人気ブログランキング |

ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

タグ:シェナンドー・ナノ ( 2 ) タグの人気記事


今週末開催のゲームマーケット大阪で「このシミュゲがすごい 2019年」が発売されるそうです。毎度記事を載せていただく(もちろん、入手した皆さまに見ていただく)ことだけでも、僕にとってはすごいことです。ですが、今回はさらにすごいことになっちゃいました。冒頭のTwitterの画像では隠れている、表紙の下の方を見るとですね…。

e0120077_21253447.jpg

な、な、なんと拙作「シェナンドー・ナノ」ですよ!いったい誰が、はたしてどんな記事を、については実物を手にとってぜひご覧ください。

もしかしたらこの記事がきっかけで、「シェナンドー・ナノ」に興味を持つ心の広い方がいらっしゃるかもしれない。そんな都合のいいことを考えまして、本作を再び入手できるようにしました。

ウォーゲームに限らず、雑誌やWebなどの記事が面白くて、または記事をより面白く読むために、その題材に触れるというのは結構あるんじゃないでしょうか。僕は映画とウォーゲームでそういうことがよくあります。例えば最近僕がOCSをプレイしてみたのは、ゲーム本体への興味よりも、それに言及している人や記事によるところが大きいです。

シェナンドー・ナノ

前回(昨年11月)と同じく、セブンイレブンのネットプリントです。プリント予約番号は「50576992」。A4片面カラー1枚で60円かかります。用紙サイズでA3を選択すれば、より大きくて読みやすくてプレイしやすく(100円かかりますが)。ルールだけならモノクロで足りますが、であればWebでご覧いただく(またはそれをプリントする)ほうがよいかも。

第2版ということで、前回とは次の点が異なります。
  • マップを大きくしました(だいたいA5サイズ)。
  • マップの意匠を少し修整(判読しやすくしたつもりです)。
  • 北軍のセットアップに関する記述を訂正しました(ストラスバーグは2個ではなく1個)。

ネットプリントには登録から1週間という期限がありまして、本件は2019年3月14日まで利用可能です。

「このシミュゲ」に掲載されたゲームのうちで、もっとも安価に入手できるモノをと思ったならコレ、というのは間違いないと思います。ご近所にセブンイレブンがない方にはお詫び申し上げます。

by gameape | 2019-03-07 21:40 | プレイせず書く | Comments(0)

文字のありがたさ

e0120077_14500239.jpg

IMAX版の「2001年宇宙の旅」、すばらしかったです。満面の笑みで号泣しながら映画を観る体験のなんとすばらしいことか。以下、この映画に少しだけ触れますので、知りたくない方ご用心ください。

既に何度も観ていた映画ですが、IMAXの大きな画面で今まで気づいていなかった文字や記号をいくつか発見しました。宇宙船の船腹にソ連のマークがあったり、船外活動でAE35ユニットを置くところに「磁石」と書いてあったり。

圧倒的な映像で言葉に頼らずに語る映画だと思っていたので、書き文字で世界や設定や物語を説明しているのが意外でした。サイレント映画と似た手法なのかとも感じました。

シェナンドー・ナノ

で、ウォーゲームの話に移ります。あつかましくも、拙作「シェナンドー・ナノ」についてです。コマとしてナノブロックを使うというコンセプトがありましたので、コマに文字を入れられなくて、これが大変にもどかしかったです。

多くのウォーゲームがコマに文字やアイコンを使っていますが、これらが歴史的フレーバーや、微妙なユニットごとの強弱や、現実世界のいろいろな現象を表現する役割を担っているのだなと思いました。

よく「アナログのあたたかみ」といいますが、文字情報による豊かな描写は僕にとって「デジタルのあたたかみ」なんじゃないかな、とか。むしろアナログ表現にはある種の冷徹さのようなものを感じることがあります。

さて、「ウォーゲームだもの」2018年の記事はこれで終了です。最後の最後に自分のやったゲームデザインのマネごとを、銀河系史上最高の映画と並べるという図々しくもおめでたい記事をポストできて、もう思い残すことはありません。

by gameape | 2018-12-31 22:24 | 考えごと | Comments(0)