ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

東国争乱

「東国争乱」の5人シナリオを今川義元でプレイしました。ルールは口頭で説明を受けただけで、このゲームのプレイはこの1回だけという状態ですが、今川プレイヤーとしての感想を書いてみました。

歩兵だけでも大丈夫、かも

今川義元は騎兵や銃兵の編成に必要な石高のエリアの獲得が困難でした。「騎兵で攻められたら必敗だなぁ」とハラハラしつつ、歩兵だけを編成してプレイしました。周囲からは戦う価値のない大名と思ってもらえたのか、最後まで生き延びることができました(今回のプレイは三期目の中盤に時間切れで途中終了しました)。

プレイしていくにつれ、歩兵だけの軍隊でも何とかなるのではという印象を持ちました。騎兵を含んでいても少数の敵なら負かすことができます。騎兵2個を歩兵5個で攻めれば勝てる、といったようにです。敵の戦力を合戦の直前に調略することもできるので、領土拡大で手薄なエリアができた大名をチクチクと襲撃していくのが、今川の生きる道なのかもと思います。

「調略」と「海道一の弓取り」

特殊能力は「調略」と「海道一の弓取り」が役立ちました。「蹴鞠」は銃兵を編成する際に活用するのでしょうけれど、歩兵だけでプレイした今回は出番なしでした。

調略は前述した合戦直前の活用に加え、ユニット1個で守られているエリアを中立化したり、他の大名を援助するために使えます。エリアの中立化は、国力を削ぐばかりでなく、再占領に多数のユニットを投入する必要を生じさせる点でも効果的です。

海道一の弓取りは自分の領土を広げるときにも役立ちますが、大事なエリアは中立にしておき、必要なときにコストなしに再占領できるという点でも有用です。石高の高いエリアは少数のユニット(しかも歩兵だけ)で守るよりも中立にしておいた方が固いです。また、石高の高いエリアをユニット1個で占領して他の大名に献上する「露払い」にも使えます。

2位狙い戦略

弱点を調略して襲撃し、中立化で足を引っ張り、調略と露払いで他の大名に媚びる。天下を取る手段としてはあまりに貧弱ですので、特定の大名にお遣えして2位を狙う戦略を採りました。今回のゲームでは上杉が織田領に攻め込もうとしていましたので、織田への援助を申し出てご褒美に尾張をもらう約束をとりつけました。

後で気づいたのですが織田は今川より手番が後なので、最終ターンに今川を攻めることができます。それゆえ終盤に織田を攻めてちゃっかり天下を採る(下克上、でしょうか)ことはかなり難しいと思います。3位以下になるよりは2位の方がよいと考えて、最初から天下を眼中に置かないのも悪くないように思いますが、人によってはそういうプレイを快く思わないかもなのでちょっと不安が残ります。

これでよいのか

歩兵だけの軍隊、弱点を選んで合戦、強力な調略、中立化、露払い、2位狙い。今川義元のプロファイリングとしてこのようなキーワードたちは果たしていかがなものなのでしょう。「2位狙い」は日本史の授業で習った「摂関政治」のことだったりするのでしょうか。歴史を調べずにかなり適当なことを書いてます。すみません。

東国争乱

人物や戦史を掘り下げていけばいろいろと見えるものがあるのでしょうけれど、今のところは今回の印象をやんわりとアタマの中において、何となく分かった気になるだけにしておきます。5人全員がゲームをきっちり理解してプレイすると、このゲームは全然別の表情を見せるのでしょう。それを実現する情熱は今の僕にはありませんが(汗)。

特定のゲームをプレイしないのは、そのゲームが面白くないからではなくて、他にプレイしたいゲームがたくさんありすぎるからなのです(面白くないからプレイしないゲームもありますけど。。。)。
[PR]
by gameape | 2013-01-19 13:02 | Comments(2)

紙のウォーゲーム換算

Bulge: SPI vs Shenandoah

iPadバルジのマップが「紙のウォーゲーム換算」でどのくらいの大きさなのかを調べてみました。

iPadの上に紙のコマを置いてみたところ、iPadバルジを2倍強に拡大するとコマの大きさが同じになりました。iPadの画面の大きさは197mm×148mm。だいたいA5(210mm×148mm)と同じです。この2倍強ですからiPadバルジのマップは紙のウォーゲーム換算するとだいたいA3サイズ(ハーフマップの半分)であると考えられます。

iPadバルジを紙のマップ相当の大きさのままでプレイする環境は、iPadを縦横2枚づつ並べれば実現できることになります。試みにSPIバルジのマップ(A3相当)の隣にiPadを4枚並べた様子を捏造してみました。

Bulge: SPI vs Shenandoah

目いっぱいにズームアウトした状態でスクロールせずにマップ全体を見ることができ、その状態のままプレイ可能なユーザインタフェースであることが、iPadバルジの大きな特徴なのだと僕は思っています。

しかし、この特徴を生かせるのは紙のウォーゲーム換算でA3以下のマップだけで、より大きなマップでは全体を表示できるところまでズームアウトすると細かすぎて見えなかったり、操作できなかったりするのかもしれません。より広いマップのゲームはiPadバルジとは異なるインタフェースだったり、現在のiPadとは異なるプラットフォームだったりが必要、と。。。

Shenandoah Studioの次回作「El Alamein」はおそらくiPadバルジと同じ手法のゲームになるのだと思います。これはこれで楽しみですが、その先に出てくるものがどんな手法を採用していくのかも、ユルっと楽しみにしています(Eric Lee Smithの南北戦争ものとか。。。)。
[PR]
by gameape | 2013-01-14 15:42 | 電源必須系 | Comments(3)
Shenandoah: Jackson's Valley Campaign (Columbia Games)

Shenandoah: Jackson's Valley Campaign

2012年に最もプレイしたゲームです。量に勝る北軍を南軍が質と機動で翻弄する展開を期待したものの、割とガッチリと殴り合う展開になってしまうゲームである、というのが仮の結論。もう少し踏み込んで、より深い世界があるのかどうか覗いてみたい気もしますが、積極的に対戦を段取るほどではありません(据え膳があるならありがたくいただきます)。

「量の北軍 vs 質と機動の南軍」を楽しみたいのであれば「Bobby Lee」があるものの、「Shenandoah」の手軽さも捨てがたい魅力です。Columbiaさんには、類似の南北戦争戦役ブロックゲーを続投していただきたいです。

日本海海戦 (学研)

日本海海戦

歴史群像にウォーゲームが付いたことは、少なくともウォーゲーマーにとっては大きなトピックだったと思います(僕はとても驚きました)。歴史群像の読者さんに向けて興味深くチューニングされたウォーゲームであるところが、「日本海海戦」の面白がりポイントであるように思います(褒めてます)。

「丁字戦法」というのが艦隊をアルファベットの「T」の字型に並べることだと思っていた僕は、このゲームを通じて日本海海戦について多くのことを知ることができました。ウォーゲームは歴史教材としても、歴史に興味を持つきっかけとしても、大きな可能性を持っていることを再認識させてくれた嬉しい一作です。

X-Wing Miniatures Game (Fantasy Flight Games)

Star Wars Miniatures X-Wing

スター・「ウォー」ズですからウォーゲームです。「A Long Time Ago」ですからヒストリカルゲームです。というのは冗談で、このゲームをヒストリカルウォーゲームだとは思ってませんが、歴史ゲームや空戦ゲームに関する思考のオカズとしてとても面白い存在だと思っています。

非常によくできたミニチュアを見ることはとても楽しくもあり、すべての宇宙船が同じ高さで、かつテーブルに水平に置かれる様子に軽い違和感を感じたりもしつつ、劇中のセリフをそらんじながらプレイするのは至福の時間です。ミレニアム・ファルコンの発売が待ち遠しいです。

On to Richmond! (Avalon Hill)

On to Richmond!

ようやく「Seven Days」シナリオをプレイしました。対戦相手さんに申し訳ないほどひどい負け方をしましたが、シナリオの魅力を確認することはできました。「1日でプレイできるシナリオ」としても、「有名な決戦全体をプレイできるシナリオ」としても、GCACWシリーズのシナリオ選びにおいて有力な候補がひとつ増えました。

入手の難しいゲームをほめるのは気が引けますが、「On to Richmond!」に惚れなおしました。GCACWシリーズに限らず、ウォーゲームをどれかひとつ選びなさいと言われたら、このゲームを選ぶ気持ちがさらに強くなったのでありました。

Battle of the Bulge (Shenandoah Studio)

Battle of the Bulge

「紙のウォーゲームをそのまま携帯デバイスで」、「スクロールせずにマップ全体を見られる」というコンセプトが面白く、なおかつそれをうまく活かした作りのゲームになっていると思います。紙のウォーゲームとして提供されれば目新しさのない平凡なゲームなのに、タブレット端末でプレイすると魔法がかかる感じです。

これまでになかった種類の面白さのゲームです。類似のゲームが今後出てくるのがとても楽しみです(まずはMark Hermanの「El Alamein」だ!)。また、「紙じゃないウォーゲーム」や「紙だけじゃなくて電気も使うウォーゲーム」への期待もさらに大きくなりました。
[PR]
by gameape | 2013-01-12 01:26 | Comments(0)
昨年11月に鹿児島に遊びに行きました。特に下調べもせず、とりあえずは桜島が見られればいいかな、くらいのいい加減な気持ちで出かけて、現地で目に付いた有名そうなところを少しだけ観光しました。そのひとつが城山です。

城山から桜島

鹿児島中央駅から、近隣の観光地を巡回する乗合バスが出ています。大久保利通やフランシスコ・ザビエル、西郷隆盛の像を見ながらしばらく走ると、城山という高台に上がることができます(歩いて登らないでよい!)。ここから見る桜島は非常にきれいです。観光客が非常に多くてちょっと煩わしいですが、僕もその観光客の1人ですのでぐっと我慢しつつ、バスガイドさんと思しき女性の解説をちゃっかり聞かせていただきました。

城山は西南戦争で薩摩軍が包囲されて敗北した戦場なのだそうです。周囲を見下ろせる良好な防御陣地になりそうな場所なので、それでも守り切れなかった攻撃はさぞ壮絶だったのだろうと想像しました。かつて防御戦がおこなわれた高台に緑の生い茂っている様子から、僕はフレデリクスバーグにあるリーズ・ヒルを連想しました。

Lee's Hill (Teregraph Hill)

1862年におこなわれたフレデリクスバーグの戦いでは、リーズ・ヒル(当時は「テレグラフ・ヒル」だったらしい)で守る南軍が北軍を撃退しました。その15年後の1877年に、いろいろと事情が違う点もあるのでしょうけれど、よく似た要素も少なくなかったであろう西南戦争で、薩摩軍はここを守って壊滅した、と。

そんなことを考えるうちに、西南戦争のウォーゲームをプレイしてみたくなりました。城山が出てくるような規模のゲームがあるならぜひ見てみたいですが、まずはゲームを通じて西南戦争全体をわかった気になれるものがよいです。秋のゲームマーケットでちょうど値引き販売されている「最後のサムライ」を見つけました。ラッキー!

ゲームマーケット2012秋

コマは兵士のシルエットが描かれたものと、アイコンが描かれたものの両方が用意されており、どちらか一方だけを切ればプレイできそうです。切るコマが少ないのは助かります。また、カードを切るのは苦手だなぁと心配していたのですが(カッターでカードをキズモノにしてしまうことがしばしばある)、このゲームは手でカードを引っ張るだけできれいに切り取れました。すばらしい!

ルールブックは8ページあるものの、プレイに必要なのは実質5ページほどです。一部、ちょっと飲みこみにくい記述もありましたが、ルール自体は多くなく、比較的短時間でおおよそ把握できました。ソロプレイをユルユルと進めてみるつもりです。

最後のサムライ
[PR]
by gameape | 2013-01-07 23:27 | Comments(0)

気になる「iPadバルジ」

Battle of the Bulge (on iPad)

昨年12月にリリースされたShenandoah Studioの「Battle of the Bulge」は、いわゆるバルジの戦いのウォーゲームをiPadでプレイできるようにしたアプリケーションです。コンピュータと対戦することも、人と対面でプレイすることも、ネット越しに人とプレイすることもできます(いわゆるリアルタイム対戦はできないようです)。

バルジの戦いのゲームとしては非常にオーソドックスというか「どこかで見たことがあるような」内容です。SPIの「Bulge」(HJの「ベーシック3」の1作でもあります)をデベロップしたEric Lee SmithとNick Karpが制作にかかわっているので、「Bulge」の影響を強く受けている可能性は強いと思います(とは言え、僕が「Bulge」の最大の特徴だと思っている勝利条件については大きく違います)。

対戦相手としてのコンピュータは結構強く(個人の感想です)、入手から半月くらい経つまで僕は結構負けていました。このままコンピュータとだけ対戦して負け続ける人生だったらどうしようと焦るくらいには強いんです、これが(個人の感想です、2回言いました)。

なお、iPadバルジの良さは人と対面でプレイするときに現れるのではないかと思っています。紙のウォーゲームをプレイするためのゲーム会で「ねぇ、これやりませんか?」とお誘いすることがあるかとは思いますが、好き嫌いのある物件だとは思いますのでイヤだなと思ったら遠慮なく断ってください。。。(汗)。
[PR]
by gameape | 2013-01-05 19:03 | 電源必須系 | Comments(2)