人気ブログランキング |

ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ
e0120077_23414994.jpg

テーブルの上に直接置くのではなく、木製パネルの上にマップを置いてプレイするといろいろ便利です。ただし、マップのサイズはフォリオ(A2、ハーフサイズ)までが限界です。本当はフルマップでも同じことをしたいのですが、できない理由は後述します。

世界堂木製パネル、サンデーPET

ソフトマップなら450mm×600mmサイズの透明の板を上に置いて平らに安定させます。アクリル製の方が傷つきにくいように思うのですが、より薄くて軽くて安価なPET製の板を使っています。

世界堂

購入したのは新宿の世界堂。値引きがありがたいです。木製パネルの材質はラワンとシナベニアがあったのですが、見た目だけでシナベニアを選びました。もしかすると「反りにくい」とか「ヤニが出ない」とか「トゲが出にくい」などの違いがあるかもしれません。利用開始からそろそろ1年が経ちますが、今のところは大きな反りは生じていませんし、ヤニやトゲなども出ていません。

木製パネル

「木炭紙」というサイズです。650mm×500mm。日本製と外国製では紙の規格が違うので、マップの縦横比もちょっと違います。その両方をすっぽり覆うことができる透明板の大きさが450mm×600mmで、それがはみ出さない大きさのパネルというとこのサイズになるようです。

Korea: The Forgotten War

木製パネルの上にゲームを置くメリットはこんな感じです。
  • コマを並べたまま持ち運べる。プレイはリビングでしたい。でも、ずっと置きっぱなしにはできない。そういう場合に別の部屋に持っていける、またプレイするときに持って帰ってこれる、というのがすばらしいです。冒頭に書いた「フルマップのサイズにしたいけどハーフマップまで」の理由は、1人で持ち上げて拙宅内を安全に移動できるのがこのサイズまでだから、という事情です。
  • ソロプレイでマップを回転させることができる。ドイツ軍はこっちから見るけど、ソ連軍はこっちから、というのが簡単にできます。
  • 映り込みが気になるときに位置を変えたり、ほんの少しなら角度を変えたりもできる。照明が写ってしまう、部屋干しの洗濯ものが写りこんでしまう、などの回避に便利なのです。
パネルを何段か重ねて収納するラックを作れば、複数のゲームを途中でセーブしておけるのではありますが、それはそれで収拾がつかなくなりそうなので、今は「セーブは1ゲームまで」ということにしています。

# by gameape | 2019-03-03 00:23 | ウォーゲーム用品 | Comments(0)
e0120077_10302096.jpg

コマンドマガジン日本版の最新号は、Strategy & Tacticsの310号に付属した「The American Civil War」のローカライズ版です。本誌の南北戦争関連記事も充実していて、なかなかアツいです。


英語版のルールPDFは本家サイトからダウンロードできます。


この号がきっかけで南北戦争ゲームの気温が若干上がっちゃったりするのかと思い、ちょこっと調べてみたら既に大変な盛り上がりになってました。年末までびっしりと予定が埋まって鬼に笑われそうなレベル。

昨年、Compass Gamesから出た「Battle Hymn」のゲティスバーグ部分相当(というか、こっちが先ですよね)である「The Tide Turns」がSteamで半額セール、と思ったら2月23日の時点では既に定価に戻ってました。でも、これで2千円は紙のウォーゲームの感覚だとそれほど高いと思わないウォーゲーム脳。

GMTのP-500にマーク・ハーマンの「Rebel Fury」が追加。師団ユニットのバトルゲーでチカマウガ、チャタヌーガ、チャンセラーズビル、フレデリクスバーグなどだそうです。マウンテッドマップが基本だけれど薄いマップもオマケにつけるよ、というのは良い話。
C3iの最新号についているゲティスバーグがRebel Furyと同じシステムなのかもしれません。Table BattlesのGaines Millも収録して、南北戦争物件もりだくさんの号になってます。

Table Battlesといえば、拡張第3弾のゲティスバーグが発売になったようです。2日目の戦いを描くシナリオが6本。PnPが待ち遠しい。

GMTの月刊ニュースによると、GBACWシリーズの次回作Death Valleyは5~9ヶ月後ぐらいとのこと。Twin Peaksもまだちゃんとプレイできていないので、急いで出てもらわなくても(僕は)困りません。

MMPのTwitterには「次に出るのはLine of BattleのTo Take Washingtonですよ」との発言。

Tiny BattleはBlind Sword Liteの第1作、The Devil’s to Pay: the First Day at GettysburgをOriginsに出すそうです。Rick Barber(だと思います)のマップがいい感じです。

LiteじゃないほうのBlind Swordは、3/10のゲームマーケット大阪で頒布開始の「このシミュゲ2019」に載るだろうレビューが楽しみです。ゲーム本体には手が回りませぬ。

Tiny BattleのBlood Before Richmondは昨年に5作目のMalvern Hillが出て、1作目のGaines's MillならPnPが4ドルで手に入ります。結構面白いシステムだと思います。歩兵に射程がある南北戦争ゲームはこれくらいあっさりしたのでもいいんじゃないかと。

GCACWシリーズは今後の出版予定をなんとJoe Balkoskiがコメント。Vol.12はOn to Richmond! II。Grant Takes Commandと2個イチでPetersburg戦役を追加。マップは最近の仕様で作り直しで(Charlie Kiblerということでしょう)、Petersburgの南側を広げるようです。Vol.13はHood Strikes North。1864年終盤のFranklin周辺をカバーするものと思われます。どちらも出版時期は何年か先なんでしょうけど。

GCACWシリーズのPBEMトーナメントはラウンド2が始まりまして、シナリオはRTG2のThe Wagoneer's Fightです。僕の北軍は騎兵の移動力が軒並み2とか3でちょっと困ったことになりつつあります。


その他、高いけどPub BattlesのAntietamとかGettysburgは引き続き気になります。このシステムの砲兵ルールは結構気に入ってます。

箱の大きさがアレですがFort Sumterも面白いです。

開戦前を描く、という点ではHollandspieleのThis Guilty Landも見逃せませんし...

HollandspieleといえばMore Aggressive Attitudesの続編2作のいずれにも手をつけられてないなと...

これらの他にもまだまだいろいろあるんですが、このぐらいで熱さは伝わりましたでしょうか。暑苦しかったかもしれませんが、そこは答えを求めておりませぬゆえ、どうか勘弁してやってください。

南北戦争のウォーゲーム、アツいですよ。

# by gameape | 2019-02-23 11:07 | 考えごと | Comments(0)
e0120077_22255964.png

↑はDropboxのWeb画面をキャプチャしたものですが、こう見ると広告みたいですね(汗)。

PBEMのファイルはメール添付で送るよりも、Dropboxのフォルダを相手プレイヤーと共有する方が手間が少ないように思います。もちろん、両プレイヤーが(相手に教えてもよい)Dropboxのアカウントを持っている必要があります。

共有フォルダの作り方は次のとおり。
・WebブラウザでDropboxにログイン
・右メニューにある「新しい共有フォルダ」をクリック
・状況にあわせて「新規フォルダ」か「既存のフォルダ」を選ぶ
・「宛先」に対戦相手のアドレスを入れて...
・メッセージには「Here is for our game.」とか「Our folder」 とかなんとか書いて送信

WindowsなりMacなりにDropboxのアプリをインストールしてあれば、その後のファイルのやり取りはエクスプローラーなりFinderなりで、普通のフォルダのようにDropboxの共有フォルダに読み書きできます。

注意すべきは、Dropboxのフォルダを直接読み書きしてしまうと、うっかりファイルを消したり上書きしたりしてしまうので、PBEM用のファイルはいったん別のフォルダにコピー(移動ではない)してからプレイすること。

あとは、これまたうっかり絶対人に見せてはいけないファイルをドラッグ&ドロップしてしまわないよう注意するのも大事です。肌色系の画像ファイルはもちろん、お仕事用のファイル、メール、パスワードのメモ、お薬手帳や健康診断結果のスキャン、などなど。

相手プレイヤーが予想外のファイルを置いたときに備えて、セキュリティソフトはしっかりしたものを(しっかり更新して)インストールしておく、というのもおそらくとても大事です。

# by gameape | 2019-02-20 22:44 | 電源必須系 | Comments(0)
e0120077_11181245.jpg

Pendragonのソロプレイ、シナリオは「Barbarian Conspiracy」です。ノン・プレイヤー(≒ボット)のルールは使わず、人類プレイヤー4人相当でのプレイ。

1枚目:St Germanus
キウィタスはトレード&ルールでリソースとウェルスを増やし、ドゥクスとスコティはリミテッド・コマンドを嫌ってパス。サクソンは同様にパスでもよかったのですが、次のカードのファクション・オーダーが最下位なので手番が回ってくる可能性が低いと見て、イベントを実行してブリトン・リソースを-10。

2枚目:Niall's Raid
スコティがキャパビリティを獲得、でも、結局一度も使わずに終わります。ドゥクスはパス。

3枚目:Monasteries
キウィタスがイベントでウェルス+10。ドゥクスはバーバリアンがレイドしてこないようトレインを選んで何もせず。

冒頭の画像の「CURRENT」とあるのがこのカードです。振り返ってみればここがヤマでした。ブリトン2勢力が華麗に連携したかと思ったのですが、ドゥクスがここでパスしておけば、バーバリアンがフルスケールでレイドできました。そうすればキウィタスの足を引っ張るとか、ドゥクスが自らのプレステージを上げるとかの展開になったのかも。

4枚目:Niall Noigiallach
スコティがキャパビリティを獲得。これまた一度も使わずに終わってます。サクソンはレイド&サプライズ。Iceniに上陸したレイダーがクー・ドゥ・メン(戦闘前に城壁内になだれ込む)に成功し、ブリトンはこのリージョンの支配を失います。

5枚目:Feeding The Ravens
ドゥクスがサクソンのレイダーをインターセプト。フィートをするウマみがなく、他ファクションによるイベントを封じるためフィートなしでの実行。3リージョンのひとつでイベイドされたものの、残りふたつは完封勝ち。キウィタスはミリシアをIceniにマーチさせてコントロール回復を目論みます。

6枚目:Devastation
スコティが4リージョンでレイド&ランサム。サクソンはレイダーが唯一生き残ったリージョンからリターン。

7枚目:The Irish Shore
ドゥクスがスコティのレイダーをインターセプト。前回同様フィートは無し。4リージョンのひとつを取り逃し、残りは完封。キウィタスがパス。

8枚目:Tintagel
キウィタスはイベントでDumnoniiにヒルフォート、コミタトゥス、ミリシアを配置。本当ならIceniに置きたいところですが、イベントで地形がヒルズのリージョンに限定されているので我慢。

スコティはレイド。サプライズをつけてディープレイドでポピュレーションの高いリージョンをターゲットに加えます。エポックが近いので、多くのプロスペリティを奪ってドゥクスの勝利を阻むことが狙いです。

ここでキウィタスの勝利条件にまで気が回らなかったところが惜しい。

Pendragon

9枚目:Rescript of Honorius
もともと次のカードとして「Isle of Avalon」が提示されていましたが、エポックカードがドローされたのでそちらを先にプレイ。その時点のポイントは次のとおりでした。

・トータル・プロスペリティ:64
・プレステージ:5
・ブリトン・コントロール:38
・ウェルス:13
・リソース:ドゥクス 6、キウィタス 17
・レナウン:サクソン 6、スコティ 4

フォエデラティは不在なのでアノーナは何もなし。続くインペリウムフェイズは、まずはキウィタスがホーディングでウェルスを20に上げ、ミリタリー・ドミナンスからシビリアン・ドミナンスへのシフトがおきます。

そしてビクトリーフェイズ。シビリアン・ドミナンスで、ローマン・ルールで、ブリトン・コントロールが36以上。なんとキウィタスがビクトリー・スレッショルドを超えているではありませんか。ゲームはここで終了です。

よくよく考えてみれば(最初からそれくらい考えておけよ、とも言う)、ゲーム開始時にブリトン2勢力はどちらもビクトリー・スレッショルドを超えた状態にあります。ドゥクスの勝因となるプロスペリティはレイドで容易に下がりますが、キウィタスの勝因となるブリトン・コントロールも適当に下げておかないと、今回のようなゲーム早期終了が置きてしまうのでしょう。

ボットと対戦してコテンパンにされないよう、もう少し人類だけでプレイして修行を積むべきなのかも。


# by gameape | 2019-02-16 11:40 | ソロプレイ | Comments(0)

ようやくブリテン島へ

e0120077_21434430.jpg

ゲームを入手してから約1年。ようやくPendragonを対戦できました。4人プレイの場を設定してくださったWilandorさんに感謝。もちろん、他の2名のプレイヤーさん(と風邪で参加できなかったもう1名さん)にも。

序盤の1/3をプレイするシナリオ「Barbarian Conspiracy」。かなりざっくりで端折りまくりのルール説明を含めて約6時間かかりました。慣れれば大幅に短縮できるのではと思うものの、ゲームのメカニズムが結構複雑なので慣れるにはそれなりの努力が必要かもしれません。

ドゥクス(元ローマ軍)とキウィタス(ローマ化したケルト人)のいるブリテン島に、まずはサクソン(ゲルマン人)とスコティ(ピクト人やアイリッシュ)が上陸して資源(金色のキューブ)を奪います。当初は損失を交易や統治で補っていたブリトン(ドゥクスとキウィタス)でしたが、ドゥクスの戦闘能力の高さに気づいた後は強力な反撃が成果をあげていきます。

Pendragon

一度目のエポック(≒冬)がくる直前、このままではドゥクスが自動的勝利してしまうことが判明します。3人のプレイヤーが妨害方法を考え、勝利にはあと1ポイント足りない、というところまで押し戻します。

そしてシナリオが終了する2回目のエポックの直前。今度はサクソンが勝利条件を満たしていることがわかり、手番プレイヤーのドゥクスが知恵を絞ります。サクソンの勝利を阻む方法は見つかるものの、それを達成すると今度はキウィタスが勝利条件を満たしてしまいます。いずれにせよドゥクスの勝利はないね、というところでゲームを終わりにしました。

なお、僕がプレイしていたスコティは勝利からかなり遠いところにおりました。。。

Pendragon

Pendragonのルールはウォーゲームとしてそれほど難しくはないと思います。しかし、4勢力それぞれに異なるパラメータが複数あって、それがどう連動して何に影響していくのかを体得するのが大変です。これを奪ってあの値を上げて、上げた値を使ってこのアクションをすると敵のあの値を減らせるから勝利を阻める。そういう種類の計算と思考がいろいろ出てきます。

この「風が吹くと桶屋が儲かる的」、または「ピタゴラ装置的」なゲーム世界はとても面白く、5世紀のイギリス(ブリタニア?)をそのようにモデル化したことが、Pendragonのウォーゲームとしての大きな魅力なんだろうと思います。ソロプレイしただけではそれを理解できなかったのですが、今回の対戦で強い手応えを感じました。ソロプレイもできるようになりました。

まだまだゲーム自体で手一杯ですが、今後もう少しゲームに慣れれば歴史や軍事などのフレーバー要素も摂取できるようになるかもしれません。Wikipediaをちょろっと読む程度ですが。

# by gameape | 2019-02-14 22:31 | 対戦 | Comments(0)