ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Not War But War - PBEM

Vassalのログファイルを電子メールで送って進めるPBEMです。プレイ開始から終了まで125日を要しました。僕は南軍担当です。

Not War But Murder - Setupセットアップは指定されているので常に同じです。今回は(も?)基本ルールのみでのプレイです。


Not War But Murder - Turn 1第1ターン、SheridanとBurnsideがHanover Court House周辺に前進し、南軍は騎兵とBreckinridgeでそれに対応します。


Not War But Murder - Turn 2第2ターン、北軍がHanover Junction周辺から兵力を引き抜く気配を見せないため、南軍も踏みとどまっていたのですが、ターン終了間際にWrightが橋を使わずにLittle Riverを渡ってSouth Annaに進んできました。


Not War But Murder - Turn 3第3ターン、EarlyがHanover Junctionで包囲されてしまいます。非常にまずい状況になりました。


Not War But Murder - Turn 4第4ターン、Earlyの1個軍団が丸ごと壊滅、両軍の兵力のバランスが大きく北軍側に傾くことになりました。南軍はHanover Court HouseやSouth Anna Riverで守る余裕もなくなってしまいます。


Not War But Murder - Turn 5第5ターン、北軍の増援がOld Churchから登場して戦線が延びるのを防ぎつつ、ポトマック軍のRichmond到達を少しでも遅らせようと努力しつつ、早く日が暮れる(北軍の日没DRが少ない目になる)よう願うばかり。。。


Not War But Murder - Turn 6第6ターン、Longstreetが北軍の主力の前進を遅らせる間に、HillとHamptonがBurnsideかSheridanを急襲して少しでもVPを奪回できないか試みてみましたが、Leeが体調を崩してしまっているのが痛いのなんの。。。


Not War But Murder - Turn 7第7ターン、南軍に残された手段は北軍の連絡線を遮断してエリアによるVPを無効化し、なおかつ反撃でVPを奪回することのみでした。騎兵1個旅団をSouth Anna Riverの北へと進めます。連絡線を遮断できなくても、Sheridanの1個軍団を北に引っ張ってくれれば、もしかすると北軍にスキができるかもしれません。


Not War But Murder - Turn 8第8ターン、連絡線を切りに行った南軍騎兵はSheridanに壊滅させられましたが、北軍の北への連絡線を遮断することには成功します。続いてHillとHamptonがSmithとBurnsideを攻撃、北軍の4ユニットを壊滅させることに成功します。

しかし、この時点で南軍は力尽きてしまい、Ashlandを通って南下してきていた北軍歩兵が進路を東に変え、Richmond周辺のVPとOld Churchへの連絡線を制圧するのを止めることができず、そのまま日没を迎えて北軍が勝利しました。


南軍にとって非常に厳しいゲームでした。さすがに中盤で1個軍団が丸ごと壊滅してしまうと、どうにもならなくなってしまいます。このゲームは戦闘結果の触れ幅が大きい上に、さぁ、これから退却するぞというタイミングで日が暮れてしまうとそのまま包囲されてしまう可能性もありますので、慎重にプレイしないとなぁ、と反省しております。。。
[PR]
by gameape | 2011-08-21 18:18 | Comments(0)

2011年5月~7月

PBEM:
・Not War But Murder
・Battle Above the Clouds - McLemore's Cove
・Lee vs Grant

対面でプレイ:
・日露大戦
・ドイツ装甲軍団・スモレンスク

入手:
・ウォーゲームハンドブック2011

対面でプレイする機会があまりありませんでした。週末に別の用事があってゲーム会に足を運べなかったり、そもそもゲーム会等に向けて対戦の調整をする勢いがなかったり、といった感じです。

PBEMは相変わらずのタイトルが並走している状態ですが、この他にも6月初旬から「Stonewall Jackson's Way 2」のテストプレイに参加しています。オンライン対戦とPBEMのどちらでも参加できるのですが、合衆国やヨーロッパ在住の方と対戦時間を合わせることが難しく、現在はPBEMとソロプレイのみをしています。

昨年から続いていたBattle Above the CloudsのPBEMトーナメントは予選ラウンドが終了しました。僕は4戦2勝で決勝ラウンドには進めませんでしたが、とても楽しくプレイすることができました。次回があるならば、またぜひ参加していと思います。

ウォーゲームハンドブックは「野獣げぇまぁ」が読みたくて買いましたが、日露大戦は「当面はどこに行ってもプレイできる旬のゲーム」として役立ちそうですし、「ゲーマー妻のユウウツ」はコメントも含めてて前号同様楽しませていただきました。これを「ハンドブック」と称することへの若干の違和感はあるのですが、とても質の高い製品であることは間違いなく、出版に携わった皆さまには最大級の敬意を送ります。
[PR]
by gameape | 2011-08-16 21:33 | Comments(0)