ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

I want that ship

X-Wing Miniatures & Armada

X-Wing Miniaturesのよいところは、いろいろなミニチュアが同じ縮尺で提供されていることだと思っている。なので、(まったくもって仕方のないことだとは思いますが)大型艦が異なる縮尺なのは残念。同じ縮尺で巨大なミニチュアが出たら、それはそれで収納できないので購入しないと思うけど。

X-Wing Miniaturesの「1/270」という縮尺は、実際のところどういうものなのか。実感してみたくなった。Web検索をすると、1/270のスター・デストロイヤーを作って楽しんでいる勇者は存在している。銀河系は広い。でも、自分でそれをやるのはちょっと厳しい。

「それは勇気じゃない。自殺だよ」。ソロ船長、さすがにそれは言いすぎです。

X-Wing Miniatures & Armada

ということで、Star Wars: Armadaのスター・デストロイヤーに合わせたサイズのミレニアム・ファルコンを作ってみることにした。作り方は簡単。X-Wing Miniaturesのミニチュアを真上と真下から撮影して、適当な大きさに縮小してプリントアウトして、切り抜くだけ。

X-Wing Miniatures & Armada

「帝国の逆襲」の例のショットを見ながら、スター・デストロイヤーにフジツボしているファルコンのサイズを推察。「だいたい直径2ミリくらい」ということにして、Photoshop Elementsで画像を縮小。2ミリでは小さすぎるぞ、という理力を感じたので少しだけ拡大してUSBメモリに保存。それをもって近所のファミリーマートに行き、写真プリント1枚30円。

X-Wing Miniatures & Armada

これをハサミでジョキジョキすれば完成。のはずだったが、この大きさのものを切るのは大変に難しい。特徴的な右斜め前に張り出したコクピットを識別するのも裸眼では無理。老眼とかそういうことを抜きにしても。理力を感じろ、と言われても、無理なものは無理。

X-Wing Miniatures & Armada

この辺でこの企画が失敗だと思った。同じことをもう一度やろうとは思わない。同じことをしようとする好事家さんがいるならば、背景を識別しやすい色にすることをお勧めする。やっぱりブルースクリーンがグッときそうな気はする。グリーンじゃなくてブルー。トラベリングマットを切り抜くブルース・ニコルソンの気持ちになれることうけあい(個人の感想です)。

X-Wing Miniatures & Armada

スケール感を知る、という目的は達成したので、最低限の勝利ではある。でも、「おー、映画とおんなじだ!!」という感動を呼ぶマジックは生じなかった。かなりのイマジネーションを駆使しないと、ゴマより少し大きいくらいの紙の切れ端を、ミレニアム・ファルコンに化けさせることは難しい。

X-Wing Miniatures & Armada

X-Wing Miniaturesのファルコンの円盤部分の直径はだいたい10センチ。超小型ファルコンが2ミリだとすると、Armadaのスター・デストロイヤーを50倍に拡大すればX-Wingに使えることになる。全体を再現すると全長1メートル以上になるので非現実的だけれど、例えば下面の凹んだ部分(レイアの船が捕まるところ)の拡大図をプレイマットにする、というあたりはそれなりに現実的なんじゃないかと思う。

X-Wing Miniatures & Armada
[PR]
by gameape | 2016-02-07 18:22 | Comments(0)
デイリーポータルZの「飲み会はもうチャットでよくないですか」に触発されて、参加者全員がパソコンを使ってチャットする「ウォーゲーマー呑み食べ会」をやってみた。本当は「チャットしながらウォーゲームを対面プレイ」をしてみたかったのだけれど、いろいろ大変そうなので、まずは対面でチャットすることをテスト。

コロコロ堂

会場は根津にある「コロコロ堂」さん。一度訪れてみたいと思っていたし、場合によってはゲームをお借りして「チャットしながらゲーム」を試せるし、という思惑。3時間もの間ゲームをせずにパソコンをいじるオジサン3人は、さぞかし気味悪かったと思います。他の来店者さんたちとお店のスタッフさんにお詫びします。

コロコロ堂

参加者はTwitterに「チャットでウォーゲーム会、興味ある」と書いた僕にリプライをくださったお2人。こじらせなんで、自分から誘うの苦手なの。すみません。4人用のテーブルはパソコン3個置いたらゲームの置き場がなくなってしまい、チャットしながらプレイする企画はいきなり暗礁に乗り上げた形。

3時間以上にわたる呑み食べ会は、僕にとっては非常に楽しい時間だった。思うところはいろいろあるものの、すんなりと文章にできなそうなので箇条書き。

・対面でチャットは「僕は」楽しい。でも、苦手な人もいると思う。向き不向き、かなりある。
・ログが残るのはうれしい。でも、読むのは結構大変。3時間で約700行。
・プレイしながらのチャットはPCを置く場所がない、プレイとチャットの両立が大変、など厳しい。
・ときどき、チャットをやめて堰を切ったようにしゃべるときがあった。しゃべるのは楽。
・チャットだから出てくる話題、意見、チャットならではの展開、などメリットは結構ある。
・短いポストよりも、それなりの長さの、実のあるポストが多い。
・しゃべりのやりとりよりはちゃんと頭に入る(読むし、自分でも書くし)
・人の話を聞くに相当する「人が書き込んでいるときに待つ」な態度が結構重要。
・4人くらいがちょうどよさそう。おそらくそれはチャットなしの呑み食べ会でも同じ。
・座談会をやる手段として適しているのではないか。

今回と同じような「チャットありの呑み食べ会」はまたやりたい。チャットありでウォーゲームをプレイすることについては意見保留。興味はあるけど、あまり現実的に思えない。チャットする人とウォーゲームをプレイする人がいる会、例えば実況する人とプレイする人、みたいな企画は興味はあるので、機会があれば何らかの形にしたい。

ともあれ、とても有意義な会を持つことができた。参加くださったお2人。コロコロ堂のスタッフさんや、気味の悪いパソコン集団3人を許してくださった他のお客様さんたちに、最大級の感謝を。

最後に、今日の話題をいつもの形式で。

NBSとTCSとCWB / ドクターペッパー最高 / ウォーゲーマーのライフはゼロよ / ご飯食べながらLINEはダメよ問題 / 心の中では「俺スゲー」 / 「最高峰」とか「決定版」認定の是非 / ユーザにベテランが多いので出版者が煽り宣伝できない / 感想戦の「戦」がまぎらわしい / ダイスを記録する / ミニチュアゲームは画像だけで何やってるかわかる / 動画って見ますか? / ゲーム会で声をかける、かけられること / ウォーゲーム観戦 / プレイ中に電池がなくなる、WiFiが切れる
[PR]
by gameape | 2016-02-06 22:30 | ウォーゲーマーと呑み食べ会 | Comments(0)

ヒーローインタビュー

そのゲームが終わった後、1位獲った人に、プレイングについて、いろいろ喋ってもらうタイミングはあってもいいかなと思います。ヒーローインタビューみたいな。何かがヒラメいたであろう人インタビューとして。
何かがヒラメいたであろう人インタビューはどうでしょう: Papas & Richards
Tumblrにもコメントしたとおり、勝者さんに積極的に話してもらうようにするアイディアは面白いと思う。勝ったときに自発的に勝った理由などを話すことを遠慮する人に、周囲が積極的にしゃべってもらう。インタビューする。会話をするのではなく、敗者さんや2番手以下さんたちが聞き手になる。

試みに、先にポストしたF-16のソロプレイの勝者さんである、北ベトナム軍プレイヤーへのインタビューをお送りします。

まずは一勝、おめでとうございます。
ありがとうございます。
全機無傷のまま2機退出の完封勝ち。お見事でした。
とにかく全力で突っ走りました。
では、まずは配置から伺いましょうか。中央線の左右にMiG-21とMiG-19を分けて配置してきましたね。21と19を互い違いにしたり、両者をもっと横に離したりすることはお考えになりましたか?
中央に寄せたのは左右から攻撃されにくくするためと、互いが支援できるようにです。21と19を左右に分けたのは特に意味はないです。どこに置いても敵はそれを見て好きなところに配置できますので。互いがあまり離れず、かつマップ中央を進むための配置です。
なるほど。で、その後は曲がりませんでしたね。
はい、そういう命令でしたので、信じて突っ走りました。うまくいったと思いますが、最初から最後までずっと降下してスピードを上げればよかったです。高度は十分にありましたので。
MiG-19だけは途中で曲がりましたね。
はい。直進するとスパローが当たりそうだったので旋回しました。
F-4との距離が最小射程未満になってスパローははずれ。その後はF-4が前に来ましたね。
驚きました。ああなるもんなんですね。F-4のパイロットも驚いてたんじゃないかと。
驚いてました。最後に、今回の勝因は何ですか。
F-4のパイロットが旋回場所を間違えたことだと思います。F-4が180度旋回した時点でMiG-21との距離が離れすぎていましたし、MiG-19に対しては近すぎたのでミサイルも当たらず、最終的には追い越してしまうことになりました。
とはいえ、より早く旋回するとMiG-21の前に出ちゃいますよね。
そうですね。難しいところだとは思います。いずれにせよ、敵のミスで勝ちをもらいました。
わかりました。第二戦もがんばってください。
ありがとうございます。応援よろしくお願いします。

以上、ソロプレイの勝者である筆者に、敗者である筆者が第三者の気持ちになってインタビューするという、ソロインタビュー。はたして、2人以上でプレイしたときに実際にインタビューをしてみたらどうなるのか。インタビューを対戦相手がするのか。第三者がインタビュアーをつとめるとしたら、その人はゲームをどの程度把握してことにあたるのか。

勝者インタビューの報告、どなたかぜひよろしくお願いします。YouTubeにポストするとモアベターかも!
[PR]
by gameape | 2016-02-02 21:36 | 考えごと | Comments(2)