ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

タグ:ドイツ戦車軍団 ( 7 ) タグの人気記事

チット引きをダイスで

ドイツ戦車軍団 - ダンケルク

ドイツ戦車軍団のダンケルク。フランス軍は7個ある援軍ユニットのどれが登場するかをランダムに決めます。7個のコマを「遮光性容器(opaque container)」に入れて無作為に引けばよいのでしょうが、Vassalのような仮想コンポーネントではそうはいきません。ダンケルクに限らずチット引きゲームでこういう状況に行き当たることがときどきあります。

選択対象のコマを並べてダイスをふって決めるのが簡単だとは思います。母数が2個、3個または6個ならば六面体ダイス1回で決められます。4個のときには「5か6が出たらふりなおし」。5個なら「6が出たらふりなおし」。

で、ダンケルクの援軍は7個あるのでどうすればいいか。まずは7個の援軍ユニットを4個と3個のグループに分けてダイスを1回ふり、偶数か奇数かでどちらのグループになるかを決めます。あとは母数が3個または4個のときのやり方でOK。オール・トゥー・イージー(鼻歌)。

。。。とやってしまったのですが、翌日になってこれが間違いであることに気づきました。正しいやり方は複数あると思うのですが、とりあえずは次のとおり。
  • 7個のユニットに1~7の番号をふる
  • ダイスを2個ふり、1個目が奇数なら2個目のダイスで1~6のうちの1個を選ぶ
  • 1個目が偶数で2個目が1なら7を選択、それ以外ならダイスを2個ふるところからやりなおし
十面体ダイスを使うのもよさそうですが、ダイスを2種類用意するよりは六面体を何度もふる方が僕は好きです。ダンケルクについて言えば、7個からの選択はゲーム中に1回しか生じません。そういう選択が何回、何十回とあるゲームならふりなおしの可能性がより低くなる方法を考えます。

余談になりますが、opaque containerという熟語は僕にとってはウォーゲームでしか見かけない熟語です(ウォーゲーム以外の英文はほとんど読まない、とも言う)。Google画像検索すると思っていたのとは随分違うというか、チット引きにはあまり適してなさそうな容器が並んで面白かったです。

[PR]
by gameape | 2018-02-10 12:01 | ウォーゲーム生活 | Comments(0)
ドイツ戦車軍団 エル・アラメイン 経験者向けチートシート

ウォーゲームに興味を持った人がいて、初心者向けのウォーゲームがあって、そりゃ1回プレイしてみるしかないでしょ、という状況になったとする。そのゲームのルールをしっかりと把握できてればいいけれど、初心者用物件か否かにかかわらず、準備なしでウォーゲームをプレイするのは結構きつい。

既にウォーゲーマーになってる人だったら、多少あいまいなルールでプレイするなり、別の日程を組んでプレイ準備をしてくるなりできると思うけれど、もしかしたらウォーゲーマーになるかもしれない人とはもう少し丁寧なプレイをしたい。ルールブックを参照したりせず、プレイとコミュニケーションに集中したい。

かといって、その場でルールを読んでからプレイし始めるのも無理がある。数ページのゲームであっても、相手に待っててもらえるほど短時間では済まない。ひと目で把握できるサイズ、A4片面1枚くらいのチートシートにざっと目をとおしてさっさとプレイしたい。

このチートシートは経験者だけが理解できればよい。初心者さんがルールを知りたいと言ったら、とりあえず口頭で説明する。どうしても書面で、ということになったらルールブックを渡してみる。

冒頭の画像はドイツ戦車軍団のエル・アラメイン用のチートシート。初心者さんとのプレイに限らず、経験者さんが久しぶりにぱぱっとプレイするときとかにも役立つはず。
[PR]
by gameape | 2015-01-10 00:30 | 考えごと | Comments(2)
ビッグサイトにどうやっていくかはいつも迷う。今回は途中に都バスを使ってみたけれど、やっぱり電車がいいみたい。普段乗らないバスは新鮮ではあるものの、車中で携帯見たりノート書いたりすると気持ち悪くなるのが不便。

13時ごろ到着。会場周辺に外人さんがたくさんいらして「おー、国際的になったなぁ」と思ったものの、思いなおすとあの人たちはゲームマーケットじゃない展示会に来た人だよな、多分。

堀場工房さん(画像なし)。「a-gameかわら版」のバックナンバーをいただけたのが嬉しくて「倍返し」も買ってしまった。ドラマ見てないけど、ゲームを先にやってみて後で史実(?)を知るのはウォーゲームで慣れてるからよし、と。

ゲームマーケット2013秋

千葉クラブさん。Club千葉は今回はお休みで、The Last Standさんのゲームを複数販売。コマがあらかじめ厚紙にマウントされてカットされてるのがすごい。「Cellesは面白い」というコメントが複数。

ゲームマーケット2013秋

盆栽ゲームズさん。新しいヤマトは全然見てないのだけれど、「相当暗殺計画」の衝撃的なパッケージアート(写真左奥の緑文字のやつ)は買わずにおれなかった。

さいたまオフラインさん(画像なし)。SLGamer 10号だけ入手して、少し会場内を散歩して戻ったら9号が売り切れていた(汗)。コブラ作戦のカードを使った活性化ルールが面白そう。

ゲームマーケット2013秋

サンセットゲームズさん。Flight Leaderはちょっと欲しかったけど見送り。ああいう物品を「アウトレット」と称するのは僕の感覚とはちょっと違う(あ、サンセットさんの「プレオーダー」も僕の感覚と違う。。。)。

ゲームマーケット2013秋

書泉さん。コマンドやゲームジャーナルのバックナンバーを安売りしていたようだけれど、お客さんが結構いらしたので細かいところまでは見なかった。この記事を書きながら「アプリdeボドゲ」が売られていることに気づいて後の祭り。

a-gameさん(画像なし)。コマンドのバックナンバーは売り切れ。ドイツ戦車軍団をようやく入手。今回の自分的メダマだったハガキのゲティスバーグがなんと品切れ(号泣)。

ドイツ戦車軍団 - エル・アラメイン

a-gameさん前のテーブルを除いていた若者をつかまえて「エル・アラメイン」を一緒に遊んでもらう。ウォーゲームは初めてだそうだけれど、悪い思い出になってないことを願うばかり。私のことは嫌いでもウォーゲームを嫌いにならないでください(深く礼)。

Gettysburg Campaign

(出展者さんのお名前を控え忘れた)さんが販売していた木製スティック(カタンの道路コマ?)をハガキのゲティスバーグ(の拡大版)に置いてみるテスト。あまりにかっこよくて、結局100本購入してしまった。今回最大の収穫、かも。。。
[PR]
by gameape | 2013-11-05 22:30 | Comments(0)
夕方から別の予定があり、その予定は大荷物を持っていきたくないものだったので、軽装で訪問。
2時間程度の滞在になることは分かっていたけれど、今年最後の例会なので顔を見に行きたかったし。

ドイツ戦車軍団 - エル・アラメイン ドイツ戦車軍団 - エル・アラメイン

ドイツ戦車軍団の「エル・アラメイン」をドイツ軍でプレイ。
セットアップから片付けまで30分くらい。

実はこのゲームをプレイするのは初めてだったんじゃないかと思う。
勝利条件ヘクスまで近い北には足が遅い部隊がいて、南には快速の装甲部隊がいるけど勝利条件まで遠い。
ドイツ軍は戦線を延ばしたり、部隊を大きく集中したりしたくなるけれど、やりすぎるとイギリス軍が突破してくる恐れがある。
小さいながらジレンマがきちんとあって面白そう。

いつも書くけれど、僕はこの「退却先を敵が決めて、退却したユニットが動けなくなる」というシステムが大好き。
「装甲軍団」はちょっと難しすぎるので、「戦車軍団」を入手可能になることを願うばかり。

The Caucasus Campaign

The Caucasus Campaign。
間違いなく2010年を代表するゲームのひとつなんじゃないかと。

Ace of Aces

Ace of Aces。
軽装で、ということで思いついたのがこのゲーム。
マップの上に置く塩ビ板も、ダイスも、ダイスタワーもいらない。

ルールに厳密に従うならば紙とペンが必要だけれど、実際には使わずに十分楽しくプレイできる。
ルール説明に10分、1回のドッグファイトに10分くらい。
これのiPhoneアプリをどなたか作ってくださらないものか。

London

London。
大火のあとのロンドンを復興するゲームだそうです。
[PR]
by gameape | 2010-12-05 12:59 | Comments(2)

カニ後退

そこでだ。私はついに重い腰を上げて、「カニ後退禁止は、常識である」と宣言することを思いついた。明記してある場合はともかく、コレに関する禁止規定が一切欠けているモノであっても、常に「カニ後退が許可されているのではなく、ルールブックのミスである」と推定するべきだと。どこかで明確に「可能である」と書いたモノ(ルールブックなりエラッタなり)があって、初めて許可されていると考えるべきだと。
10月26日: F男の誰も付いていけない話

戦闘結果によりNヘクスの後退を要求されたコマは、後退を開始したヘクスからNヘクス離れたヘクスで後退を完了する。
そのようにプレイすることが自然で、後退を開始したヘクスと後退を完了したヘクスの距離がNヘクス未満になるような「カニ後退」には違和感を覚えることが多いのではないかと思う。

とはいえ、僕はルールが特に定めていなければこの「カニ後退」はやってよいと思っている。
ただし、そのようにプレイするとあんまりな展開になるゲームであれば、プレイヤー間で調整して双方が納得するハウスルールを設けるのがよろしいかと思う。

おおざっぱに言って、後退するユニットを所有するプレイヤーが後退路を決めるゲームでは、カニ後退を禁じた方が面白いんじゃないかと思う。
一方、敵軍プレイヤーが後退路を決める場合は、カニ後退あり、でもいい場合があるんじゃないかと。

僕にとって、後者の「カニ後退ありでもよさそうなゲーム」は「ドイツ戦車軍団」である。

というか、僕はこのゲームはそういうルールのゲームだとずっと思っていた。
このゲームが出版される直前に、レックカンパニーのスタッフさんからそのようにルールを教わったように覚えているからである。
とはいえ、古い話だから記憶違いかもしれないし、何らかの理由でそのスタッフさんが出版されたルールとは異なるルールを教えてくださったのかもしれないので、根拠としてはかなり弱い。
「ドイツ装甲軍団」のルールではカニ退却を禁じるためのものと思われるルールもきっちり書かれている。

でも、それでもなおこのゲームは、防御側ユニットが防御側プレイヤーにとって最も都合の悪いヘクスに後退して動けなくなる、とした方が面白いと思うんだけどなぁ。。。

最後に、僕が以前MustAttackに書いた「退却ルールが規定してほしいこと」を転載する。
これらが明確ではないゲームは、プレイヤーがその都度調整するか、最初からプレイしないことにするのがよいと思う。

・退却路を決めるのは誰か?
・退却してはならない、または優先して退却しなければならない方向はあるか?
・退却時に通れないヘクス、ヘクスサイドはあるか?
・1回の退却で同じヘクスに複数回進入してよいか?
・敵ユニットに近づく、または遠ざからないヘクスに進入してよいか?
・他のユニットが存在しているヘクスに進入してよいか?
・敵軍ZOCに進入してよいか?
・退却しなければならないヘクス数と、退却開始ヘクスから退却終了ヘクスまでの距離が異なってもよいか?
・退却するヘクス数が戦闘結果の値と異なってもよいか?(「2ヘクス後退」の結果で1または3ヘクス退却する、など)
・退却の単位はヘクス数か、移動ポイントか?
・スタックを別々のヘクスに退却させてよいか?
[PR]
by gameape | 2009-11-01 21:31 | 考えごと | Comments(4)

努力していない領域

ウォーゲームという趣味の世界に新規参入する人が少ないことを心配したり、嘆いたりするコメントなどを見聞きすることがしばしばある。

確かに、「ウォーゲームに興味を持った人」が「ウォーゲームを趣味とする人」になる経路に、厄介な壁があるのではないかと思うことがない訳ではない。
そして、その壁の先に進むためのお手伝いというのを誰かがすべきであろう、という意見を支持することに迷いもない。

とはいえ、僕としてこの「お手伝い」を行動に移そうと思うことは今のところない。
いつかはそういう努力をできたらいいな、とは思っているけれど、今も今までもそういう努力をしていないように思う。
先日、たかさわさんが言っていた話しで面白かったのが、本当に初心者拡大をするのなら「ドイツ戦車軍団のエルアラメインを丁寧にルールを教えて、一日じゅう何回でも対戦で付き合ってあげるようなゲーマー」がたくさんいないと現実化はできないのではないかというのがあった。
これは「ウォーゲーム日本史2号を入手する - bqsfgameの日記」からの抜粋。
この中の「たかさわさん」が僕。
思いつきで言ったことがWebに載ってしまって恥ずかしい限りだけれど、思うところとはズレていない。

いつか「ドイツ戦車軍団のエルアラメインを丁寧にルールを教えて、一日じゅう何回でも対戦で付き合ってあげるようなゲーマー」になりたいと思っている。
今のところは全然行動していないけれど、きっといつかはと思っている、というのは本当。

(ただし、「ドイツ戦車軍団」は持っていないし、「エル・アラメイン」はほとんどプレイしたことがありません。ごめんなさい)
[PR]
by gameape | 2009-07-28 12:51 | 考えごと | Comments(3)
入手したゲーム
  • ASL Starter Kit #3
購入したゲームはついに1作だけだった。
しかも、ASL Starter Kitの最新のルールブックが欲しくて買っただけである。
それがなければ、または最新のルールを手に入れる別の手段があったならば、このゲームの購入は見送ったと思う。

既にプレイを楽しんでいるゲーム、そして既に持っているけれどまだプレイしたことがないゲームだけをプレイするだけでも大変な時間がかかる。
僕の自由時間全部をウォーゲームに投入し、さらには自由じゃない時間にもウォーゲームのことを考えていたとしても、まだまだ時間が足りない。
そんな状態で、お金を払ってまで新たなウォーゲームを手に入れるのはあまり合理的ではないと思っている。
それでもやっぱり買いたい、と思うくらいの魅力を感じさせてくれるウォーゲームは滅多にないのである。

入手した雑誌
  • プラン・サンセット #3
  • Club千葉 #2
  • Club千葉 #3
  • Club千葉 #4
  • Club千葉 #5
  • C3i #19
  • Operations #50
  • Operations #51
ウォーゲームに関する文章を読むのは楽しいから、ウォーゲーム雑誌を手に入れたいとは思う。
でも、4000円近くするウォーゲーム雑誌は、ちょっと高すぎて手が出ない。
しかも、付いてきたウォーゲームがプレイされないまま増えていくのは観ていて悲しい。
前述のリストがウォーゲームのついていないものばかりなのは、そのような事情からくるものである。

雑誌に書かれているウォーゲームの多くは、持ってもいないし、プレイしたこともないものばかりである。
だから、読んでいても意味がよくわからなかったりすることも少なくない。
でも、何となく楽しい気持ちになるのが不思議である。
文章が英語で書かれていて、意味がほとんど分からなかったり、面倒くさくて見出しと写真だけを追うような読み方をしたときでも、似たような楽しい気持ちになる。

雑誌であれWebであれ、僕がウォーゲームについて書かれた文章を読む理由は、この「何となく楽しい気持ち」になりたいからなのだと思う。
もちろん、自分が好きなゲーム、興味を持っているゲームについて書かれた記事をキッチリ読むのも楽しいけれど、「何となく楽しい」だけでも十分なのだ。
その楽しさが、自分の好きなウォーゲームをより楽しむための動機付けとなるような気がするのである。

Club千葉、4号と5号
Club千葉 #4 と #5

入手したいゲーム
  • The Battle Above The Clouds
  • Stonewall Jackson's Way 2
  • Shenandoah: Jackson's Valley Campaign
発売されたらすぐにでも欲しい、と思えるゲームはこの3点だけ。
他にも気になるゲームがないわけではない。
CWBの「Barren Victory II」、GBACWの「Battle with the Gringos」などなど。
でも、これらには手に入れてすぐにプレイするほどの熱意を持てないんじゃないかと思う。

「The Battle Above The Clouds」と「Stonewall Jackson's Way 2」はいずれもGCACWシリーズ。
前者はシリーズ8作目にして、西部戦域を舞台にしたシリーズの1作目。
チカモーガやチャタヌーガでおこなわれた1863年の戦役を題材にしたもの。
後者は、シリーズ第1作目の「Stonewall Jackson's Way」の改訂版に、1861年夏の第1次ブルラン戦役のモジュール「All Green Alike」を追加したものだそうだ。

「All Green Alike」の上級ゲームシナリオのテストプレイ版は僕の手元にもある。
南軍は時間を稼いで、シェナンドアとマナッサスの部隊を集結させたい。
北軍が徴兵期限切れで部隊がどんどん細っていく前に戦闘をしかけたい。
GCACWのスケールは、このようなジレンマを提示するのに大変適したシステムなんじゃないかと思う。
(単に筆者が、GCACWシリーズなら何でも好きなだけかもしれないが)

どちらのゲームも、まだMMPのプレオーダーにすら載っていない。
発売が待ち遠しいけど、いつ出てくるか分からないから、気長に待つのがよろしかろう。

最後の1点は、Columbiaの積み木ゲーム。
1862年春のシェナンドア渓谷を舞台にしたゲームらしい。
できれば広い範囲をマップに収めた、戦役全体を扱うゲームになってほしいとは思う。
でも、クロス・キーズとポート・リパブリックの戦いを題材にした積み木ゲームも面白いかもしれない。
シェナンドア川の両岸を進んでくる北軍を相手にするジャクソンは、プロイセン軍とイギリス軍を相手にする、ワーテルローでのナポレオンのような決断と機動を求められるかもしれないし。

入手を迷っているゲーム
  • ドイツ戦車軍団
  • ドイツ装甲軍団
  • 天下強奪
プレイしてみたいと思っているものの、購入に踏み切れないゲームは3点。
特に意識はしていなかったが、いずれもコマンド・マガジン日本版の付録ゲームだった。
ウォーゲーム付き雑誌に対して僕が感じている「気にならないわけではないのだけれどサイフのヒモが緩まない」という気持ちがそのまま表れてしまったか。

そもそも「ドイツ戦車軍団」についてはエポック版であれ、国際通信社版であれ、中古を探さなければならない。
その労力を使う根性は僕にはない。
「ドイツ戦車軍団」の「防御側ユニットの退却先を攻撃側が指定し、退却したユニットは次のプレイヤーターンに動けない」というルールがとても好きだ。
容易に入手できる機会はいくらでもあったのに、時既に遅し。
そういうものだ。

「ドイツ戦車軍団」のシステムで、フルマップ複数枚のビッグゲームを作ったら面白そうだと思う。
どなたか、ぜひがんばってください。

「天下強奪」はWebなどにある情報を見た限りでは、とても面白そうに感じる。
各ユニットが所属陣営まで含めてアントライドになっているゲームということなんだろうか。
だとしたら、かなり惹かれる。
「ドイツ装甲軍団」とあわせて、コマンド誌の在庫状況に注意しつつ、引き続き迷いたいと思う。
[PR]
by gameape | 2007-12-29 17:27 | Comments(0)