ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

ワゴンを守るのが苦手

e0120077_22050526.jpg

引き続き「The Wagoneer's Fight」のソロプレイです。セットアップと進入禁止ヘクスのマーキングをした後、ワゴンの移動力が毎回「7」だったとして、ゴールのWilliamsport(黄色いキューブを目印に置きました)まで3ターンでたどりつけるのかどうかを確認。毎ターン、Fatigue-2までの行軍でもゴールできるようです。

Roads to Gettysburg II

第2ターン開始時の状況。北軍は2個旅団が北回りのルートを走り、残りはすべて南回りでWilliamsportに直進する戦略をとりました。南軍のワゴンがパイク(太い道)を使って遠回りのルートを行った場合、直進した北軍騎兵が先にWilliamsportにたどり着ける可能性があるからです。

しかし北側の脅威が薄まったので、南軍も南側に多くのユニットを投入した結果、南側のルートを南軍ががっちりブロックしてしまうことになりました。北軍あやうし。

Roads to Gettysburg II

ところが第2ターンの途中、南軍がうっかり南側ルートのブロックに穴をあけてしまい、Bufordがそこを突破してGreencastle付近でワゴンを捕捉。攻撃を2回成功させて一気に17VPを叩き出してしまいます(ワゴンは退却1ヘクスにつき2VPで、戦闘結果Dで3VP)。

Stuartが慌ててかけつけてお礼参りをしたものの、小部隊どうしの戦闘ですから取り返せるVPはたかが知れています(GCACWシリーズでは小部隊同士の戦闘で損害はほとんど出ない)。今回はここでプレイ終了としました。

前々から自分はワゴンを守るの下手なんだなと感じていましたが、やっぱりそうなんだという思いがかなり強まりました。苦手意識を持つと更にダメになっていくタイプなので、現実を直視せずにもう少し過ごしてみようと思います(改善しようとしないタイプ。。。)。

# by gameape | 2019-01-27 22:38 | ソロプレイ | Comments(0)
e0120077_23531105.jpg

Roads to Gettysburg IIのシナリオ「The Wagoneer's Fight」です。シナリオ特別ルールのサマリを作って、第1ターンのほんのさわりだけをソロプレイしました。なかなかおもしろそうです。

登場するユニットは騎兵とワゴンがほとんどの、いわゆる「騎兵シナリオ」です。GCACWシリーズの騎兵シナリオというと、昔はあまりよい印象がありませんでしたが、最近は結構面白いものが増えてきたように思います。まだ最後までプレイしていないので、実際のところはわかりませんが。

ゲティスバーグの戦いの翌日(1863年7月4日)から3日間で、南軍はポトマック川までの退却を目指し、北軍はワゴンを狩るかポトマック川に先着するかを目指します。歩兵の存在は進入禁止ヘクスとして描かれます。

ユニットは両軍あわせて約20個で、フルマップ1.5枚。マップが広くてユニットが少なくて移動力が大きい、というのは僕の考えるウォーゲームの理想形のひとつであります。マップの置き場を作るのが大変で、ついついVASSALになってしまいますが。

# by gameape | 2019-01-24 23:59 | ソロプレイ | Comments(0)
e0120077_10382423.jpg

ウォーゲームのルールはほぼ100%、PDFで読むようになりました。PDFが提供されていない場合は、自分でスキャンしてOffice LensでPDF化しています。

PDFはDropboxに保存して、iPadとiPod touchのGoodReaderにダウンロードして使います。GoodReaderはとても使いやすく(使い慣れているだけかも、とは思いつつ)愛用しているのですが、ときどきつまづくのが「更新の衝突」問題です。
僕の場合、同じPDFファイルがDropboxとiPadとiPod touchのそれぞれに保存されていて、そのそれぞれが編集(注釈を書き込んだり、それを消したり変えたり)できる状態になっています。通勤途中にiPod touchでアンダーラインを引いて、うっかりそれを他の環境にコピーしないまま、帰宅後に同じPDFに別の注釈を書き込んでしまったりして衝突が発生します。

衝突の解決(英語だと「resolving confliction」で、ウォーゲームっぽい)の最も簡単な方法は「あきらめる」です。一番好きになれそうなファイルを伴侶として残し、他のファイルたちとはお別れします(削除、です)。他のファイルたちを残しておいてもいいのですが、僕は後で何だかわからなくなることが多いので潔く捨てることが多い。

もう一つの方法は、前述のTwitter発言にある「2枚並べて目視確認」。捨てるには忍びない注釈がありそうで、もったいなさが目視確認の大変さを超えそうなときはこれ。

。。。というのが昨日までの選択肢だったのですが、いまさらながらAdobe Readerの注釈を日付順にソートする機能に気づきまして、冒頭の画像のように衝突したファイル双方の言い分を正確にうかがえることになりました。

大事なことは衝突が発生しないようにちゃんと同期すること、なのでしょう。ですが「わかっちゃいるけど、やめられね」で「ソレを言っちゃぁ、おしめえよ」なのであります。

締めは当然「そのうち何とかなるだろう」ということで。



# by gameape | 2019-01-13 11:13 | 電源必須系 | Comments(0)

ポエム

e0120077_12474037.jpg

上の画像を貼った意味は後述いたします。



ポエム、で手元を検索したら2016年8月のメモを発見しました。後悔、もとい公開するなら今しかありません。※の部分は今日書いた補足で、他は無修正です。

「ウォーゲームの画像に文字を書き込んだものってどうかなと思ったんです。」
「ウォーゲームの写真集?」
「近いです。画像だけだと面白くないから文章を入れる。面白くないっていうか、文章を入れることで方向性が明確になる。これは何が言いたいの、という感想を回避。」
「なるほど、いいじゃないですか。」
「いえいえ、考えの続きがありまして、画像に文字ってポエムっぽくなるなと。」
「オダジマですか。」※ 小田嶋隆。僕は彼をずっと詩人だと思っている。
「それもありますが、マンションポエムの方が近いです。」 ※ 大山顕。マンションポエム以外の企画も面白いものばかり。
「どれがポエムでどれがキャッチフレーズなのかはよくわからないんですけどね。」
「都心まで15分、とかはキャッチフレーズでしょう。」
「ですね。叙事がキャッチで叙情がポエムとか。」
「なるほど。15分でいけるというのは事実。叙情って思いつかないもんですね。」
「ウォーゲームのポエムですか。」
「ホビージャパンが考えそうです。最高の作戦、至高のナントカ。だめだ、思いつかない。」
「そもそもポエムじゃなくてキャッチコピーならいいんですか?そういう目的で画像に文字を入れたい?」
「そういわれると違いますね。それとね、画像に文字を入れるとエロ本というか、グラビアっぽくなるんじゃないかと。」
「透き通るような君から目が離せない、とか。」
「あはは、それそれ。気が散るからやめろと思うような。」
「マンション系にせよグラビア系にせよ、狙う方向はそこじゃないだろ感が激しい。」
「何年にどこで誰が戦った、どんな名前の戦いなのか、何年のどんなゲームなのか。」
「確かに、そういう情報は有用ですね。」
「RBMがやってますよ。」※ ロジャー・B・マクゴワン。説明省略。
「ありゃー。」

2016年のメモは以上です。

冒頭の画像はマクゴワン氏によるc3iのサイトをまねて作ったものです。何枚かやって面白かったんですが、途中で息切れして今日に至っています。継続はチカラですが、継続しないことは悪いことじゃないと思ってます(てへ)。

# by gameape | 2019-01-10 12:59 | Comments(0)

アレクサンドロスの時代

e0120077_18432682.jpg

2019年最初のゲーム購入は、Table Battlesのエクスパンション第2弾「Age of Alexander」にしました。薔薇戦争も未入手なのですが、題材的にこちらに惹かれました。楽しくてついつい何度もプレイしてしまいますが、1時間以上のまとまった時間があるならば、他のより重いゲームをプレイした方がいい気もします。Table Battlesは1日1時間まで、とか。

まずは最初のシナリオ「カイロネイアの戦い」をソロプレイ。

ギリシャに比べてマケドニアはファランクスが優秀なのですが、初期モラルが1なのでフォーメーションを1個でも抜かれると敗走してゲームオーバー。ギリシャの神聖隊(Sacred Band)にドドっといいダイスがいくと、対面にいるアレクサンドロス(主人公キャラですよ!)があれよあれよと壊滅させられてゲームオーバーという展開が続き、「大丈夫かよこのゲーム」と思いました。

Table Battles: Age of Alexander

何度かプレイしてマケドニアも勝てるようになり、スクリーンか攻撃か、右翼か左翼か、などなど迷うところも出てきて、面白くなってきました。ダイスふってるだけのゲームに見えて、実は正しい決断をした方が勝つゲームにちゃんとなっているところは頼もしい。

# by gameape | 2019-01-06 19:07 | 特定ゲーム | Comments(0)