ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ
Strategy & Tactics Cards

これは「War-Gamers Advent Calendar 2017」の12月6日分です。Strategy & Tactics誌の51号から90号までの表紙をカードにしたら楽しかった、という話。

元々は「Operation Grenade」がコマンドマガジンの付録になったことがきっかけでした。最近はコマンドをKindleで読んでいます。ゲームを買うと紙の本とKindole版の両方を買うことになるなぁ。お、Operation GrenadeはS&T版でも手に入りそうだぞ。なんだなんだ、他の号も買えそうじゃないか。創刊号から全部は厳しいけれど、SPI最後の40号に限れば何とかズブズブズブ......(沼に沈む音)。

Wall of SPI S&T

めでたくコンプリートした記念に「インタビューボード」を作りました。スポーツ選手とかグラビアアイドルの背景にあるアレです。表紙をスキャンして、コンビニでプリントアウトして、両面テープで垂直な壁面に貼り付ければできあがり。予想をはるかに上回る楽しさでした。

お好きなゲームのカバーアートを集めて、ぜひやってみてください。見てるだけでもうっとりすること請け合いです。

Wall of SPI S&T

日本ウォーゲーム界のVIPたちと記念撮影の図。左後方から、yagiさんこと岩永秀明さん、中黒靖さん、鹿内靖さん、信長さん(MustAttackは来年3月で10周年ですよ!)、そして筆者です。中黒さん、思い切り見切ってしまったことをお詫びいたします。こんなことが実現するのもインタビューボードがあればこそ。グレート!

The Wall of SPI's S&T

インタビューボードは元の雑誌をスキャンして、ほぼ原寸大でプリントして作りました。A3でカラーを20枚コンビニプリントするとそれなりのお値段です。なので、事前に縮小版でカメラテストをやってみました。

The Wall of SPI's S&T

カメラテスト自体が、これはこれで非常に楽しい体験でした。中子真治さんの本とかシネフェックス(今の公式サイトはこちら。僕が読んでた頃はバンダイが翻訳版を出していた)とかで読んだ、スター・ウォーズやブレード・ランナーの特撮解説を思い出しながらやりました。

IMG_3654

リハーサルに使った縮小版インタビューボードは捨てるにはもったいない。切り離してカードスリーブに入れてみました。ウォーゲームのプレイ準備自体よりも、こういう工作の方に盛り上がってしまいがちなのは、テスト直前に机の整理をしちゃうのと似ています。

Strategy & Tactics Cards

カードは普通の大きさのカードスリーブに入れて、余った部分をハサミでジョキジョキ切りました。カードを重ねると、スリーブの大きさが微妙に(ときには激しく)違うことがわかります。各号2枚づつあったので、合計80枚のデッキができあがりました。

IMG_3655

2人マージャンをやってみました。手牌は7枚でメンツ2セットとトイツ、またはトイツ4セットで和了する縮小版。「ダニガンの清一色」、「Victory in the Westのイーペーコー」、「包囲戦のみ」、「顔のアップ」など、役を考えるときが一番面白いけれど、実際にプレイするとそうでもない。そんな感じがしないでもありません。

なお、上の図は左側プレイヤーが「BAORがアタマ」「PGGシステムが3枚」に「包囲戦待ち」でリーチをかけているのですが、実は二巡目に「Siege of Constantinople」(タイトルからして包囲戦!)を捨てているのでフリテンです。

IMG_3664

バトルラインもできそうです。ラミーとかセブンブリッジもイケると思いますが、いずれにせよ役を考えるのが一番面白いことに違いはありません。むしろ思い切りシンプルに「名刺ジャンケンのウォーゲーム版」が一番面白いのかも。いやいや、ゲームしたいならばS&Tについているゲームをプレイすべきで、カードは別の目的に...。

Strategy & Tactics Cards

ということで、まずは題材となっている戦争の年代ごとに分類。ぐっと面白くなってきました。ポエニ戦争と十字軍は隣にありますが、その間は1000年以上あいています。シナリオが広い期間をカバーしているFighting Sail(独立戦争、ナポレオン戦争、1812年戦争など)とRaid!(WW2、ベトナム、エンテベなど)は、境界線をまたいでいます。

Strategy & Tactics Cards

デザイナーごと。2作以上デザインしている御仁に限定しました。James F. Dunnigan、Richard H. Berg、Joseph M. Balkoskiが3巨頭です。デベロッパーを集計するとGreg CostikyanやNick Karpなどに加えて、デザイナー部門と同じくBrad HesselやJoseph M. Balkoskiが並ぶことになります。

DunniganとButterfieldの境界線をまたぐ3作はFifth CorpsとBAORが共作で、Paratroopはそれぞれがデザインしたゲーム(とあと1作)のセットです。

Strategy & Tactics Cards

戦場の場所ごとに世界地図の上に並べてみたところ、ヨーロッパの収集がつかなくなりました。具体的には、まずフランスとドイツに10枚以上が集中し、それらがポーランドや北アフリカを圧迫し、ロシアや中東にも影響が及ぶというさながら世界大戦をシミュレートする結果に。

Fighting Sailを北米ではなく中央アメリカに置いたのは、筆者がちょうど「ホーンブロワー」を読んでいたからです。

IMG_3663

持っているゲーム全部がカードになっていればいいのにな、と思います。実物を全部並べて眺めるのはなかなか大変ですが、小さなカードであればテーブルや床に並べられるはずです。シャッフルしてランダムにゲームを選ぶとか、所有ゲームをいろいろな基準で並べなおして遊ぶとか、結構役に立つのではないでしょうか。

仮面ライダーカードとか、永谷園のお茶漬けに入っていた浮世絵カードとか、あんな感じでウォーゲームカードの出版を検討いただければ幸いです(たとえが古くてごめんなさい)。無料で、とは申しませませんが、あんまり射幸心をあおったり、入手にお金がかかったりしない方法が好ましいです。

[PR]
# by gameape | 2017-12-06 00:00 | ウォーゲーム生活 | Comments(3)
「ウォーゲームをやる上でそれに関する知識が無いと楽しめませんか?」という質問がTwitterで紹介されていました。

同じような問いかけを受けたことのあるウォーゲーマーさんは少なくないと思います。このツイートを発端に僕を含めていろいろな方が発言をしていて、とても面白かったのでTogetterにまとめておいしくいただきました。ごちそうさまです。

実際のところ、歴史的なことや軍事的なことを知らずにウォーゲームを楽しんでいる人はいます。もちろん、そうじゃない人がより多くいるはずで、この質問は一概にYesだNoだと断じられない種類のものと言えます。

自分がこの質問を受けたとしたら、真面目かつ誠意のある回答をしているつもりなのに、相手には「長いなー」と思われている様子が頭に浮かびます。「聞いてない 何もそこまで 聞いてない」(第4回オタク川柳大賞)です。

(ウォーゲームは)知識がなくても楽しめますか?

「知識のありなし」と「面白いかどうか」を2つの軸にしてみたところ、どの部分にも該当者さんがいそうに思えてきました。まさに「一概にYesとかNoとは言えない」のであります。それぞれどんな人なのかを想像してみました。

A. 知識がある かつ ウォーゲームを楽しめる
  • 知識追認型(お、自分が知ってるとおりの展開、解釈だ)
  • 知識拡大型(知ってることと違う、知識拡大の機会をありがとう)
  • 反面学習型(このゲームは正しくないが、知的刺激を受けた)

B. 知識がある かつ ウォーゲームを楽しめない
  • 知っていることとゲームが食い違って納得がいかない
  • 歴史を知っているけれど、それをゲーム化することに抵抗がある
  • 軍事的な知識はあるけれど、ゲームするときくらいはそれを忘れたい

C. 知識がない かつ ウォーゲームを楽しめる
  • 題材を知らないけれど、とにかくゲームとして面白い
  • 題材自体がゲームのように面白いので、ゲーム化してもやっぱり面白い

D. 知識がない かつ ウォーゲームを楽しめない
  • 現実に縛られないゲームの方がより面白い
  • 知識の多寡が有利不利につながるのがしんどい
  • 比較として、知らない題材よりは知っている題材のゲームが好き

僕はAからDのどれにも当てはまるかもしれません。多くのウォーゲームはAで、追認も拡大も反面も全部オッケーです。Bは(ウォーゲームではないかもですが)18xxな鉄道ゲーをやったときに「経理の仕事をしているみたいだ」と盛り下がった経験があります。

Cは南北戦争ゲームがそれでした。Across Five AprilsもGCACWもシステムの面白さ自体に惹かれました(その後に歴史的軍事的側面に興味を持っていきましたが)。Dは戦国や三国志が「他のテーマに比べるとちょっと距離を感じる物件」であることがこれかなと。

「何もそこまで 聞いてない」ですか。ですよねぇ、やっぱり。

[PR]
# by gameape | 2017-10-25 00:00 | 考えごと | Comments(0)
Pay Dirt Red Zone Tower Bowl 2017

かつてAvalon Hillが出版していたプロ・アメリカン・フットボールのゲーム「Paydirt」は、「RedZone」という名前になって、今なおチームのデータが毎年供給されています。今年の猿遊会では、2016年のデータを使い、6チームが争うトーナメント「タワーボウル」が開催されました。

参加者それぞれがユルっとリラックスしたプレイをするものと思っていたのですが、始まってみると思いのほか白熱したプレイばかり。優勝者へのインタビューまで実現して、いい意味で予想外のとてもエキサイティングで楽しいトーナメントになりました。全チームのチャートやコマ、ボードなどを準備してくださった発起人さん(コミッショナー、と呼ばせてもらいました)、本当にありがとうございます。

Pay Dirt Red Zone Tower Bowl 2017

まずは3チームずつが2つのカンファレンス、CFC(コマンド・フットボール・カンファレンス)とGFC(ゲームジャーナル・フットボール・カンファレンス)に分かれた予選。それぞれの勝者1チームが決勝戦に進みます。カンファレンスの名称に深い意味はありません。

トーナメントが長時間化してダレるのを防ぐため、予選は第1、第3クォーターを省略して、通常の半分の長さのゲームにしました。時間を稼ぐ「ランダウン」は使用禁止。攻撃の時間が短いため、フィールドゴールが頻発して「3対3」とか「6対3」といった低得点のゲームが続出します。「野球の試合じゃないんですから!」という声も。

CFCではニューヨーク・ジャイアンツが1勝1分で、GFCではロスアンゼルス・ラムズが2勝0敗が勝ち上がって決勝戦。史実の戦いでは芳しい結果をだせなかったラムズが37対24で勝利を収めました。今回、トーナメントを公式に開始する前に、各プレイヤーが練習をかねて何回かの練習試合をしたのですが、ラムズはそれらを含めて負けなしの強さでした。

Tower Bowl 2017

ラムズの担当プレイヤーにインタビューしたところ、次のような答えが返ってきました。
  • 強いチームではないがディフェンスがよく、キックがよく飛ぶ
  • きちんと守っていれば互いにファーストダウンを取れないまま一進一退になるはず
  • キックがより飛ぶので、一進一退なら敵陣に近付くのはラムズ
  • それを繰り返せばフィールドゴールなりタッチダウンなりで点を取っていける

僕はPaydirtを、敵の裏をかいて攻撃する、敵の選んだ攻撃を読み当てて守る、ジャンケンみたいなゲームだと思っていました。しかし、このインタビューで「あー、全然違う次元で考えてる」と驚かされました。ラムズ以外のプレイヤーも、タイムアウトやオーディブルの使い方がとても効果的で、フットボールを随分分かったような気になりました。

プレイ自体はもちろん、参加プレイヤーたちそれぞれが語るアメリカン・フットボールへの思いや、どんな経緯でフットボールを知って、好きになったのか、といった話がとても楽しかったです。トーナメントに参加しない方も、フットボールグッズを持ち寄ってくださったりして、それは幸せな空間ができあがったのでした。

コミッショナー、タワーボウル2、ありますよね?

[PR]
# by gameape | 2017-10-16 22:53 | 対戦 | Comments(0)

Storm Over Arnhem対戦

Storm Over Arnhem

10年くらい前、僕は仕事の帰りに秋葉原のイエローサブマリンに立ち寄って、Storm Over Arnhemをしばしばプレイしていました。慣れたプレイヤーどうしなら閉店までに最後までプレイできて、幸せな疲労を感じつつ家に帰ることができます。

2017年の猿遊会で久しぶりにこのゲームをプレイできました。序盤だけのプレイになりましたが、このゲームの面白さを十分に堪能しました。

冒頭の画像はセットアップです。僕がドイツ軍。配置の時点では兵力を西にシフトすることを考えていましたが、結局はエリア11とエリア24に重点をおいた東側からの攻撃が中心となりました。

Storm Over Arnhem

上の画像は3ターン途中の状況です。AFVを使った浸透がうまくいき、3ターン終了時には橋に直結するエリア4を占領できました。ここでゲームを終了しましたが、ドイツ軍が占領したエリアをイギリス軍が奪回するのは大変です。毎ターン2VPを失うイギリス軍は、この後かなり厳しいゲームになったと思います。

砲撃、準備射撃、移動、防御射撃、近接戦闘と段階を追って展開する小さな戦闘を、どこでいつおこなうかを組み立てていく思考がこのゲームの魅力です。ガッツリ考えてプレイすると時間がかかる上にヘトヘトになります。5秒ルールを使って両軍がミスを重ねつつも、そこそこのプレイ時間で最後までプレイするのがちょうどいいのではないかと。

[PR]
# by gameape | 2017-10-15 16:46 | 対戦 | Comments(0)

出版年を知りたくて

Gaines Mill(Tiny Battle)

Tiny Battle PublishingのBlood before Richmondシリーズは、気になってはいるものの、手を広げるほどのエネルギーがないので見てるだけ、の状態が続きました。が、昨日Gaines MillのPrint & Play版が、時間限定で4割引き(10ドルが6ドルに)になっていて購入に至りました。

いつ出版されたゲームなのかを確かめようとしたところ、ルールブックはもとよりコマやマップにもそれらしい記述がありません。2010年以降なのは確かだと思い、PDFで「201」を検索してみたもののノーヒット。

Gaines Mill (Tiny Battle)

しょうがないなとBoardGameGeekをブラウズしようかと思った直後、PDFのプロパティを見てみたら作成日情報が。なるほど、これが21世紀ですか。ルールのPDFを作った日付がゲームの出版年とは限りませんが(初版とは限らない、プレイテスト中に作ったのかもしれない、など)、結局BoardGameGeekも参照して2015年出版ということになりました。

ぱっと見た限りではマップはA3(レターサイズの倍?)が1枚。コマが176個で、ユニットは旅団規模。時間と距離のスケールはルールに書かれていないようですが、おそらく1ヘクスが0.5マイルぐらい、1ターンが90分ぐらい。

ゲインズミルは一方的な展開なので、「ソロボット」ルールがあるといいなと思います。あ、出版年も書いてほしいです。

[PR]
# by gameape | 2017-10-14 10:49 | ウォーゲーム生活 | Comments(0)