ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

タグ:信長包囲戦 ( 3 ) タグの人気記事

2008年7月

対面でプレイ
  • Here Come the Rebels! - South Mountain
  • Grant Takes Command - Race for Spotsylvania
  • 信長包囲戦
PBEM
  • Burnside Takes Command - Burnside Takes Command
対面プレイはすべてThe Old Musketeers Vol.2でのもの。
PBEMは今年の1月から続いているもの(いよいよ残り5ターン!!)。
「信長包囲戦」を除けば、全部GCACWシリーズという充実ぶり。
別にGCACWシリーズ以外をプレイすると充実しなくなるという訳ではないけれども。。。

実際にはここに書いたゲームの他に、The Battle above the CloudsのテストプレイをPBEMとソロプレイでチクチクとおこなっている。
プレイしているうちに、戦史に興味がわいたり、当時の地図を見てみたくなったりという誘惑があるものの、なかなか手が回らない。
その辺のことは僕以外のプレイテスターたちが色々知っているに違いないから、僕は僕ができる範囲でやってみよう、と開き直っている。
「日本人だし、他人の国の戦争のことはよくわからないんです、てへ」とか言って(ウソです)。

8月はASL Starter Kitトーナメントの敗者復活戦がある。
実のところ、この記事を書いている今日、僕の第1回戦が始まった。
シナリオはS15、「Hammer on the Teeth」で、僕はアメリカ軍担当である。

また、GCACWシリーズのPBEMトーナメントの3回戦も始まり、こちらは「Gaines Mill」をプレイする。
ぼちぼちソロプレイをして、担当決めビッドくらいはスラスラできるようにしなければ。
(本当は練習プレイをしたいところなのだけれど、On To Richmond!は持っている人が少ないので対戦相手を探すのが大変そうで。。。)
[PR]
by gameape | 2008-08-03 22:21 | Comments(2)
The Old Musketeersは1914年以前のゲームを専らにプレイすることを目的としたウォーゲーム会である。
今年の5月に第1回が開催されており、今回はその第2回目である。
風聞するところによると、その起源は何年も(10何年も?)前に遡るらしい。

僕は何らかのテーマや制限が設けられたウォーゲーム会に興味がある。
すべてのゲーム会がそのようなものであるべきだと思うのではなく、そういうゲーム会があってもいいじゃない、と思っている。

とは言え、東京の端っこに住んでいる僕が、札幌で開催されるThe Old Musketeersにおいそれと参加できる訳ではなく、第1回目は涙を呑んで本州から成功を願っていた。
そして今回、早くもその第2回目が開催されるとのことで、今度ばかりはということで参加させていただくことにした。

主催者であるサッポロ辺境伯さんをはじめとした北海道のウォーゲーマーの皆さんには、ただごとではない歓待を受け、嬉しいやら恐縮するやらで心がいっぱいになる思いだった。
同じようにおもてなしすることは自分にはできないかも、とちょっとビビっているくらいである。。。

ゲーム会に参加したメンバーは全部で5人。
プレイされたゲームは次のとおり。
  • Grant Takes Command
  • Here Come the Rebels!
  • Stonewall Jackson's Way
  • 信長包囲戦
  • Battle Line
Grant Takes Command
Grant Takes Command - Race for Spotsylvania
初めてGCACWシリーズをプレイするということで、WBCのビギナー向けセッションで使用されている「Race for Spotsylvania」を選択。
塹壕アクションを使うのはある程度GCACWシリーズに慣れてからの方が面白いのだろうけれど、ルールをまんべんなく使うこのシナリオは最良の導入シナリオの1本なのは間違いないと思う。

Here Come the Rebels!
Here Come the Rebels! - South Mountain
約1時間で終わる「South Mountain」。
短いシナリオを選択することで、より多くの札幌のプレイヤーと対戦させていただくことにした。
このシナリオは4人のプレイヤーによって4回プレイされていたと思う。
ゴリ押しと迂回、撤退と徹底抗戦のバランスをどう取るかが楽しい、何度でもプレイできるシナリオだと思う。

Stonewall Jackson's Way
Stonewall Jackson's Way - Jackson's March
この日にプレイされた、唯一の複数ターンのGCACWシリーズシナリオ。
Manassas周辺の駅を焼いて後退したJacksonに詰め寄ろうとした北軍に対し、南軍はStuartに弱体な北軍(Sigel)を襲撃させてポイントを稼いでいた模様。

信長包囲戦
信長包囲戦
ASLプレイヤーとして有名な「今日も6ゾロ」さんとの僕での対戦。
お互いにこのゲームに慣れておらず、途中何度もルールブックを読み返しながらのプレイとなった。
反織田をプレイした僕は最終ターンまで終始押されっぱなしで、最後の最後に徳川家康を中立化して織田側の支配エリアを減らすという姑息な技に走ったものの、やっぱり押し切られて敗北。

朝9時から夕方までの間に、参加者のほぼ全員と対戦させていただくことができ、GCACWシリーズを複数回プレイすることができ、しかも自分以外がGCACWシリーズをプレイしているのを見る(これが実に楽しいのである!!)ことまでできたという、文句なしのゲーム会になってしまった。
わがままを聞いてくださった札幌の皆さまに、いくら頭を下げても足りない状態である。

頻繁に実現することはできないが、今後も色々なゲーム会に参加してみたいという気持ちがますます強くなった。
また、The Old Musketeersのような個性的な企画が無理なく増えていけば面白いなと思う。
[PR]
by gameape | 2008-07-24 08:52 | Comments(0)
2007年は15タイトル、29ゲームをプレイした。
もしかすると今日か明日にもう1ゲームが始まりそうな状態ではあるが、ともあれ30ゲーム近くをプレイできたことを喜んでいる。
対戦してくださった皆さまには深く感謝。
相手にしてくださって本当にありがとうございます。

プレイしたゲームの内訳は以下のとおり。
  • Grant Takes Command (MMP)
    • Race For Spotsylvania (PBEM)
    • Marching To Cold Harbor (PBEM)
    • Strikes Them A Blow (PBEM)
    • Sheridan Rides South (PBEM)
  • On To Richmond! (AH)
    • The Gate Of Richmond (PBEM)
  • Stonewall's Last Battle (AH)
    • Certain Destruction Awaits...(PBEM)
    • Certain Destruction Awaits...(対面)
  • Burnside Takes Command (MMP)
    • Lincoln - Stanton Plan (PBEM)
  • Stonewall In The Valley (AH)
    • The Shenadoah Valley Campaign (対面)
    • The Shenadoah Valley Campaign (対面)
    • The Shenadoah Valley Campaign (対面)
  • Napoleon (AH) (対面)
  • Memoir '44 (Days Of Wonder) (対面)
  • 太平記 (翔企画) (対面)
  • 戦国大名 (エポック) (対面)
  • 信長包囲戦 (GJ) (対面)
  • Zero! (GMT)
    • Philippine Campaign (対面)
    • Midway Campaign (対面)
  • ASL Starter Kit (MMP)
    • S1 Retaking Vierville (対面)
    • S3 Simple Equation (対面)
    • S1 Retaking Vierville (オンライン)
    • S1 Retaking Vierville (対面)
    • S10 Paper Army (対面)
    • S16 Legio Patria Nostra (対面)
    • S6 Reliesed From The East (対面)
    • S1 Retaking Vierville (対面)
  • Here I Stand - 1517年シナリオ (対面)
  • Maharaja (AH)
  • Storm Over Arnhem (AH)
この他、以下のゲームをソロプレイした。
  • Blue vs Gray (GMT)
  • Blue & Gray - Chickamauga (SPI)
  • Zero! (GMT) - シナリオいろいろ
  • ASL Starter Kit (MMP) - シナリオいろいろ
  • Roads To Gettysburg (AH) - The Battle That Never Happened
  • Rebels In The White House (MMP) - Monocacy
Marching To Cold Harbor - 7
どのゲームも楽しいものだったけれど、とりわけ印象に残っているのはGrant Takes Commandの短い方のキャンペーンゲーム「Marching To Cold Harbor」である。
短くない方のキャンペーンを是非プレイしたくなった。
PBEMだと1年以上かかるだろうから、早々に手をつけたほうがよいかもしれない。

The Gate Of Richmond - Turn 6 ends
On To Richmond!とStonewall's Last Battleは完膚なきまでに負けてしまった。
もう少しきちんとプレイすることを念頭に再戦を実現させられたらよいなと思っている。

信長包囲戦
「信長包囲戦」を久しぶりにプレイしたけれど、やっぱり面白いゲームだった。
比較的容易に覚えられるのに、色々な戦略を考えて試せるところがよいのかもしれない。
急いで手に入れることはないとは思うけれど、在庫状況はチクチクとチェックしておきたい。

Zero!
「Zero!」は春先くらいに繰り返しソロプレイして以来、ちょっと気持ちが遠ざかってしまっている。
キャンペーンは面白いのだけれど、最初の手札の良し悪しにおうところが大きすぎるように思えてしまうのである。

ASL Starter KIt - S1 Retaking Vierville
ASL Starter Kitは、僕にとってGCACWに次ぐ好きなゲームとなったかもしれない。
プレイしたいなぁ、と思ったときに比較的容易に対戦を実現できるのが素敵である。
VASLを使ったトーナメントで、前回と同じ対戦相手とプレイしたときに「上達しましたね」というようなコメントをいただいたときはかなり嬉しかったし。

2007年はより前の年に比べると、ウォーゲームに投入できる時間やエネルギーが少なかったように思っている。
しかし、それでもなおこれだけのゲームをプレイできたことはとても嬉しい。
ゲームをプレイするばかりでなく、東京近郊以外の場所を訪れて、ウォーゲーマーさんたちと話す機会をたくさん持てたことも大きな収穫だった。
来年もこういう機会を持ちたいと思っている。

「今度遊びに行きたいのですが」
。。。という僕からのメールを見て困らないでくださることを願うばかり。
[PR]
by gameape | 2007-12-30 18:57 | Comments(4)