ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

入手したゲーム

Autumn of Glory
Autumn of Glory

The Art of War  - Issue 23/24
Art of War #23-24

Lee Takes Command
Lee Takes Command

ウォーゲーム日本史 Vol.1 - 新選組始末記
ウォーゲーム日本史 Vol.1 新撰組始末記

Coma Maga - Vol.1
こまマガ Vol.1

Strikes Them a Blow + GD '42
Strikes Them a Blow、GD '42

最初の3点はプレイする気満々で購入。
というか、プレイできそうだったので慌てて買った。

次の2点は「INSIGHT」におじゃました際に購入。
「こまマガ」は僕にとって理想のウォーゲーム書籍の一種類。
ぜひ、第2号が出ますように。

最後の2点はアメリカに遊びに行った際、ついつい購入。
どちらもプレイする予定はなく、プレイ意欲もそれほど高くない。
Strikes Them a BlowはソロプレイしてみたくてVASSALモジュールをを製作中。

入手したゲームは5点。
プレイしたゲームは2点なので、プレイ率は40%。
ちょっと低すぎるので反省。
(The Gamersブランドのゲームはとりあえず持っておきたい、という衝動がおきやすいです。。。)

入手したいゲーム

・Battle Above The Clouds
・Stonewall Jackson's Way 2
・Shenandoah: Jackson's Valley Campaign

不動の3ゲーム(笑)。
Battle Above the Cloudsが来年の「入手したゲーム」になるのは確実。

気になっているゲーム

・The Halls of Montezuma
・South Mountain (The Gamersの方)
・Victory Pointの南北戦争ゲーム

Montezumaは昨年からずっと気になっているものの、より関係が熟すことは無し。
South Mountainは先日現地を訪れて以来、マップを見てみたくて仕方がない。
Victory Pointは気になるけれど、やっぱり高いんだろうなぁ。。。
[PR]
by gameape | 2009-12-30 23:41 | Comments(0)
2009年には17タイトル、38ゲームをプレイした。
(カッコ内の数値はプレイした回数です)

・Across Five Aprils
・After the North Anna
・Atlantic Storm
・Autumn of Glory
・Blue vs Gray (2)
・Flying Colors (2)
・Here Come the Rebels! (4)
・Grant Takes Command (4)
・Lee Takes Command (2)
・Lee vs Grant (2)
・Kaiser's Pirates
・Napoleon's Art of War
・Not War But Murder (4)
・On to Richmond!
・Stonewall in the Valley (3)
・Stonewall's Last Battle (7)
・Zero!

最も印象に残っているゲーム

何と言ってもOn to Richmondのキャンペーンがすごかった。
進撃路、補給計画、河川の支配などを考えつつ、ユニットの位置や移動タイミングも決断する。
GCACWシリーズとはこういう思考を楽しむために作られたシステムなのかもしれない。
惨敗と言って間違いない、対戦相手には大変申し訳ない展開にしてしまったけれど、とても面白いゲームをプレイできたことを大変嬉しく思っている。

こういうことを書くとオークションの落札価格が上がってしまいそうで気が引けるが、On to Richmond!はGCACWシリーズの最高のゲームである、と断言してしまおう。

Blue vs Grayをプレイできたこともとても嬉しく思っている。
このゲーム、日本語を母国語とする人とはプレイできないかもなぁ、と諦めていたので。
またいつかプレイしたいので、時折ルールを復習し、作戦をあれこれ考えておきたいと思う。

どこでプレイしたか

2009年 - どこでプレイしたか

数えてみたところ、PBEMでプレイしたゲームが最も多かった。
PBEMはコンスタントにプレイし続けることができるので、進みはゆっくりでも結果としてたくさんプレイできる。
この数にはBattle Above the Cloudsのプレイテストを含んでいないので、実際にはもっとたくさんのPBEMをこなしたことになる。

出かける必要もなければ、休日を割り当てる必要もない。
対面プレイも楽しい。
でも、PBEMは今のところ僕の主戦場である。

テーマ別

2009年 - どんなジャンルのゲームをプレイしたか

はい、僕は南北戦争のゲームが好きです。
もう言い訳するのはやめようと思う。
でも、こういうことを書くと南北戦争に詳しいのではないかと思われそうでハラハラする。
知識は学研M文庫プラス・アルファくらいなので、どうかお手柔らかに。。。

ナポレオニックの半分はFlying Colors、WW2の半分はZero!、WW1はKaiser's Pirateだったりする。。。

出版者別

2009年 - どこのゲームをプレイしたか

アバロンヒルとMMPはすべてGCACWシリーズ。
GMTが意外に多かった。
Clash of Armsのゲームを生まれて初めてプレイした。

対戦してくださった皆さま。
対戦はしなかったけれど、楽しくお話してくださった皆さま。
楽しいWebサイトを掲載してくださった皆さま。

本当にありがとうございます。
今年もゲーム猿にとって大豊作の1年でした。
[PR]
by gameape | 2009-12-30 22:29 | Comments(0)
Battle Above the Clouds - Vassal Module

Battle Above the CloudsがMMPのプレオーダーから消され、発送され始めたそうだ。
VASSALのサイトにはモジュールがアップロードされている。

いよいよである。

プレオーダーの受付が始まったのが今年のはじめだと思う。
予想より早かった、というのが正直なところ。
最近プレオーダーに追加されたStonewall Jackson's Way 2が似たような勢いで発売されるなら、来年のクリスマスには入手可能になってたりするのか。
何だか嬉しい話だなぁ。

もういくつ寝ると、BAC。。。(^^)
[PR]
by gameape | 2009-12-15 00:16 | Comments(0)

Not War But Murder - PBEMその4

Not War But MurderをVassalでPBEM。
僕は南軍を担当し、ゲームの開始から終了まで42日を要した。
選択ルールは一切用いずにプレイ。

以下、各ターン終了時の画像。

Not War But Murder - Setup
セットアップ

Not War But Murder - Turn 1
第1ターン、Leeは健康、4インパルスで終了。
北軍はSheridanをHanovertown (33)へ。
南軍は歩兵2個師団をSouth Anna川の南に。

Not War But Murder - Turn 2
第2ターン、Leeは健康、5インパルスで終了。
北軍はWarren(砲兵を除く)を道路のないSouth Anna (9)に、BurnsideをBethel Church (11)に進めた。
南軍は歩兵1個師団にHanover Court House (20)を守らせ、HamptonをSheridanの前にシフト。
南軍が増援チェックに失敗。

Not War But Murder - Turn 3
第3ターン、Leeは健康、7インパルスで終了。
BurnsideとSheridanが北軍を追い越す形でRichmondに前進。
南軍はSouth Anna川の北にいる主力を動かすことに手間取って遅れを取る形。

Not War But Murder - Turn 4
第4ターン、Leeは病気、5インパルスで終了。
BurnsideとSheridanがRichmondを攻撃。
守備隊が1回は持ちこたえたものの、2回目の攻撃でRichmondは陥落。
南軍は連絡線を遮断してサドンデス負けを回避しようとしたものの、その次のインパルスで北軍が連絡線を確保したところで日没となりゲーム終了。

南軍プレイヤーとして思い当たる大きな敗因は2つある。

まず、日没によるゲーム終了を想定していなかったこと。
想定していれば、北軍が1回の手番で連絡線を復活させられるような状態にはしなかったと思う。
(さらに、連絡線は道路がなくても通せることも見落としていました)

そして、第3ターンにアドバンテージを南軍が持っていると勘違いしていたこと。
アドバンテージを回復に使い、大規模な反撃をおこなおうとしていたのだけれど、それができぬままSouth Anna川の北に主力を取り残すことになってしまった。

Hanover Junction付近で文字通り「Strikes Them a Blow」を実現してみたかったのだけれど、その妄想を追いかけすぎてこのような負け方になってしまった。。。
猛省。
[PR]
by gameape | 2009-12-13 16:52 | Comments(0)

Not War But Murder - PBEM

Not War But MurderをVassalでPBEM。
僕は北軍を担当し、ゲームの開始から終了まで89日を要した。
選択ルールは一切用いずにプレイ。

以下、各ターン終了時の画像。

Not War But Murder - Setup
セットアップ

Not War But Murder - Turn 1
第1ターン、Leeは病気、6インパルスで終了。
北軍は2個軍団でOx Ford (8)を攻撃して南軍を退けた。
また、Sheridanの騎兵隊がPamunkey川を渡ってHanovertown (33)へ。

Not War But Murder - Turn 2
第2ターン、Leeが復調、9インパルスで終了。
南軍はSouth Anna川の南に撤退。
南軍は増援チェックをおこなったが失敗。

Not War But Murder - Turn 3
第3ターン、Leeは健康、7インパルスで終了。
Burnsideの軍団がSheridanと合流し、HancockもPamunkey川東岸を下る。
南軍はOld Church (34)を確保。
南軍が増援チェックに成功したが、実はこれはルール誤り。
(南軍の増援チェックはゲーム中に1回だけです)

Not War But Murder - Turn 4
第4ターン、Leeは引き続き健康、9インパルスで終了。
HancockがPamunkey川を渡ってNorman's Ford (28)に。
北軍の増援チェックは失敗。

Not War But Murder - Turn 5
第5ターン、Leeは健康、7インパルスで終了。
北軍がSouth Annaを渡り、南軍はHanover Court House (20)を放棄。
Atlee Station (37)を単独で守っていたBreckinridgeをSheridanが4ユニットで襲って壊滅させた。

Not War But Murder - Turn 6
第6ターン、Leeは健康、7インパルスで終了。
South Anna川を渡った北軍は南軍を追い越してHalf Sink (24)に進出。

Not War But Murder - Turn 7
第7ターン、Leeは病気、5インパルスで終了。
北軍はRichmondに向けてさらに前進。

Not War But Murder - Turn 8
第8ターン、Leeは再び病気、5インパルスで終了。
South Anna川沿いのElliett's Station (22)にとどまっていたEarlyが北上して北軍の連絡線を遮断。
これを全く予期していなかった北軍は総力を結集してOld Church (34)の奪取を試みたが失敗。
この時点で日没となって南軍の勝利が確定。

連絡線の守りをおろそかにしたことは、いくら後悔しても足りないくらい悔しいです。
かといって、マップ北端からRichmond周辺のVPエリアまでの連絡線を常に確保することはそれほど容易ではないことにも気づきました。
Richmond周辺のVPで勝ちにいこうとする場合、北軍はPamunkey川下流に補給源を移す必要があるのかもしれません。
[PR]
by gameape | 2009-12-12 21:57 | Comments(0)

2009年11月

対面

・Napoleon's Art of War - Eylau

PBEM

・Not War But Murder

ソロプレイ

・Napoleon's Art of War - Eylau
・Napoleon's Art of War - Dresden
・Across Five Aprils - Bentonville

読んだ

・Strike Them a Blow

このところずっとプレイしているNot War But Murderを除くと、久しぶりに触ってみたゲームばかり。
Strike Them a Blowは新たに入手したゲームだけれど、CWBは昔プレイしているので「久しぶり物件」であることに変わりはない。

どちらかというと慣れたゲームを繰り返し遊ぶことが多い僕が、こういう「対戦できるかどうかわからないゲーム」に時間を割いたことは珍しいことなのかも、と思う。
そして、その時間にルールを読みなおしたり、ソロプレイしたり、VASSALモジュールを作ろうとしたりしたことは存外に楽しかった。

対戦する目途が立たないなら、ゲームをプレイするための準備に労力を割くのは合理的ではない、と思うときもある。
けれど、対戦する予定はないから、ユルっとした気持ちでゲームに時間を割けるというのもあるんだろう。

どっちか良いか、という話ではなく、今月はたまたま後者のユルっとした雰囲気がしっくりくる心境だったということなのだと思う。

月の途中くらいから、ウォーゲームに関するテキストをクリップするTumblrの更新を再開した。
Tumbling Game Ape (Text) (携帯用URL)

「ブックマーク」が「とにかく見たWebを記録」で、Tumblrは「ウォーゲームの読み物の自分用のまとめ」のようなもののつもり。
TumblrはPCのみならず、携帯電話とかiPhoneとかとも相性がいいので、もっとウォーゲーマーが使うようになって、いろいろな人の選んだ記事とか写真を見られるようになったらいいのになぁ。
(ウォーゲーム以外の題材だけでもTumblrをついつい見てしまうので、Tumblrにこれ以上面白い情報が来ない方が良いと思わないでもないですが。。。)
[PR]
by gameape | 2009-12-02 12:41 | Comments(0)

200x年代をふりかえる

2009年も残すところあと1ヶ月。
2000年代の最初の10年がもうすぐ終わってしまう。

ちょっと前に40歳になったばかりだというのに。
もう少しで四捨五入で50歳。

。。。

閑話休題。

2000年になってからのウォーゲーム界って、僕にとってどんなものだったのか。
試みに、2000年になってからリリースされたゲームから、僕が入手またはプレイしたゲームを抜き出してみた。

2000年

■ サンセットゲームズ「The Korean War」発売
■ A Home Of Game Apes 開設

・A Frozen Hell
・A House Divided (Phalanx)
・The Russian Campaign 2

2001年

■ Against the Odds創刊
■ MMPがThe Gamersを買収
■ ゲームジャーナル商業誌化

・Heroes Of The Soviet Union
・Red Badge of Courage
・Thirty Years War
・Zero
・Grant Takes Command (MMP)
・真バルバロッサ

2002年

・Across The Rappahannock
・Reds!
・Screeming Eagles In Holland
・激闘!マンシュタイン軍集団

2003年

■ ダブル・チャージ創刊

・Battle Cry Of Freedom
・Blue vs Gray
・Korea: The Forgotten War
・Sun Of Austerlitz (OSG)
・中央軍集団東へ

2004年

■ 第1回猿遊会!
■ コマンド誌に記事を掲載していただく

・Louisiana Tiger
・Gettysburg: Badge Of Courage
・Memoir '44
・Gringo!
・Three Days Of Gettysburg (3rd.)
・ASL Starter Kit #1
・Three Battles Of Manassas
・Ukraine '43
・Antietam (コマンド)
・Korea '95 (コマンド)
・独ソ電撃戦 (コマンド)
・1942 (コマンド)
・Turning The Table (コマンド)
・信州制圧
・三十年戦史

2005年

■ KOSさん逝去
■ Redmond A. Simonsenさん逝去

・Flying Colous
・Twilight Struggle
・Wellington
・ASL Stareter Kit #2
・Bloody Ridge (MMP)
・Wings Of War
・Onslaught (コマンド)
・Tigers In The Mist (コマンド)
・Hougmont (コマンド)
・河井継之助―最後の賭け―
・信長包囲戦

2006年

・Stand At Mortain
・Red Vengeance
・Commands And Colors: Ancients
・Here I Stand
・Strikes Them A Blow

2007年

・Not War But Murder
・Some Poles Apart
・ASL Starter Kit #3

2008年

■ MustAttack開設

・Showtime Hanoi
・Waterloo 20
・Blue & Gray (コマンド)

2009年

■ ウォーゲーム日本史創刊

・新選組始末記
・Kaizer's Pirates
・GD'42
・関ヶ原戦役
・Battle Above The Clouds (予定)

再販ものや、1900年代終盤に生まれたシリーズの作品が少なくないけれど、2000年になってから世に出たゲームが僕にとってそれなりに大きな存在になっているんじゃないかと思う。
もう少し1900年代、または1980年周辺に大きく依存しているように考えていたのだけれど、いまどきのウォーゲームでも十分遊べてるんだなぁ、とちょっとうれしく思ったり。
[PR]
by gameape | 2009-12-01 23:10 | 考えごと | Comments(0)