ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

<   2009年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「長い方のキャンペーン」こと The Overland Campaign を対面でプレイ。
Grant Takes Command 対戦 - 2009-01-18の続き。

前回の記録を見ながらセットアップするのに約1時間。
最後までプレイできそうもなかったので再び記録するのに1時間弱。
7時間程度のプレイで17ターンから29ターンまでの13ターンをプレイした。

左が開始時の状況、右が終了時の状況。

Grant Takes Command - May 21, 1864 Grant Takes Command - June 1, 1864

北軍はPamunkey川を渡ってRichmondから5ヘクスのところに肉薄。
南軍はその南を回って反撃。
第2次Seven Pinesの戦いか(七日戦争を第2次として、これは第3次と呼ぶべき?)。

今回のプレイはつまらないミスをたくさんしている。
砲兵を撤退しわすれて30VPを失ったり
海軍が兵員輸送モードになっているのに、Batlerの部隊をBermuda Hundredに戻し忘れていたり。

次回に備えて今度こそ準備を、とはそれほど思ってなくて、またユルユルと楽しむことなりそうな予感。
[PR]
by gameape | 2009-02-23 21:58 | Comments(0)

Blue vs Gray 対戦2 - 2009-02-14

この日2回目の対戦。
前回とは異なり、ヒストリカルではない普通にカードをシャッフルしてプレイするシナリオ。
プレイ開始から終了までに約4時間を要し、僕は南軍を担当。

Blue vs Gray

北軍はまずRosecranzをManassasに進めた。
南軍は軍司令官カードを引けておらず、Longstreetで対応したが敗北。
北軍は勢いに乗ってBuellにShenandoah Valleyを、RosecranzでWildernessを攻めたがこれはどちらも失敗し、政治的に不人気のRozecranzは更迭される。

Blue vs Gray

この後、HalleckがRosecranzの後任となり、南軍の北バージニア軍の司令官となったHoodと死闘を繰り広げ、ついにはWildernessを攻略。
北軍はさらにRichmondを奪い、アパラチア山脈の東側を徐々に進撃していく。
南軍は当初これに対応していったが、戦闘をする度にその損害を埋めるだけで補給ポイントが枯渇してしまうため、抵抗しないまま都市を明け渡さざるをえなくなっていく。

Blue vs Gray

一方、両軍共にマップCのカードを引かなかったため、西部戦域では何も起こらないままゲームが進んだ。
北軍は東部からAtlantaを占領。
南軍は北部侵攻による一発逆転か、時間切れによる勝利を狙う。

Blue vs Gray

その後、北軍がケンタッキーが中立状態にあるマップCをプレイし、続いて奴隷解放宣言をプレイしてケンタッキーを北軍に引き入れた。
南軍はFort Henry & Fort Donelsonを踏み台にして北部に侵攻。
早期にプレイされたCopperheadのために南軍支配下にあったWheelingのために、北軍の鉄道が切断されることになってしまう。
(両プレイヤーとも、そのときになるまでWheelingの重要性に気付いていませんでした)

しかし、既に工業生産を破壊されてカード枚数を減らされていた南軍は数に圧倒され続け、Late Warが始まった直後に敗北が決定した。

Blue vs Gray - Rebels are defeated

青いトークンが足りなくなってしまった。
北軍が達成した目標は次のとおり。
・大西洋岸の全港湾制圧
・Richmond
・Shenandoah Valley
・Atlanta
・海上完全封鎖
・鉄道切断

Blue vs Gray - Rebels are defeated

2回プレイした段階ではとても面白いゲームだと感じている。
プレイを繰り返していくうちに色々なテクニックが見えてきて、もっと面白くなるんだろうなぁ。
またプレイできますように (-人-)。
(そもそも対人プレイは実現しないだろうなと諦めていたので、プレイできただけでも幸運だったと思っていますが。。。)
[PR]
by gameape | 2009-02-15 17:39 | Comments(2)

Blue vs Gray 対戦 - 2009-02-14

千葉会でBlue vs Grayのヒストリカルシナリオをプレイした。
ゲームの開始から終了までに約1時間半を要し、僕は北軍を担当。

Blue vs Gray - Historical Scenario Setup

上の図はゲーム開始直前の様子。
セットアップの時点で南軍は既に集結を済ませており、北軍はこれを攻撃しなければならないことになっている。
ところが、この攻撃が何と成功してしまい、Beauregardが戦死。
南軍はたまらず「Miracle from God」をプレイしてこれをキャンセルした。

北軍はBanksの元に新たな部隊を編成してWildernessに進もうとしたが、これはBeauregardに阻まれる。
一方、Norfolkに強襲上陸したMcDowellをJoe Jonstonが迎え撃ったが、両人共に政治的に不人気だったことが元で、この戦闘によって更迭されてしまう。

Blue vs Gray - Historical Scenario

北軍はケンタッキー州が中立のまま西部戦域での行動を開始。
GrantがFort Henry & Fort Donelsonを奪取した。
北軍はさらに西部に圧力をかけるべく、GrantにMenphis、BuellにNashville、そして東部からの水上作戦でBanksにNew Orleansを攻めさせるが、何とこれが全て失敗。

この攻勢で補給ポイントを使い果たして補充ができないまま迎えた南軍ターン、南軍はJacksonとBraggが二手に分かれて北部になだれ込み、CentariaとCairoを相次いで占領。
さらに東部ではBeauregardがShenandoah Valleyを通ってHarpers Ferryを攻略し、ゲームは南軍の勝利に終わった。
1862年夏くらいに終戦といった感じだろうか。

Blue vs Gray - Historical Scenario

序盤に北軍が西部戦域の守りをおろそかにして南軍に攻め込まれてサドンデス負け、と言う展開は以前にA House Dividedをプレイしたときにも体験した。
何も学んでないなぁ。。。
[PR]
by gameape | 2009-02-15 16:16 | Comments(0)

千葉会 - 2009-02-14

千葉会に遊びに行ってきた。
雨が降ったらイヤだなと思っていたら、春になったんじゃないかと思うくらいに暖かい日になった。

参加者は僕を含めて10人弱。
4つのテーブルでそれぞれゲームがプレイされていた。

Advanced Squad Leader
Advanced Squad Leader。

Advanced Squad Leader
Advanced Squad Leader その2。

Advanced Squad Leader - Portable
「ASL全部入りバッグ」だそうです。

Pax Romana
Pax Romana

Commands and Colors
Commands and Colors: Ancients

Blue vs Gray - Historical Scenario
Blue vs Gray
[PR]
by gameape | 2009-02-14 23:52 | Comments(0)

Blue vs Gray ソロプレイ

Blue vs Gray - Union invasion in the East

北軍のデッキにカードが46枚残っているところ。
北軍は序盤で南端のマップカード3枚を引いていたものの、より北のマップが全くプレイされないため、西部戦域で何もおこらないままゲームが進んだ。

北軍ではGrantがPotomac軍を立ち上げたものの、すぐにMcClellanが後を継いだ。
南軍はBraggに部隊を持たせてこれに対抗したが、この軍はManassasで攻撃を受けて全滅してしまう。

南軍はA. S. JohnstonとJacksonを後任に据えてNorthern Virginia軍を編成。
しかし、北軍はMeadeに小規模な部隊を持たせてShenadoah ValleyとNorforkの2正面作戦を展開、南軍はその両方で敗北を喫してしまった。

というところで一時中断た状態が冒頭の画像。
目標マーカーが「1」のところにあるけれど、完全封鎖とShenandoah Valleyの占領を達成ているから「2」が正しい。

北軍は次のターンにはユニット5個を投入した攻撃をおこなえる。
奴隷解放宣言とヘイビアス・コーパスをさっさと引いてしまいたいところ。

南軍は厳しそうだなぁ。
ケンタッキーのマップとコパーヘッドを引けるといいのかな。
[PR]
by gameape | 2009-02-11 14:27 | Comments(0)

2009年1月

対面プレイ

・Grant Takes Command (MMP) - The Overland Campaign

PBEM

・Here Come the Rebels! (AH) - South Mountain (3ゲーム)
・Stonewall in the Valley (AH) - Kernstown
・Stonewall in the Valley (AH) - Winchester
・On to Richmond! (AH) - The Peninsula Campaign

入手

・Autumn of Glory (Clash of Arms)

昨年までの数年間は1年に数個のゲームしか入手しないで過ごしてきたのに、今年は早速1タイトルを購入してしまった。
円が高いから買っちゃえ、と思ったのではあるけれど、実際のところ為替レートのことはよくわかっておらず、本当に得をしたのかどうかはわからない。
ついカッとなって買った、今は反省している。

プレイしたゲームは見事にGCACWシリーズの清一色。
(一気通貫にはなってないけど)

South Mountainの3連戦は、GCACWシリーズPBEMトーナメントの第4回戦。
同じプレイヤーと3回プレイして先に2勝した方が勝者となる。
こういうのを「Best of Three」というのだそうだ。
初戦は勝ったものの、続いて2連敗してしまった。

South Mountainは非常に面白いシナリオなのだけれど、その短さゆえにダイスが大きく偏ってゲームが決まることが少なくない。
その問題への対策として「Best of Three」は有効だと思う。
最初の2ゲームは担当を入れ替えてプレイし、3ゲーム目はビッドで担当を決めるというやり方も面白かった。
対面でプレイするときでも是非やってみたいなぁ、と思う。

なお、このトーナメントはこの第4回戦で予選が終了。
僕は2勝2敗だったので、決勝には進めなそうである。

On to Richmond!はまもなく40ターンになる。

北軍はイニシアティブ・ポイント(アクションサイクルでダイスをふるイニシアティブとは別の、いわば「マクレランのやる気ポイント」)を節約しつつ前進を続けている。
北軍がNorfolkを攻略してJames川での自由を得たため、南軍は後方への上陸作戦を恐れてRichimond周辺へと後退しているようだ。
このため、史実と同じようなタイミングで両軍がRichmondの前面に集まるんじゃないかと思う。

2月はGCACW以外のゲームをいくつかプレイすることになりそうである。
Battle above the Cloudsのプレイテストも終盤に入ったようなので、ガッツリと取り組みたい。
[PR]
by gameape | 2009-02-05 21:15 | Comments(0)