人気ブログランキング |

ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ
e0120077_18030709.jpg

画面を天井に向けて置いたテレビにパソコンでマップの画像を映せば、その上に紙のコマを置いてウォーゲームをプレイできるのか。とりあえずはコマを置いてみるところはではいい感じです。長時間プレイして目が疲れるとか、撮影するときの露出が難しいなどの問題はあるかもしれません。

iPadの上にコマを置いてみたことはあります。コマを動かすつもりが画面に触れてしまい、タッチパネルが動作してマップが動いてしまったりして、プレイはちょっと難しそうです。むしろ普通のテレビであれば画面に触れても問題ないので都合がよいです(2019年4月現在、タッチパネルが付いてないテレビが普通、のはず。。。)。

Flat Top TV

マップを好みの大きさに拡大縮小したり、プレイに使う範囲を好きなようにトリミングしたりできるのは、紙のマップより便利だろうと思います。マップの1/4だけを使うシナリオなのだけれど、マップを折ることに抵抗があって結局フルマップを広げてプレイする、みたいなことはこの「フラットトップTV」プロジェクト(仮称)ではおこりません。

Flat Top TV

テレビを上に向けて平らに安定した状態で置く方法が難題です。今回はヨドバシカメラの配送用ダンボールを2個並べて置きました。座ってプレイするにはちょっと高かったので再考が必要です。

Half Size Map vs Flat Top TV 32''

32インチのテレビでハーフマップをほぼカバーできる大きさでした。解像度が1366x768だったこともあり、ヘクス番号などの小さな文字がつぶれ、判読が難しいところがありました。もう少し大きい4Kのモニタを使うのがいいと思います。

フラットトップTVが威力を発揮するのはPnPゲームなのではと思っています。大判のカラープリントは数千円かかりますし、A3とかA4でプリントしたものをピシッとつなげてプレイするのは案外手間がかかったりします。マップをテレビに任せてしまえば、あとはコマやカードをジョキジョキ作るだけでプレイできるので、コスト的にも手間的にもよろしいのではないかと。

# by gameape | 2019-04-21 18:31 | 電源必須系 | Comments(2)

TCSリローデッド

e0120077_21263575.jpg

久しぶりのTCS(Tactical Combat Series)です。プレイは10年以上ぶりのはず。ルールはバージョン4.xに上がっていたり、そもそも完全に忘れていたりで、ほぼゼロから読み直しでした。

シナリオは「Changallon Valley」の「Ambush!」。水田の一本道で待ち伏せを受けた合衆国海兵隊が、高地を陣取る北朝鮮軍を駆逐しようとします。最初の銃撃はChangchon集落の近くでおこなわれ、上空にいたコルセアがすぐさま強力な対地攻撃でお礼参り。

Semper Fi!

81ミリ迫撃砲による煙幕と、105ミリ榴弾砲の支援砲撃を受けてA中隊が202高地に前進します。M-26の1個小隊が随伴しているものの、水田に入ることができないので道の上からの援護射撃です。これが非常に強力で、前進するA中隊に臨機射撃してくる北朝鮮軍にじわじわと損害を与えていきます。

Semper Fi!

海兵隊にとって最大の敵は、202高地の急勾配と38度近い8月の気温でした。切り立った崖が山頂の北朝鮮軍による防御射撃を遮ってくれるものの、この勾配を登ろうとする海兵隊員が次々とバテて倒れていきます。あまりの蒸し暑さから後に「スティームド・パオ・ヒル」(中華まんの丘)と呼ばれることに、というのはホラ話です。

結局、A中隊による突撃はおこなわれず、202高地の北朝鮮軍はコルセアによる対地攻撃と105ミリ榴弾砲の速射、M-26の集中砲火によって塹壕を放棄して後退します。

Semper Fi!

続いて、反対側の丘に身を隠していた北朝鮮軍が、道路上の迫撃砲を攻撃してきました。これ以上の損失を出すわけにはいかない海兵隊は、M-26を大きく迂回させてこの丘を蹂躙させることにします。敵は対戦車装備を有していないため歩兵の随伴はなし。これが失敗で、オーバーラン実施時に2両を至近距離からの攻撃で破壊されてしまいます。

この損害で海兵隊の(ゲーム上の)勝利がなくなりました。北朝鮮軍はあと1ステップの損害を与えれば勝利でしたが、海兵隊はゲーム後半を非常に用心深く戦い(コルセアと砲撃だけで押しました)、勝利条件的には引き分けです。

損害を重く見た海兵隊は前進をとりやめ、北朝鮮軍としてはナクトン川突出部への脅威を回避できたものの、高地からは駆逐されてしまったので任務成功とは言えない、という感じでしょうか。

TCSについては「やっぱり面白い」、Semper Fi!については「あら、こんなに面白いんだ」というのが今回の感想です。バージョンアップした要素も今のところ感触良好。もう少しTCSにとどまってみましょうか。

# by gameape | 2019-04-20 22:35 | ソロプレイ | Comments(0)

仲間はずれはどれだ!

e0120077_22171010.jpg

早速ですが、クイズです。上の画像にある5つのゲームのうち、仲間はずれの1作はどれでしょう。




答えは、ただひとつタイトルの末尾に「!」がついていない「Up Front」です。ただひとつ箱ゲーじゃない、空戦、19世紀、現存の出版社、など他にも正解があったりしますが、ここはひとつ僕の顔を立てていただきたく。

ずっと「Up Front!」だと思っていまして、つい最近になって末尾に「!」がないことに気づきました。どうして間違えて覚えたのかは思い出せず。もしかしたら初めて見たころからそう思っていたのかもしれません。

「!」とか「?」とか「:」とかを正確に表記したいなと思うことが多いです。苦手な人からすると「あー、またわざわざOn to Richmond!とか書いて」とか思われてるのかもしれません。検索の面倒を増やしていたらごめんなさい。こだわってると言う割に長らく「Up Front!」だと思い続けたところがつきづきし。

所有ゲームのタイトルを検索してみたところ(Googleスプレッドシートに感謝)、「!」で終わるゲームはこんな感じでした。

Afrika!
Biafra!
Gringo!
Guadalcanal!
Komet!
Norway!
Look Away!
Morgan's A' Comin'!
No Retreat!
On to Richmond!
Raid!
Semper Fi!
Zero!

末尾ではなく途中に「!」があるタイトルもいろいろ。「激闘!」とか「夜襲!」とか。「!」ではなく「!!」や「!?」などもあるかもしれません。

提供者さんが「!」の有無をそれほど大事に考えてないんだな、という場面は少なくありません。ルールブックの中に「Raid」と「Raid!」があったりして。しっかりやりましょう、こだわるべきです。そんなことを言うつもりはまったくなくて、単なる好みの問題にすぎません。いいじゃないか、人間だもの。

「Afrika!」とか「Norway!」などのように、「!」を省くと一般的な単語との見分けがつきにくくなるので、これは正確に書いたほうがいいでしょう、みたいなものはあると思います。


# by gameape | 2019-04-10 22:33 | 考えごと | Comments(6)

カードの利用は計画的に

e0120077_10450795.jpg

ありがたいことに対面でのプレイをお誘いいただきました。オプレッションを担当して負けました。所要時間は約2時間。ルールを確認しながらのプレイだったので、慣れたどうしならもっと短い時間でプレイできるはずです。

プレイヤーがそれぞれ受け持つ「ジャスティス」と「オプレッション」は、特定の人物や団体ではなく、前者は奴隷制の廃止のため、後者は奴隷制の保持と拡大のために戦う勢力を、抽象的概念としてあらわしています(とルールに書いてあります)。

オプレッションは下院で過半数を持ち、上院でコンプロマイズ(ルールブック曰く「中道を見つけようと無駄な努力をする人々」)を説得する材料を持ってゲームを始めます。僕は早速それを使って反連邦主義の法案を通過させ、奴隷制存続の支持者を増やし、勝利ポイントも得点します。しかし、結果的にこれは悪手でした。

説得に使った「民意」カードは支持者を増やし、敵がこちらを切り崩して支持者を奪うのを妨害します。僕はこの後に民意カードをドローできず、さらに民意カードで敵を妨害するのに必要な「組織」カードもドローできない泥沼にはまります。法案を通すのは組織をある程度大きくして、ある程度の数の民意を確保してからにすべきでした。

ジャスティスは民意カードで徐々に支持者を増やし、下院と上院の過半数を獲得します。オプレッションはテーブリング(審議延期)で法案成立を阻止するのが精一杯。領土拡張政策の一環としてメキシコとの戦争を始めたり、「暴力」カードを使って組織を拡大してみたものの焼け石に水。支持者数で大きく優位を得たジャスティスが勝利しました。

戦略的な決断やカードプレイのテクニックなどで楽しめそうなゲーム、という印象はいまのところ薄めです。善と悪という座組みとか、中間層を取り込んだり切り崩したりという展開とか、法案とかカードとかの名称などを見て「へぇ、そういうのがあったんですね」とか「こんにちのアレとかコレと似てますね」などと連想するのが面白い。

わからない単語や人名がたくさん出てきますが、意味を調べるつもりがWikipediaに行き着き、さらに別のWebページの沼に何十分もどっぷりハマることが多いので、時間がないときには注意が必要です。

# by gameape | 2019-04-01 22:36 | 対戦 | Comments(0)
e0120077_22241670.jpg

1980年台前半にホビー・ジャパンが発行していたSPIのカタログがかっこいい、という話題がTumblr発Twitter経由で流れています。カタログは懐かしく、そこに写っているパッケージアートは素敵で、かつ愛くるしい。



レドモンド・A・サイモンセンのアートワークはいいよね、というのは年配ゲーマーたち(僕を含む)がしばしば述べる意見で、若い人たちにとっては「またかよ」な話題なのかもしれませんが、どうもすみません。

Grey Soba, White Udon

以前から、サイモンセンのマネをして遊んでみたいと思っていまして、今回のビッグウェーブに便乗させてただきました。パソコンに保存してあった画像から、ウォーゲームっぽくないものを選び、モノクロにして適当な文字を添えたらどうなるのか、を試してみました。ソバとウドンになっていることを差し引いても、何か大きく違っているのは分かります。

もっとセンスのよい方、きちんと美術の訓練をなさった方であれば、よりかっこよい、サイモンセンっぽい画ができるのではと思いますので、できあがったらネットにポストしていただけると幸いです。

# by gameape | 2019-03-26 22:37 | 考えごと | Comments(0)