ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Sid Meier's Ace Patrol

e0120077_22131625.png
第1次大戦の空戦を1機単位で描くゲームです。iPadやiPhoneでプレイするコンピュータゲームですが、ヘクスマップ、ターン制、I Go You Go、と紙のコンポーネントの空戦ゲームをそのまま踏襲しています。

航空機の動かし方は、最近再販されたF-16によく似ています。先のターンにおこなった移動によって今のターンにできることが決まります。左旋回の直後はがんばっても直進に戻すだけで、右旋回できるのはその次のターンになったり、急降下の後は水平飛行に戻すのがやっとだったり、そんな感じです。
e0120077_02247100.png
航空機を動かす順番はゲームを通じてずっと同じです。高度や位置関係によって順番が入れ替わることはありません。射撃は各機の移動の直後で、全機が移動し終わってからではありません。

コンピュータ相手に1人でプレイすることも、対面なりネット越しなりで人間とプレイすることもできます。紙のウォーゲームとして考えるとかなり「軽い」ゲームだと思います。スムーズにプレイできれば、1回の空中戦は10分程度で終わるのではないでしょうか。

反射神経や操縦感覚の優劣が勝敗に影響することはありません。プレイヤーはじっくり考えて、60度単位で旋回し、3段階の高度を選び、ヘクス単位で航空機の位置を決断できます。いわゆる「アクションゲーム」ではありません。
e0120077_22125635.png
Ace Patrolの最大の特徴はユーザインタフェースです。プレイヤーは画面を上下左右にスクロールできるだけでなく、カメラの位置を上下左右に動かし、ズームすることができます。敵機や目標(気球や飛行船など)との位置関係や高度差、各機の姿勢などを瞬時に、きわめて直感的に把握することができます。

こういう空戦ゲームをずっと待ってました。待ちきれなくて自分でCADソフトを使ってみたりもしてましたが、ついにこういう製品に触れる日がきました。大満足です。空戦に限らず、宇宙船や潜水艦など高度や深度やZ軸が出てくる3Dのゲームはこういう形態をぜひご検討いただきたく思います。F-16とか、Maydayとか、StarForceとか。。。
[PR]
by gameape | 2014-02-26 00:29 | Comments(0)
e0120077_1615190.jpg
ソロプレイのダイスは大概コンピュータで済ませています。音を出さずにふれるし、テーブルから落ちないし、出したり片付けたりしなくてよいし、よいことずくめです。普通の(三次元の?)ダイスに比べると出目の偏りがあるのかもしれませんが、僕はそういう要素には余り興味がありません。何となく乱数っぽくなってればOKです。

少し前まではPCを起動しておいて、VASSALのダイスを使うことが多かったのですが、最近はiPod TouchやiPadなどの携帯デバイスを使っています。PCはメモをとったり、Webを見たり、ルールや図表のPDFなどを見たり(いずれもプレイ中に、です)するのに使います。

iOS用のダイスローラーは有料、無料ともに色々出ているようですが、先日から使い始めた「Mach Dice」(画像左)がお気に入りです。それまでは「Make Dice Lite」(画像右)と「Star Wars Dice」(画像中央)を使っていたのですが、Mach Diceは以下の要件を両方ともクリアしているところが素敵です。

・色違いのダイスを1回でふれること
・ダイスをふってから止まるまでの時間が長すぎないこと

六面体ダイスを両プレイヤーが1個ずつふるような局面は、色違いのダイスを一度にふると便利です。1個を2回ふって済ませることもできますが、1回目の出目を忘れてしまったり、ダイスふりの時間が増大したりしてよろしくありません。

Make Dice Liteは複数の異なる色の六面体ダイスを一度にふれるものの、ダイスが止まるまでの時間が結構長いです。Star Wars Diceは使える六面体ダイスが白だけなので、六面体と十二面体をまとめてふって十二面体の出目を読み替える、といった工夫が必要です。この読み替えは結構面倒なのですが、ダイスを止まるまでの時間が長いよりはよいという判断で、Star Wars Diceを使っていた僕はどんだけセッカチなのかと。。。
e0120077_15553116.gif
計ってみたところ、3つのダイスローラーの「止まるまで時間」の差は1秒程度でした。1時間に20回ダイスをふるとしても30秒程度の差が出るだけなのに、Mach Diceを使ったときのスッキリ感(またはMake Dice Liteを使ったときのモヤモヤ)は、ソロプレイ意欲に少なからず影響します。

ダイスが転がるアニメーションがなければ「止まるまでの時間」を短縮できますが、そういう仕様のダイスローラーを使ったところ「前回と同じ目が出たのか、ダイスがふられていないのかがわからない」という問題に当たってしまい、なかなかうまくいかないもんだと思いました。

この辺が解消されたアプリ(ダイスをふると背景色が変わるとか)を見つけたら、乗換えを検討するかもしれません。がんばって探すほどではないので、いい出会いがあることをユルリと願うくらいではありますが。
[PR]
by gameape | 2014-02-15 16:25 | Comments(0)