ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ウォーゲームを自宅以外でプレイするときには、必要そうなものだけをまとめて持っていくことが多いです。準備する時間が全然なければ箱のまま持参するかもしれませんが、そういうことは滅多にありません。

近日、Gloryの1作目のChickamaugaをプレイすることになったので、必要なモノを持ち歩きやすい状態にまとめました。

Glory - Chickamauga - USA Glory - Chickamauga - CSA

まずコマの数の確認。カウンターシートのスキャンと照合するのが一番確実ですが、今回は手抜きをして自分が過去に撮影した両軍の記念撮影を使いました。

Glory - Chickamauga - USA Glory - Chickamauga - CSA

とりあえず数が合えばよしということで、コマを5個ずつ重ねて数えます。北軍が98個、南軍が100個。最初は数が合わなくて困惑しましたが、記念撮影にDismountedな騎兵が含まれていないことに気づき、この数を加えたところ問題は解消しました。

Glory - Markers

マーカーは使いそうなものだけをピックアップしました。大した数ではないのですべてのマーカーを持っていってもよいのですが、多少の不足があったとしてもユニットやリーダーとは違ってそれほど困らないので、以下のマーカーだけを持っていくことにします。

・Day と Turn
・Artillery Fired / Artillery Moved

ルールには「No Rally」と「Artillery Return Fired」というマーカーが出てきますが、拙宅にあるGlory IとIIにはありませんでした。持っていないGlory IIIに入っているかどうかをBoardGameGeekで確認できないでもないですが、大したことではないのでスルーします。

Glory

マップはChickamaugaのものだけを持ちます。他のゲームのマップも持参すれば話しのタネになったりするので悩ましいですが、そう考え始めるとキリがないので却下です。

Glory Iのルールは使いませんが、このルールはネット上に掲載されていないので万一に備えて持参します。シナリオブックはコピーしたものがあったのでオリジナルとあわせて2部持参。セットアップが書かれているのでプレイヤーの数だけあった方が便利です。図表はGlory IIのものの改訂版のプリントアウトがあったので持参します。

コマは北軍、南軍、マーカーの3つに小分け。セットアップと増援を分けておくとプレイがよりスムーズになりますが、それぞれ100コマ程度の数なのでその場で仕分けするのも楽しみのうち、ということで。

Glory

これらをA4のジップバッグに入れ、さらに無印良品のポリブロビレンケースに収めて準備完了です。一度ジップバッグに入れるのは雨対策。ダイスは青と灰色の10面体を各1個。Glory IIIのルールはiPadで参照しますが、バッテリー切れや故障に備えてUSBメモリでも持参してコンビニでプリントできるようにしておくとよいかもしれません。

当日はこれらの他に塩ビ板やダイスをふるための箱、ノートなどもう少し荷物が増えますが、大きくないバックパックひとつに収まるはずで、電車や飲食店で置き場に困らない荷物にできました(スムーズに呑み食いしに行けることを基準にパッキングしている訳ではない、はずです。。。)。
[PR]
by gameape | 2014-05-06 11:32 | Comments(0)