ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Across Five Aprils

ウォーゲームのコマをトレイにしまうことはあまりなくなりました。理由はカサが増して収納場所に困るからです。よほど頻繁にプレイするゲームでない限り、コマは軍ごとに分けてザラザラっとジップバッグに流し込むだけです。コマの仕分けは次にプレイするときにやればいいかな、と。

ただし「このゲームは近いうちにまたプレイするな」「そのときにコマを分類するのが面倒だな」というときはトレイに収納します。このたび拙宅で、「Across Five Aprils」のGettysburgがそういうポジションに相成りました。

Across Five Aprils

このゲーム、開始時にマップ上に配置されるユニットは3個で、残りのユニットたちは毎ターン徐々に来援することになっています。それゆえ、登場ターンごとに分けてトレイに収納しておくとプレイが楽です。

ゲームに付属しているトレーのコンパートメント数は16。ユニットを北軍と南軍に分け、さらにターンごとに分類し、とやってしまうと16ではおさまらないグループに分かれてしまいます。

Across Five Aprils

ここでグループの数をどう16におさめていくかが好みの分かれるところかもしれません。ターントラックの上にコマを並べてiPadで撮影して分類を考えます。今回僕は次のように考えて分けました。
  • 異なるターンに登場するユニットを軍ごとにまとめるよりは、同じターンに登場する両軍のユニットをまとめる方が、見た目が全然違うので判別が容易
  • ゲームを後半までプレイしないことも多いので、まとめるなら後半に登場するユニット
  • マーカー類はトレイを節約するためジップバッグに
  • Gettysburg以外のゲームのコマはゲームごとにジップバッグに(コマ数の多いShilohだけは北軍と南軍で別の袋に)
Across Five Aprils

こんな面倒なことをせず、フィーリングで収納してしまえばよいことが多いのでしょうけれど、「ベストなトレイ収納」みたいな情報があったらそれはそれで便利なのかもと思い、ブログ記事にしてみました。
[PR]
by gameape | 2013-07-20 11:50 | Comments(0)
CWB 3.0 vs 3.2

MMPのサイトからリンクされているThe Gamersのページでは、随分前からCWBのシリーズルール3.2が公開されているのですが、CWBシリーズの新作はこのところご無沙汰で(Strikes Them a Blowが出たのは2006年!)、ゲームについている最新のルールは依然として3.0のままです。

3.0と3.2とでどこが違うのかをまとめた情報がないものかと、ConsimWorldのフォーラムをざっと検索してみたのですが見つかりませんでしたので、自分で調べてみることにしました。以下、その結果です。

「6.5 射撃レベル」から1文削除

6.5aから「An AAA unit would have one AA marker and one A marker under it.」が消えていますが、おそらくこれは元々誤って書かれていた文を削除しただけだと思います。CWB 3.0も3.2も、射撃レベルがA以上のユニットには射撃レベルマーカーを置かないというルールで変わりありません。

命令に「Force」がなくなった

命令を出す際のメソッド(口頭、筆記、対面の方法から選ぶ)とタイプ(単純と複雑)はそのままで、Force(口調?)が削除されました。

10.0aの「ノート」の一部を削除

軍司令官と軍団長がスタックしている場合に限り、その時点で命令を渡すことができる、という例外記述が削除されました。元々、対面で命令を受け取った軍団長も軍団HQに戻らない限り命令を実行できなかったので、プレイには影響のない変更だと思います。

軍HQのオーバーランを追加

軍団HQと軍HQそれぞれのオーバーランについて10.0cに記載されるようになりました。HQのオーバーランに関するルールは軍団HQにそのまま適用され、軍HQに関して以下の記述が追加されました。
When the Army HQ is overrun, it is flipped to its 'Move' side and placed with any friendly unit. Displacing the Army HQ does NOT cause the entire army to retreat.
(軍HQがオーバーランされた場合、「移動」の面に裏返していずれかの友軍ユニットと同じヘクスに配置する。軍HQの再配置は全軍の退却は引き起こさない)
また、3.0の10.0cにあった以下の記述は削除されました。
Army HQs are not constrained by orders and may move freely. Orders are sent by aide from army commander to corps HQ; use that distance to calculate delivery time.
(軍HQは命令に縛られず自由に移動できる。副官による命令は軍司令官から軍団HQに送られ、伝達時間の計算にはこれらの間の距離を用いる)
森ヘクスの定義

新しいスタイル(木のアイコンを使用)のマップでは木のアイコンが2個以上あるヘクスが、古いゲームでは森の模様が50%以上を占めるヘクスが森ヘクスである、という記述が19.0の終盤に追加されています。

火力分割の禁止

ユニットの火力を複数の射撃に分割して利用することを認める 20.3e が削除されました。この影響で20.3fと20.3gがひとつづつ繰り上がっています。

近接戦闘に注記追加

「23.0 近接戦闘」に以下の記述が追加されています。
Note that when determining unit strength for the Close Combat Odds Table, Low Ammo, DG Morale, and Formation have no effect on unit strength. Do not roll on the Odds Table when the defending units are Routed; instead, the defending Routed units automatically Rout (Back 2 and Straggle 3) and then make an additional morale check.
(近接戦闘比表で使うユニットの戦力を決定する際、弾薬不足、モラルがDGであること、及び隊形はユニットの戦力に影響しない。防御側ユニットが敗走状態にある場合は戦闘力比表でダイスをふらず、防御側の敗走状態のユニットは自動的に敗走(2ヘクス後退して落伍兵3ポイント)し、追加のモラルチェックをおこなう)
図表の変更

ざっと目視して調べただけですが、おそらく以下の図表が変わっています。

・Command Point Table(コマンドポイントが減ってます)
・Order Cost Chart(口頭(Oral)のコストが増えてます)
・Corps Attack Stoppage Table(幾分、停止する可能性が減った?)

違いは以上です。これで3.0しか読んでいない人とも気兼ねなくプレイできる。ひゃっはー!

恐れていた以上に差分が少なくて安心しました。3.0しか読んでいないプレイヤーと3.2しか読んでいないプレイヤーで対戦するときには、命令にForceを使うかどうかと、どちらの版の図表を使うかを申し合わせれば大きな問題は出ないと思います(軍HQがオーバーランされる事態はそうそう起きないと思いますが、起きたときの影響は非常に大きいので、軍HQルールも示し合わせた方が無難かもしれません)。
[PR]
by gameape | 2013-07-14 18:27 | Comments(1)

ノルウェイ!対戦

ノルウェイ!

インメルマンのゲーム会で「ノルウェイ!」を2回対戦してきました。

このゲーム、僕はゴールデンウィークにルールを口頭で説明していただいて2回プレイしただけ、かつ、ルールブックを1回通読しただけという状態。相手プレイヤーさんはルールをまったく知らないという状態でした。

僕はルールをインストしたり、インストされたりするのが苦手なので、相手プレイヤーさんに「ルールは2ページなので自分で読んでもらえますか?」とお願いしたところ快諾いただき、その間に僕自身もルールを読み返したり、コマを整理したりという感じでゲームを始めました。

1回目のプレイはドイツ軍(相手プレイヤーさん)が上陸ポイントに進入したスタックは動けなくなるというルール(9.7の(6))を見逃していたため、強力なドイツ軍スタックを作って次々と上陸ポイントを攻略していこうという戦略が成り立たず連合軍の勝利となりました。

2回目のプレイはグナイゼナウが撃沈されてしまい、その後になって、その失点はノルウェイのすべての港を占領しない限り挽回できないということに(だったら、防御側だったドイツ軍は最初のラウンドで戦闘回避すればよかったのだ、とも)気づいた、という展開で連合軍の勝利となりました。

ノルウェイ!

ルールとしてはその場で読んでプレイを開始できる程度に簡単ですが、プレイに先立つプランニングが(特にドイツ軍は)非常に難しいということと、VPの得失点の感覚をつかむのがなかなか大変、という印象を持ちました。

一方で「早い話、ノルウェイ侵攻にはこういう決断があったんです」という、ウォーゲームとしての切り取り方の妙のようなものを強く感させてくれる、すばらしいゲームなんだとも思います。

同じくらいの経験値の相手プレイヤーをうまく探して、こってりと繰り返しプレイしたいです。また、スマートホンでプレイするのに大変適したゲームなんじゃないでしょうか。そういう環境が整備されることをユルりと期待します。

また、今回のプレイにおける「口頭でのルール説明ではなく、自分でルールを読んでもらってプレイ」という手法は大変気持ちのよいものでした。協力くださった相手プレイヤーさんには深く感謝します。

両プレイヤーともルールを完全に把握はしていないものの、必要に応じて自分でルールブックを読み返しながらプレイし、互いが相手のプレイを緩やかにチェックするというスタイルは、人によって、またはゲームによって向き不向きがあるのでしょうけれど、少なくとも僕が今回「ノルウェイ!」をプレイした事例においては最良の方法だったと思います。
[PR]
by gameape | 2013-07-14 12:17 | Comments(0)
はてなブックマークを使った「ゲーム猿のブックマーク」と、Twitterのアカウント「@gameape」の「お気に入り」の更新を終了しました。
(「お気に入り」を見るにはTwitterにログインする必要があります)

前者はウォーゲームについて書かれたWebページを見たら、とにかくブックマークしてリスト化していくものです。後者はTwitterでウォーゲームに関するTweetを見つけたら、これまたひたすら「お気に入り」にしていくものです。

どちらも、僕が見たウォーゲームに関するWebページやTweetをひたすら垂れ流していくことを楽しむためのものであり、もしかしたら「ウォーゲームに関するWebページやTweetをひたすら見たい」と思う方の役に立ったかもしれないものです。

ときおり「使ってますよ」「見てますよ」と言ってくださる方がいらっしゃって、とても嬉しい気持ちになりました。思い出してもやっぱり嬉しいです。どうもありがとうございます。何度でもお礼を言います。ありがとうございます。

ブックマークとお気に入りを終了することになったのは、Googleリーダーが終了して、別のRSSリーダーに引っ越すのが億劫に思えたからです。大した理由ではないと自分でも思います。RSSリーダーの引越しはそれほど面倒ではないんでしょうし、RSSリーダーを使わなくなったからといってブックマークは続けられなくもありません。Twitterのお気に入りにいたってはGoogleリーダーとは何の関係もありません。

ブックマークやお気に入りを更新していく作業を億劫に思うことが増えた、というだけのことかもしれません。ちょっとした気分転換です。

健康上の理由だとか、何かに怒っているとか、オレの熱い思いをアピールしたいとか、イヤなことがあったとか、そういった事情は一切ありません。Twitterは変わらず@gameapeのアカウントで続けます。Tumblrも続けます。A Home of Game Apesも(少し内容を変えなければなりませんが)続けます。今年の猿遊会は11月16日と17日です。これからもどうかよろしくお願いします。

最後に、もしも「ブックマーク」みたいなこと、「お気に入り」みたいなこと、やってみたいと思う人がいたら、ぜひやってみてください。簡単にできるわりには、いいことが結構ありますよ(アフィリエイト方面を期待すると失望するかもしれませんが)。ちゃっかりと、ありがたく使わせていただく所存です。
[PR]
by gameape | 2013-07-04 00:02 | Comments(8)