ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Seven Pines 対戦 - 2010-02-21

千葉会にて「May 31st」をプレイ。
僕は南軍を担当し、ゲーム開始から終了までに要した時間は約9時間。

Seven Pines

セットアップに先立って両軍のユニットの記念撮影。
CWBはユニットが少ないのでコマ切りとかセットアップは楽なのだけれど、損害を紙に書いたり、延長横隊をきちんと管理する手間を考えると「射撃レベルBごとにユニット化すればいいのでは?」と思わないでもない。

Seven Pines

これまたセットアップに先立って、目標ヘクスのおさらい。

・青いチップ = 北軍だけがVPを得点
・緑のチップ = 両軍ともVPを得点
・オレンジのチップ = 南軍だけがVPを得点

緑のチップ、特にSeven PinesとFair Oaks Stationが焦点になるのが一般的だとは思う。
でも、そう見せかけて背後の目標にちゃっかり部隊を送り込むという戦略もありなのかもしれない。

とはいえ、オレンジのチップに南軍が到達するには道なき道を進むか、Seven PinesとFair Oaks Stationをクリアしなければならないようにも思う。
北軍は南軍がうっかり道を開けたら、1個師団に「ちゃっかり占領せよ」という命令を授けてもいいかもしれない。

Seven Pines Seven Pines

ゲームが始まる(ゲーム内概念の)午後1時、南軍は中央のD.H. HillだけがSeven Pinesへと直進。
北軍は第4軍団(Keyes)を展開し、Seven Pinesの西にある平原で戦闘が始まる。

Johnstonは「南側からSeven Pinesを攻略せよ」という内容の命令書を持った副官をLongstreetの司令部に送った。
同じころ、Longstreetも分散している旅団へと走り、師団の集結を試みる。

Seven Pines Seven Pines

午後2時半、北方で停滞していたWhiting師団がようやく活動。
Fair Oaks Stationへと前進して攻撃を開始したが、その直後にWhitingが負傷してしまう。

ゲーム開始時から攻撃を続けていたD.H. HillはKeyesの軍団による防御射撃で混乱し、森へと後退。
しかし、士気は依然として高く、攻撃を続行する構え。

ゲーム開始以来、Seven Pinesの南で独断で移動するためのチェックを続けていたHugerが、午後3時にLoose CanonとなってRichmond方向へと後退。
見かねたJohnstonがHugerの元へとおもむいて対面で命令を授けたのが4時半。
この命令はD2となり、ゲーム終了まで実行されることはなかった(涙)。

Seven Pines

午後4時半、すでに2個旅団が崩壊し、師団も崩壊状態になっていたD.H. Hillがついに攻撃を停止。

Whitingの師団は師団長の負傷にもめげず攻撃を継続。
午後5時にはFair Oaks Stationまであと1ヘクスというところまで迫っていた。

しかし、ここでChickahominy川の北から北軍の第2軍団(Sumner)が来援。
これが非常に強い! (モラルAですよ!!)

Seven Pines

LongstreetはJohnstonから受け取った命令を実行に移すまでに30分を要した。
その後、Seven Pinesに南から向かうルートを取った移動には非常に時間がかかり、その間に北軍は南からの攻撃に備えることができた。
湿地帯を抜ける攻撃は困難が予想された。

Seven Pines

ここまでプレイしたところで時間切れ終了とした。

北軍はマップ上の目標で4VP、南軍に与えた損害(47ポイント)で7VP、旅団崩壊で9VPを得点。
南軍はマップ上の目標で1VP、北軍に与えた損害(33ポイント)で3VP、旅団崩壊で5VPを得点。

VPの合計は北軍が20、南軍が9。
北軍の圧勝と考えてよいと思う。

このシナリオは非常に面白いと思う。
というか、傑作なんじゃないかと。

正面からの突撃が決まっているD.H. Hillの攻撃がどこまで成功し、いつ中止されるのか。
行動が確定していない南軍(Longstreet、Whiting、Huger)がいつ、どう動くのか。
南軍プレイヤーはこの混沌を自分に都合よくコントロールしなければならないし、北軍はどこから出てくるかわからない南軍にうまく対応しなければならない。

プレイヤーがシステムやシナリオに慣れてくれば、おそらく1日で最後までプレイできると思う。
すぐにでも再びプレイしたい、とすら思う。
[PR]
by gameape | 2010-02-28 13:37 | Comments(2)
インメルマンの例会にてAugust Fury IIのシナリオ「The Second Day」をプレイ。
僕は北軍を担当し、ゲームの開始から終了までに要した時間は約8時間半。

Three Battles of Manassas

上の画像はゲーム開始時の状態。
第2次マナッサスの戦いの2日目の朝、Jacksonは未完成の鉄道にそって守りを固めている。
そして北軍は3個師団をもってこれを攻撃しようとしている。

兵力は両軍ともに3個師団。
とはいえ、量と質の両方で北軍は劣っているし、南軍はおいしい地形に陣取っている。
北軍の選択肢はおおよそ次の2つになると思う。

案1: 命令に従って攻撃する
案2: 現場の指揮官の独断で攻撃を中止し、守りを固めて増援を待つ

Three Battles of Manassas - August Fury II - VP Hexes

ゲームの勝敗は目標へクスの支配と損失の量で決定される。

上の図は目標ヘクスの位置で、スラッシュの右が北軍、左が南軍の勝利ポイント(VP)。
マップ中央上部から左下に連なる4個の「2/2」がゲーム開始時の境界線で、この4個及びより左側は南軍が、より右側は北軍が支配している。

北軍が8VP、南軍が10VPを持った状態でゲームが始まり、よほどのことがない限り両軍の損失に大きな差がつかないと思うので、北軍はVPを獲得しなければならない。
従って、南軍がポカをしない限り、北軍は攻撃しなければならないのだろう。

Three Battles of Manassas

北軍は3ターンかけて前進した後に攻撃を開始。
両軍にじわじわと損害が積み重なっていった。

北軍としてはこの攻撃で劇的な戦果を期待している訳ではない。
徐々に来援するはずの北軍が入れ替わりで攻撃することで、Jacksonを崩壊させられればよいなぁ、と。

Three Battles of Manassas

しかし、待てど暮らせど増援が全然登場しない。
やってきたのは騎兵1個旅団だけ。

一方、南軍の増援は早々に(午前8時に!!)登場。
さすがにこれはマズい。
しかし、攻撃中の軍団長たちの決意が思いのほか固く、旅団がぽつぽつと崩壊し出しているのに攻撃をやめてくれない。
命令を出そうにも軍司令官であるPopeはマップ上にいない。
師団長の独断で攻撃を中止しようにも能力が低すぎて成功しない。

Lincoln大統領、涙目。。。

Three Battles of Manassas

軍団攻撃頓挫判定と、師団長による独断によって北軍の攻撃が中止されたのは午前9時。
LeeとLongstreetは北軍を大砲で撃てる位置にまで前進してきている。
しかも、次なる攻撃命令も一発で通してしまった様子。。。

Potomac軍の一部(ファイティング・ジョー、ことHookerですよ!!)が来援したものの、この人は依然続いているはずの北軍の攻撃に加わるよう命令されている。
まずはこの命令をキャンセルするのが僕の仕事、と。

そんな訳で、史実より1日以上早く始まった南軍の総攻撃は、先の攻勢で疲れ果てた3個師団で受け止める。
南軍のちょっとした射撃で北軍のユニットが溶けていく。
(このゲームでユニットが消えるって大変なことなんじゃないかと思うんですが。。。)

この時点で北軍が敗北宣言をしてゲームは終了。

損失は北軍が48ポイント、南軍が34ポイント。
北軍の3個師団が崩壊。
目標ヘクスはゲーム開始時から変動なし。

VPは北軍が8(目標ヘクスのみ)、南軍が14(目標ヘクスで10、損失で1、師団崩壊で3)となった。

Three Battles of Manassas

非常に面白いゲームだった。

プレイ記録を書いていると北軍プレイヤーが散々な目にあっているかようだけれど、この散々な目にあうことがCWBの面白さのひとつなのではないかと思う。
Popeがマップに登場する前に終わってしまったので、命令書を書く面白さがなかったのが残念ではあるけれど、それでもCWBを十分に堪能できた。

Dice Boot & CWB Dice set

今回は相手プレイヤーさんが「CWBダイスセット」を用意してくださった。
これがゲームをサクサク進める上で非常に役立ったと思う。
[PR]
by gameape | 2010-02-27 12:18 | Comments(0)

千葉会 - 2010-02-21

千葉会に遊びに行ってきた。
会場のある松戸は拙宅から遠くないのだけれど、まっすぐに行ける交通機関がないのが残念。

夢中になってSeven Pinesをプレイしてしまったので、周囲でプレイされていたゲームのことはあんまりよくわからない。
夢中になりすぎてかなり疲れたので、会が終了するまで会場に残り、ちょこっとだけビール呑みにお付き合いいただいた。
たのしかったし、おいしかった。

ともあれ、Seven Pinesは傑作です、たぶん。
ほんとに面白かった。

Caucasus Campaign
好意的なコメントが耐えないCaucasus Campaign。

Laminator
なぜか会場にあったラミネーター。

日露戦争
日露戦争。エバーグリーン。

Advanced Squad Leader
やっぱり市街地マップはいいなぁ、のASL。

Brief History of the World
Brief History of the World。

三国盛衰記
yagiさんがべた褒めの三国盛衰記。

Lion of Ethiopia
根強い人気のLion of Ethiopia。

Seven Pines
Seven Pinesはおそらく傑作。
[PR]
by gameape | 2010-02-23 22:34 | Comments(5)
インメルマンの月例会に遊びに行ってきた。
会場では日露戦争、Atlantic Storm、Battlelineなどがプレイされていた。

Russo-Japanese War

日露戦争はJWC版。

Three Battles of Manassas

僕はThree Battles of Manassasで北軍をプレイ。
[PR]
by gameape | 2010-02-20 23:21 | Comments(0)
Seven Pines (CWB) CSA losses, June 1st Seven Pines (CWB) USA losses, June 1st

CWBはユニットの兵力を紙に記録するため、マップ上を見ただけで戦況を把握することが難しい。
そこで、Seven Pinesに登場する師団の兵力やモラルをまとめると共に、5月31日終了時における両軍の配置と損失をマップ上に書き込んでみることにした。

南軍
Whiting    5  3.00  100
D.H.Hill 4 2.25 85
Anderson 6 2.67 109
Huger 3 2.33 64
合計 18 2.61 358
北軍
Richardson 3  3.00   67
Sedgwick 3 2.33 73
Hooker 3 2.67 59
Kearny 3 2.00 59
Coach 3 1.67 70
Casey 3 1.67 64
合計 18 2.22 392

各行は「師団長の名前、旅団数、モラルの平均、兵力の合計」という形式で書かれている。

兵力はゲーム開始時(Seven Pinesの戦いが始まる前)のもの。
モラルの平均は、モラルAからDを4から1に置き換えて計算。
例えば、Aが2個でBが1個ならば、(4+4+3)/3=3.67 になる。

Seven Pines (CWB) June 1st setup

上の画像は6月1日シナリオ開始時の状況。
師団長(南軍)と軍団長(北軍)、そして既に被っている損失を書き込んでみた。

1日目の戦闘における損失は南軍が49、北軍が39。
元々兵力で劣っている南軍がより多くの損失を被った状態にあり、なおかつ部隊の配置も初日のようにおいしい状態ではない。

とはいえ、どんな命令がいつ実行されるかで展開は劇的に変わることになるのだと思うけれど。
[PR]
by gameape | 2010-02-17 21:49 | Comments(0)
Seven Pines (CWB) - June 1st - VP & Initial Order

CWBの「Seven Pines」のシナリオ「June 1st」をセットアップしてみた。
このゲームの中で唯一、マップ1枚でプレイできるシナリオ。
長さも13ターンと手ごろ。
(短すぎて命令が実行されたり、攻撃が中止されたりといったCWBの妙味が出ないかもしれない)

冒頭の図はゲーム開始直前の状態。
赤い数字は勝利ポイントを得られる地点をあらわしている。
(スラッシュの右が北軍、左が南軍)

矢印はゲーム開始時に出ている攻撃命令。
北軍はHookerSedgwickの師団にSeven Pinesを奪回するよう命じている。
(水色の下向きの矢印)
南軍は3個旅団に鉄道を確保するよう命じている。
(灰色の左向きの矢印3個)

他のユニットには防御命令が出ているか、命令が出ていない状態。

攻撃をおこなっている部隊がどこであきらめるか。
そしてその他のユニットにどんな命令を出し、それがいつ実行されるか。

そんな展開になるのかなぁ、と妄想。

困ったことに、ゲーム開始時にどのヘクスをどちらの軍が支配しているか、という情報を見つけられずにいる。
Fair Oak Stationは南軍が持っている、ということでいいんだよなぁ。。。

南側の交差点(右側にある「3/1」のヘクス)はどっちが持っているんだろう。
南軍がここを踏んでなさそうだから、北軍が支配しているということでいいのかな?
[PR]
by gameape | 2010-02-14 01:02 | Comments(2)

2010年1月

対面

・Battle Above the Clouds - Crossing Chickamauga Creek × 2

PBEM

・Not War But Murder
・Battle Above the Clouds - McLemore's Cove

入手

・Battle Above the Clouds

Battle Above the Clouds arrives!!

2010年代の幕開けはBattle Above the Clouds (BAC)。
入手して、コマを切って、対面でプレイして、(プレイテストではない)PBEMも開始。
2月中旬から始まるPBEMトーナメントへのエントリーもすませ、我ながらすばらしい滑り出し。
引き続きBACをたくさんプレイする日が続いたらいいなと思う。

Not War But Murderは昨年から何度も繰り返してPBEMしている。
面白いのだけれど、どうもうまくプレイできなくて負けてばかり。

その他、CWBのプレイ準備がのんびりと進行中。
ルールのサマリー作りや、ユニット切り、セットアップなどを楽しみつつ、2月中のプレイ予定。

Malvern Hill - Punching

1月中に3ゲーム分のコマを切った(BAC、CWBのManassasとMalvern Hill)。
近年稀にみるハイペース(当社比)である。
もう今年1年分のユニットを切った感じでお腹いっぱい。。。
[PR]
by gameape | 2010-02-07 12:22 | Comments(0)