ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヘクスについて

ゲーム猿ノート:へクス

「日露大戦」のルールを読んでいて気になったことのひとつが、「ヘクスサイド」という単語を特に説明することなく使っていたことでした。ルール2.2に「6角形のマス目を「ヘクス」と呼び」という記述がありますが、そのヘクスの「辺」を「ヘクスサイド」と呼ぶことや、ヘクスではなくヘクスサイドに地形が割り当てられる場合があることは説明されていないように思います(たぶん。。。)。

別にそのことについて糾弾しようというつもりはありませんでして、それじゃ自分が「ヘクスについて知っている2、3のことがら」を書き出してみようとやってみたのが冒頭の画像です。使ったツールはiPadの「Muji Notebook」。このところこのアプリにぞっこんで、スキあらば使おうという感じなのであります。

「hex」を「ヘクス」と呼ぶか「ヘックス」と呼ぶかについては、正直なところ「どうでもいい」と思うものの、そう言いつつ「ヘクス」と表記かつ発音しています。英語で話すときも「ヘ」にアクセントをおくものの「ヘック」とリキむほどではない、という感じ。

「mix」は「ミックス」と発音するものの「ハウスクリームシチュー」は「ミクス」であって「ミックス」ではないとか、「mixer」は「ミキサー」とすべきで「ミックサ」と書いても何だか分からないよなとか、「サクス」でも「セクス」でも「タクス」でも「パクスロマーナ」でもないよなぁ、とか(あ、でも「サックソフォーン」とは言わないかも)。まぁ、こんなことはどうでもいいですね。

「ハウスクリームシチューミクス」は日本が世界に誇る美味!
(画像をクリックすると公式サイトを表示します)

ヘクスサイド地形に初めて出会ったのは「Fortress Europa」だったと思います。川をヘクスサイド地形にするという手法に感心したものの、程なくしてマストアタックとの相性がイマイチだなと気づいたように記憶しています。

ヘクスサイドとヘクスサイドの交点を指すとおりのよい呼び名は思い浮かびませんでした。「vertex」という単語をSPIのルールで見たような気がして、とりあえず手元にあったGBACWのルールをチラ見したものの該当なし。もしかするとAir Warにあるかもしれません。ASK Starter Kitを見たら「hexspine」という単語がそれっぽい位置づけでした。英辞郎によると「spine」には「尾根」とか「書物の背」という意味があるそうです。

ヘクスの数で距離を数える方法(基点は数えず、終点は数える)は、割と経験者向けのルールであっても明記していることが少なくないので、ビギナーを想定したルールには書いておいた方がいいのかもと思います。僕もその昔は結構悩んだ記憶がありますが「隣のヘクスまでの距離は1ヘクス」と考えるようになってから迷わなくなりました。

似たような案件に「増援をヘクス1101からヘクス1110の間に配置する」といった説明を見て、1101とか1110に配置してよいのかどうか迷う、というのもあります。英語では「inclusive」と書くだけで済ませられるのは潔いなと思いますが、果たして英語を使う人たちの多くがそれで意図を正しく理解するのかどうかは知りません。

「クモ男」の他にも六角形が印象的な物件として「プロゴルファー猿」の「蜂の巣カントリークラブ」(「紅蜂」は子供心にドキっとするキャラクターでした)とか、シモンズドラム(CCBはあんまり見なかったので印象に残ってませんが。。。)とかがあります。「ガメラ対バイラス」の宇宙船の中にも六角模様の壁があったかもしれません。

私事ではありますが、六角形にちなんでウォーゲーム関連のWebサイトに「ハニカム」というタイトルをつけようとしたものの、どうにもかわいらしすぎて思いとどまったことがあります。
[PR]
by gameape | 2011-07-31 14:59 | 考えごと | Comments(8)
のんびりとお昼過ぎに会場を訪れたところ、マップは1枚も広がっていない状況でした(カードゲームは広がっていた、とかではなく、本当に1ゲームもプレイされていない状態)。

Popular Front

参加者4人そろってプレイできるということで、まずは「Popular Front」を教わってプレイ。スペイン内戦を題材にした「ウォーゲームっぽいドイツゲー」という感じでしょうか。SCSのタイトルとしてしか知らなかった「グアダラハラ」がマドリードの玄関口にあたる地点であることを覚えました。

Popular Frontは慣れたプレイヤーが揃ってプレイすると競技としてかなり楽しめるのではないかという印象を受けました。セットアップは囲碁のようですし、カードカウンティングのしがいもありそうです。その一方で効率的な徴兵(?)のためには自分の勢力をどう拡大するかが重要だったり、川を使った防御が有用だったりと、ウォーゲームっぽいテイストもそれなりに楽しめるように思います。

ドイツ装甲軍団 - スモレンスク

続いて「ドイツ装甲軍団」の「スモレンスク」をドイツ軍でプレイ。「ドイツ装甲軍団」はプレイできる人が多いし、とてもコンパクトで運搬が楽なので、ゲーム会に持っていくことが多いのですが、勝利条件だったり、ちょっとした細かいルールだったり、プレイのためのテクニックだったりを完全に忘れていることが多く、グダグダにプレイしてしまいがちです(ほんとうにすみません。。。)。

今回の例にもれず、大きく前進した装甲ユニットを包囲されてしまったり、マップ左端(ドイツ軍視点)から出てくる移動力の小さいユニットたちをきちんと活用できなかったりで、今ひとつシャキっとしないプレイをしてしまいました。これはこれで僕は楽しんでおりまして、次回以降もこういうプレイを繰り返してしまうだろうとは思うのですが。

日露大戦

さらに、この日の朝にコマを切ったばかりの「日露大戦」を初プレイ。プレイ経験の無いプレイヤー同士のプレイを実現させることができました。カードを使うゲームの初戦は未経験者同士が絶対によいと思います。

ロシア軍を担当した僕は旅順を攻めずに北上する日本軍をうまく押さえ込んだと思いきや、ZOCを無効化するカードを連発されて鉄嶺が陥落してサドンデス負け。「南下政策」カードによるリシャッフルが敗因、ということになりましょうか。。。

この他、会場では「Bug Eyed Monsters」と「The Battle of Tunisia」がプレイされていました。

Bug Eyed Monsters

The Battle of Tunisia
[PR]
by gameape | 2011-07-31 11:11 | Comments(0)

ウォーゲームの「5W1H」

ウォーゲームのプレイについて「5W1H」を考えてみると面白いんじゃないかと思っています。念のため書きますが、「5W1H」とは以下の6つの単語の頭文字である「5個のWと1個のH」を並べた、Wikipediaによると「一番重要なことを先頭にもってくるニュース記事を書くときの慣行」なのだそうです。

・Who(誰が)
・What(何を)
・When(いつ)
・Where(どこで)
・Why(なぜ)
・How(どのように)

実際のプレイについて考えてみるのでも、予定されているプレイについて考えてみるのでもよいです。または「こんなプレイをしてみたい」とか「こんなプレイはイヤだ」というのもアリです。

ウォーゲーマーのスタイルは「5W1Hがどんな順番で決まるか」をもとに分類できるように思います。プレイする相手(Who)が最初に決まるのか、プレイしたいゲーム(What)があって相手を探すのか。はたまた、プレイする日時(When)や場所(Where)があって、その後にゲームが決まるのか、などなど。

「Who」が先か「Why」が先かというのもあると思います。「ガチで戦うぜ」「コミュニケーション優先」「プレイテストです」といった「Why」があって、それに適した「Who」が決まるといった感じです。

「How」は「Where」に影響されるかもしれません。自宅だったり駐車場のある会場だったりするから物量にモノを言わせようとか、テーブルが限られたゲーム会だからコンパクトにしようとか、直接会うことが難しいからオンライン対戦かPBEMにするとか。逆に魅力的なプレイであるなら「Where」は多少の無理してでも(例えば飛行機に乗ってでも!)調整つけちゃうぜ、なんて。

僕のひとつの理想は「好きなゲームを同じ嗜好の人とプレイすること」です。「What」と「Why」が最初にあって、それに合う「Who」が見つかって、あとは「When」と「Where」を決めていくという流れが合理的ではあります。

とはいえ、ふらりと遊びに行ったゲーム会で「同じゲームを同じ嗜好の人とでプレイする人」と出会うという、いわば「WhenとWhereが先行する形」への期待もないわけではありません。対戦相手が先に決まっていて「この人とならこういうプレイをしたいよな」と考えるような「Who」が先行して「Why」や「How」が追従するのも魅力的だし、この人とプレイしたいからこのゲームをプレイできるようになるぞと「Who」に「What」が引っ張られるならすごい、などと妄想は膨らむばかり。

昨日、「Who」と「What」と「Why」が既に決まっているという、かなり理想的なプレイ予定ができました(自慢です)。これから「Where」と「When」を考えなければならないのが楽しくもあり、億劫でもあり。まぁ、ウォーゲームはこの時点から楽しみ始めてしまうと面白さ倍増、と思いこんで面倒な場所探しをサクっと済ませてプレイの準備に入りたいところであります。
[PR]
by gameape | 2011-07-29 21:56 | 考えごと | Comments(0)

Lee vs Pope ソロプレイ

Stonewall Jackson's Wayのシナリオ「Lee vs Pope」をソロプレイしました。スタンダードルール1.1を使い、南軍には-45VPのバランス調整(これはスタンダードルール1.0に掲載されたもの)を適用しています。

Stonewall Jackson's Way - Lee vs Pope Turn 1

南軍はLongstreetにSomerville FordとRacoon FordでRapidan川を渡らせ、北軍にまったく反応のスキを与えないままRenoの軍団を敗走させました。JacksonはRapidan Stationを通ってCulpeperへと進みます。

北軍としてはVPが配されているOrange & Alexandria RRに沿って後退したいところですが、南軍の捕捉される危険を考えると最短距離のルートを使うことができず、南軍の後を追うかのような移動をするのが精一杯です。

Stonewall Jackson's Way - Lee vs Pope Turn 2

第2ターン、戦意低下状態のRenoがRappahannock Stationで再びLongstreetに攻撃されて壊滅的損害を受けます。Manassasへと続く道を守る北軍は皆無で「Leeのハイウェイ」状態となります。

Culpeper付近ではJacksonがユルユルと後退するSigelとMcDowellを攻撃し、少しずつではあるもののVPを稼いでいきます。

Stonewall Jackson's Way - Lee vs Pope Turn 3

第3ターン、Longstreetは手持ちの一部に駅を破壊させつつ、3個師団を西に転進させてBanksを攻撃、Rappahannock川の西へと押しやります。JacksonもSigelとMcDowellを北の森林地帯へと押し込んでいきます。南軍は「寄らば斬るぞ」といわんばかりの強力さで、北軍は手も足も出ないままOrange & Alexandria RRを明け渡す形となりました。

ゲームは5ターンで終了しますが、北軍はもはや何もできないように思えたので、ここでゲームを終了しました。

Stonewall Jackson's Way - Lee vs Pope VP

このシナリオをプレイしたのは今回が初めてです。南軍が圧倒的に有利だという話は見聞きしたことがありましたが、想像以上でした。45ポイントのバランス調整を適用しているにもかかわらず、南軍はBristoe StationとManassas Junctionによる40VPを得点することなしに勝利を決めてしまいました。

このシナリオには、数ヶ月前におこなわれたShenandoah Valley戦役と同じ部隊が少なからず出てきます。Banks、Sigel(Fremontの後任)、Ewell、Taliaferro(Winderの後任、のはず)。これにMcDowell(Stonewall in the Valleyには登場することがあります)とRenoを加えたのが北軍です(半島から戻ったばかりのReynoldsが戦いに駆けつけるかもしれません)。

一方の南軍はLongstreetの5個師団相当とA.P.Hillの1個師団、さらには「1個師団相当」と言われたらしいLee本人が追加された形です。圧倒的じゃないか、南軍は。。。

史実では南軍の攻撃が遅れたり、命令書を北軍に見られたり(南軍はMaryland戦役以外でもそういうポカをやっているのですね。。。)でPopeはVirginia軍をRappahannock川の東に後退させることができました。その後にBull Run川近くで南軍に敗退するとはいえ、今回のプレイのように「南軍とWashington DCの間に北軍がいない」という致命的な状況には至りませんでした。

1862年8月の前半に南軍が劇的な成功を収めていたら、という妄想を膨らませつつ、Virginia軍の指揮を任されたPopeは果たして自らの不幸をどの程度認識していたのだろうと思うと、悪く描写されがちなPopeに同情のようなものを感じずにはおれません。
[PR]
by gameape | 2011-07-24 14:40 | Comments(0)

Cedar Mountain ソロプレイ

Stonewall Jackson's Wayのシナリオ「Cedar Mountain」をソロプレイしました。スタンダードルール1.1を使ったので、Jacksonの戦術値は「5/4」から「4」に変わり、突撃のダイスに+1のボーナスが適用されます。

ゲーム開始直後から北軍は騎兵をどんどん後退させます。南軍に隣接されれば騎兵退却せざるをえず、混乱状態となってしまうためです。1個旅団だけが逃げ遅れてRobertsonの攻撃を受けたものの、結果は双方「D」で南軍にとって厳しい結果となりました。

2日目までに北軍はCulpeper周辺への集結をほぼ完了。南軍は移動制限のない3個師団をCulpeperの南に進めました。北軍の右翼を守っていたRickettsの側面が無防備だったため、南軍は夕方に(=疲労レベルを3にして)攻撃を敢行します。しかし、この攻撃は失敗して南軍だけが損失を蒙り、Rickettsはまんまと(自発的退却で)Culpeperに逃げ込んでしまいます。

Stonewall Jackson's Way - Cedar Mountain

2日目を終わった時点で南軍はCulpeperから2ヘクスの位置におり、勝利ポイントは-1。北軍に損失を与えていないが故の-2ポイントが響いています。とはいえ、北軍はCulpeperを放棄して逃げられるほどの余裕はなく、混乱してなお強力な南軍との決戦は避けられません。

そして、勝負はあっけなく決まりました。連続してイニシアティブを取った南軍はEwellの師団を強引にCulpeperの後方に割り込ませ、北軍の後方が遮断されるやいなや正面から突撃で北軍を敗走させます。北軍は逆に南軍を包囲しようと努力したものの力尽きてゲームは終了しました。

Stonewall Jackson's Way - Cedar Mountain

ゲーム終了時の勝利ポイントは+14ポイント(Culpeperで+8、南軍の損失が-1、北軍は+7)。スタンダードルール1.0に掲載されていたバランス調整(-7ポイント)を適用したとしても、南軍の決定的勝利です。

南軍の移動のダイスが低迷しない限りは、歴史上でおこったような「Cedar Mountainの戦い」がこのシナリオでおこることはないように感じます。
少数ながら強力な南軍がグリグリとCulpeperを目指し、数は多いもののそれぞれがとても貧弱なユニットをやりくりする北軍が何とかじゃましようとする、という感覚です。

Wikipediaなどを読んで僕は「Cedar Mountainの戦い」の次のようなものと考えています。
  • 北軍がVirginia軍を創設したので、Gordonsvilleが危ない
  • LeeはJacksonをGordonsvilleに派遣し、タッチの差でセーフ
  • Virginia軍はまだ集結できてないみたいだから、襲撃しちゃおうかな
  • 前進に手間取ってる南軍をBanksが攻撃したらラッキーヒット!
  • 本気を出した南軍にボコボコにされた北軍は後退
  • Jacksonも疲れたのでCulpeperにそれほど近づかずに後退して「終劇」
歴史と違う展開になるウォーゲームがダメだとは思いません。
それどころか、自分の印象こそが正しい歴史だとか、その考えがすべてだとか思うわけでもないです。

それでもなお、このシナリオが描く「Cedar Mountainな3日間」は独特なものなんじゃないかなと。
それを踏まえて「Cedar Mountainって何なのさ」とあれこれ妄想するの楽しんでいます。
[PR]
by gameape | 2011-07-16 18:38 | Comments(0)