ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

北軍第4軍団(1863)

1863

ウォーゲームはセットアップして眺めるだけでも十分に楽しい。もしかすると、セットアップした瞬間が一番楽しいという製品もあるかもしれない。S&T 297号の「1863」をセットアップして愛でる体験はとても楽しかった。「セットアップの時点が一番楽しいゲーム」なのかかどうかは、プレイしてみないとわからない。

1863

残念なことに、ルールブックのセットアップに関する部分に、北軍第4軍団がダブって書かれている。Stafford HeightsとFort Monroe / Norfolkの両方に第4軍団がいる。もしかして正誤表が出ているのかもしれないが、未確認。

Stonewall's Last Battle

ゲームの開始時期は1863年4月。チャンセラーズビルに第4軍団は登場しないような気がする。
Stonewall’s Last Battleを確認。「Hooker親分と7人の軍団長たち」の図(仮称)には、第5軍団がいるけど第4軍団はいない。

「1863」でStafford Heightsに軍団長としてMeadeが配置される。そういえばMeadeは第5軍団の軍団長だ。「1863」的には、どの軍団の軍団長であるかよりも、Hookerの後任としてArmy of the Potomacを指揮する人として重要なのかもしれない。

On to Richmond!

Wikipediaによると、第4軍団は1862年の半島戦役の後もリッチモンド正面に残った部隊。当時の軍団長はKeyes。On to RichmondやLee Takes Commandなどで北軍プレイヤーがお世話になる部隊。「1863」で軍団長として配置されるDixは、Department of Virginiaの司令官。第4軍団は1863年8月に第6軍団に吸収され、いったんなくなる。

Battle Above the Clouds

その後、第4軍団は同年10月に西部戦域に再登場する。チカマウガで大損害を被った第20軍団(McCook)と第21軍団(Crittenden)から創設された新生第4軍団は、ミショナリー・リッジをはじめ、ノックスビルやアトランタ戦役でも活躍。軍団長はGranger。Battle Above the Cloudsの第4軍団の砲兵値がゼロなのは、チカマウガでの敗走で重火器を放棄してしまったからだろう。

「1863」で遊ぼうと思っていた矢先に、GCACWをプレイしたい欲がふつふつ。元はといえば「1863」がセットアップの記述をミスっているのが悪い、と言えなくもないが、あるゲームを起点にいろいろなゲームに好奇心が拡散していくのは、ウォーゲームという趣味の結構おいしい部分だったりもするので、1863には軽い反省を促す気持ちと、軽い感謝の気持ちが半々くらい。
[PR]
by gameape | 2016-05-08 13:18 | Comments(0)
Rebellion

Rebellionは2冊あるルールのうち「Learn to Play」を読めばプレイできるが、「Rules Reference」を読んで「ほほー」と思うところも少なからずあったので、書き出しておく。

反乱軍基地が隠匿(hidden)である場合、基地が存在する星系と基地そのもののそれぞれについてユニットを建造できる。(P.3 右段 上から3ブロック目)
コメント:ユニットを建造できる星系は外交ミッションだけで基地を発見されてしまうので、基地はリモートな星系に置くことが多いとは思うが…。

戦闘に勝つ(win a battle)とは、戦闘がおこなわれている星系の同じ戦域に敵軍ユニットが存在していない状態になること。(P.5 右段 WINNING A BATTLE 最初のブロック)
コメント:地上を無視して宇宙戦闘だけで勝つ(またはその逆)も可能。

コマンドフェイズでパスしたプレイヤーは、引き続き敵のミッションに自軍リーダーで対抗(Oppose)することができる。(P.6 左段 上から6ブロック目)

リフレッシュフェイズのステップ5で、プレイヤーは自軍ユニットを自由に破壊できる。(P.6 左段 下から6ブロック目)
コメント:ゲーム終盤にユニットが足らなくなったらこれ。

敵軍ユニットが存在する星系ではユニットを建造できない。(P.3 右段 上から2ブロック目)
敵軍ユニットが存在する星系にユニットを配置できない。(P.7 左段 上から5ブロック目)
コメント:この2つはワンセットで。

破壊されたユニットはサプライに戻る(その後に再び利用できる)。(P.7 左段 下から3ブロック目)

カードは表の面を上にしてディスカードする。(P.7 右段 DISCARDING 最初のブロック)

この試みにはすべての技能アイコンを数える(count all skill icons during this attempt)と書かれたミッションでは、リーダーのすべての技能アイコンそれぞれにつきダイスを1個ふる。(P.9 左段 下から7ブロック目)
コメント:普通に読めばそういうことなのだけど、本当にそうなのか自信が持てなかった。こういう補足の記述はありがたい。

1回の戦闘で一方のプレイヤーがふれるダイスは最大で黒5個と赤5個(P.4 右段 下から7ブロック目)
ミッション解決で一方のプレイヤーがふれるダイスは最大10個。(P.9 左段 下から6ブロック目)
コメント:要はパッケージに含まれているダイスが上限ということ。

反乱軍基地が開示(reveal)されるのは、同じ星系に帝国軍の地上ユニットか、帝国軍忠誠マーカーが存在しているとき 。(P.11 左段 上から2ブロック目)
コメント:反乱軍ユニットの移動などが理由で、基地の位置がミエミエになったような局面でも隠匿扱いということでしょう。

どのリーダーをリクルートするかは、まず反乱軍プレイヤーが先に宣言する。(P.11 右段 下から8ブロック目)

既に除去されたリーダーをリクルートすることはできない。(P.11 右段 下から5ブロック目)
コメント:リーダーの「実は生きていた」をアリにしても面白い気がする。

ドローした(2枚の)アクションカードに書かれているリーダー全員がすでにリクルートされている場合、まだリクルートされていないリーダーが出るまでアクションカードをドローできる。(P.11 右段 下から4ブロック目)

Rebellion

最後に専用ダイスの構成。スカが2、ライトセーバーが1、ヒットが2、直撃が1。ミッションの平均ヒット数は(0×2+1×3+2×1)÷6=0.83。
[PR]
by gameape | 2016-05-05 21:29 | Comments(0)
Opening Crawl for the Rebellion

遠い昔、遥か彼方の銀河系で…

Opening Crawl for the Rebellion

内戦の一時期。辺境の惑星イルムに秘密基地を確立した反乱軍は、邪悪な銀河帝国に対し、初めての総攻撃をトイダリア星系で実施した。
帝国はこの戦いに究極の兵器「デス・スター」を投入。惑星を完全に破壊できる火力を持つ、戦闘宇宙ステーションである。
デス・スターを覆う強力なシールドに、反乱軍艦隊は全く歯が立たなかった。トイダリア地表の反乱軍は、惑星と共に全滅する危機へと追い込まれた…。

Rebellion

反乱軍の艦隊と地上部隊の大半がトイダリアで壊滅する衝撃のオープニング。

Rebellion

ダゴバでヨーダと出会ったルークは、若い農夫からジェダイへと成長。

Rebellion

ハンはベスピンを訪れ、旧友を口説き落として革命に引き入れる。

Rebellion

反乱軍基地が銀河の反対側にあるホスへと移転。帝国は近隣のダゴバに第2デス・スターを建造開始。

Rebellion

反乱軍は徐々に兵力を盛り返すものの、それを集中する余裕がない。そんな中、レイア姫が捕虜に。

Rebellion

ボバ・フェットの妨害をかいくぐって、ルークがレイア姫を救出。自らはその場に残り「逃げろ、レイア!逃げるんだ!!」。

Rebellion

帝国の魔の手は外交活動中のモン・モスマに。救援に向かったハンも力及ばず、モン・モスマがカーボナイト冷凍。革命の機運はぐっと後退。

Rebellion

辺境住民の噂から反乱軍基地がヤビンにあると判断したベイダー卿が、独自の陸上部隊で攻撃を実施。しかし、十分に強化された反乱軍に撃退される。

Rebellion

反乱軍はヤビンの基地を放棄。しかし、星系の大半は帝国軍の探査対象となっており、わずかに残った候補の中からライロスが移転先となった。帝国はすぐさまこれを察知し、外交でライロスを支配。地元に創設された帝国軍部隊が反乱軍基地を占領して革命は終了。

反乱の機運が盛り上がっていなかったわけではなく、新しいジェダイであるルーク・スカイウォーカーがシスの暗黒卿に対して勝利を収める機会があれば、反乱軍の勝利もありえた。しかし、帝国はそれを与えず、反乱軍基地の位置を素早く特定し、最良の手段でこれを見事に鎮圧した。

「Rebellion」のパワーはすばらしいぞ!
[PR]
by gameape | 2016-05-04 11:44 | Comments(0)
Rebellion

C-3POを従えたレイア姫が、オビワン・ケノービが秘密のミッションに向かう!

Rebellion

ベイダー指揮下の帝国軍の猛攻を、ルークが指揮する反乱軍が撃退!

Rebellion

オビワンによる救出が失敗し、皇帝とベイダーの手によってレイア姫がダークサイドに!

Rebellion

スター・ウォーズの新しいエピソードか、はたまたスピンオフかという場面が次々に見られる。それだけでもとにかく嬉しい。ゲーム自体は、展開にキャッキャウフフしている僕(帝国軍)に対し、反乱軍が名声をどんどん上げていって、8ラウンドで終了。プレイ時間は約3時間半。

きちんと勝ちにいくプレイができるようになるのはまだまだ先。ゲームとして相当に面白く、スター・ウォーズを題材にしたウォーゲームとしても非常に満足度の高いものになっている印象。ただし、なかなか重い思考と決断があり、テクニックの優劣やカード知識の多寡がプレイに大きく影響する。

でも、スター・ウォーズの宇宙で、慣れ親しんだキャラクターやメカたちを動かすだけで相当に楽しい。待ち望んでいたスター・ウォーズのゲームがついに出た、ような気がする。とにかく、またプレイしたい。
[PR]
by gameape | 2016-05-03 17:53 | Comments(0)