどを制圧しており、南軍が保有しているVPは6VPだけである。北軍の勝利には2VPが必要であるが、ゲーム終了までTime VPとして3VPを失うので、事実上6VPのほとんどを奪う必要がある。また、3VPの価値を持つAtlantaを奪取することは、北軍勝利の要件となるはず。また、北軍に力で押された南軍は、史実でHoodがおこなったような北部侵攻によって一発逆転を狙えるのかもしれない。
[PR]
by gameape | 2007-09-11 23:03 | Comments(0)
amazonへのアフィリエイトじゃないリンクっす

ブッシュ現大統領(2007年6月2日現在)とリンカーンを比較する記述をわずらわしく感じるときがあるものの、南北戦争全体の流れをサクっと読める本が原稿商品であるところが何よりも素敵である。リンカーンと将軍達との電信によるやり取りを中心に据えている視点は僕とって斬新であり、電信の文面から伝わる臨場感や緊張感をとても興味深く味わうことができた。

また、電信の重要性と、敵の電信を妨害する手段としての鉄道破壊について知ることができた。Lee vs GrantやGCACWにおいて、鉄道の破壊が勝利条件として位置づけられ、破壊の程度のランク付けがなされているのは、鉄道そのものの破壊と、鉄道に付随する通信インフラの破壊とを分けているということなのだろう。

とはいえ、この本を読むだけでは述べられるさまざまな会戦や戦役の位置関係をつかむことが難しいのではないかとも思った。特に、地図が少し分かりにくいのではないかと感じる。地図をもっと大きくしたり、その地図がアメリカのどの部分を切り出しているのかなどを示すことで、もう少しわかりやすくなるのではないかと思う。

なお、88ページから始まる「ポトマック軍新司令官ジョージ・マクレラン」において、「7月」と書かれる日付が「4月」となっているように思われる箇所がいくつかある。1861年4月に北軍が敗走して首都ワシントンに逃げ込んだり、マクレランがマクダウェルに替わってポトマック軍司令官になったりしたので、かなりビックリした。
[PR]
by gameape | 2007-06-02 15:21 | Comments(2)