ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

<   2008年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2008年には20タイトル、45ゲームをプレイした。

書いてみて驚いている。
大豊作ではないか。
(お祝いにウィスキーを持って来ましたよ。1人で乾杯(笑))

この数にはまだ出版されていないゲームのプレイテストは含まれていない。
うーむ、すばらしい充実ぶり。
ゲームバカ(汗)。

内訳は以下のとおり。

Thirty Years War (GMT) (対面)
Storm Over Arnhem (AH) (対面)
Here I Stand 2 Player Variant (GMT) (対面)
Up Front! - Meeting of Patrol (AH) (対面)
ASL Starter Kit (MMP)
・Simple Equation (オンライン)
・Hammer to the Teeth (オンライン)
・Legio Patria Nostra (対面)
・Prelude To Festung Brest (対面)
・Ad Hoc At Chef-Du-Pont (対面)
・Retaking Vierville × 2 (対面)
Stonewall Jackson's Way (AH)
・Ceder Mountain (対面)
・Jackson's March (PBEM)
Here Come the Rebels! (AH)
・South Mountain (対面)
・South Mountain (PBEM)
・McClellan's Opportunity (PBEM)
Stonewall's Last Battle (AH)
・Salem Church × 2 (対面)
・Brandy Station × 3 (対面)
Stonewall in the Valley (AH)
・Kernstown × 2 (PBEM)
・McDowell (対面)
・McDowell (PBEM)
・Winchester (PBEM)
・Piedmont × 2 (対面)
On to Richmond! (AH)
・Gaines Mill (PBEM)
・The Paninsula Campaign (PBEM)
Grant Takes Command (MMP)
・The Battle of the Wilderness (対面)
・Race for Spotsylvania (対面)
・Marching to Cold Harbor (対面)
Burnside Takes Command (MMP)
・Burnside Takes Command (PBEM)
信長包囲戦 (GJ) (対面)
ドイツ装甲軍団 - スモレンスク (CMJ) (対面)
Commands & Colors: Ancients - Hydaspes 326 AD (GMT) (対面)
Blue & Gray (SPI、CMJ)
・Chickamauga (対面)
・Shiloh (対面)
Bobby Lee - 1863年シナリオ (Columbia) (対面)
Waterloo 20 × 3 (VPG) (対面)
Not War But Murder × 2 (ATO) (対面)
Lee vs. Grant - 9ターンの上級ゲームシナリオ (VG) (PBEM)


最も印象に残っているのはBurnside Takes Command。
31ターンという長丁場を見据えた決断も面白く、1ユニットの1手番ごとの決断もビリビリとシビレるものすごいゲームだった。
要した期間は10ヶ月。
あと何年ゲームができるかわからないけれど、70歳まで続けるとしても、こういう経験をあと30回くらいしかこういう経験をできないと思うとちょっと寂しい。

他のゲームもいずれも楽しかったり、面白かったりするものばかりだったけれど、Burnside Takes Commandが何馬身かリードしてしまっている状態。
それくらい面白かった。

その他、強く印象に残っているゲームはBobby Lee。
久しぶりにプレイしたけれど、やっぱり面白い。
再戦したいし、Sam Grantもプレイしたい。

Not War But Murderは面白いゲームかどうかを見極めるために、あと何回かプレイしたいという印象。

Lee vs GrantはPBEMがフェードアウトしてしまった感じ。
以前何度かプレイしたときにはこのゲームの面白さに気付いていなかったのではないかと思い始めた矢先だったので、本当に残念。

参加したゲーム会は次のとおり。

・インメルマン
・千葉会
・The Old Musketeers
・中野歴史研究会
・山猫歴史クラブ
・猿遊会、小猿遊会
・ASL Starter Kit オンライントーナメント
・GCACW PBEMトーナメント


対戦してくださった皆さま、参加させてくださったゲーム会の関係者の皆さま、本当にありがとうございます。
2008年は本当に充実した1年になりました。
(PBEM対戦中の皆さまとは2008年終了までプレイが続くかもではありますが(笑))
[PR]
by gameape | 2008-12-29 23:54 | Comments(2)
入手したゲーム

ドイツ装甲軍団 - スモレンスク
ドイツ装甲軍団 (コマンド・マガジン日本版74号)

Command Magazine Vol.83 - Blue & Gray
ブルー&グレイ (コマンド・マガジン日本版83号)

Not War But Murder - The Last Assault
Not War But Murder (Against the Odds 19号)

昨年(2007年)に入手したのはASL Starter Kit #3だけだった。
しかも、ルールブックが欲しくて買っただけ。
(結局、今でもコマを切っていませんし、プレイもしていません)

今年は入手した3作をすべて1回はプレイできた。
(ブルー&グレーはもともと持っていたSPI版をプレイしていましたし。。。)
購入ゲームのプレイ率が100%。
うん、我ながらすばらしい。

「ドイツ装甲軍団」は昨年末に書いた「2007年、入手したゲーム、入手したいゲーム」において「入手したいゲーム」のひとつとしてあげていた。
在庫があやしくなるまで放っておこうと思ったのだけれど、4月の「ミリタリー・ライフ」の国際通信社ブースで購入に至った。

「ブルー&グレー」は前述のとおりSPI版を持っている。
なので購入の必要はなかったけれど、自分の記事が掲載されたのを記念して購入し、記事の作成に協力してくれたEd Beachに送った。

「Not War But Murder」はプレイの機会が得られたので、あわてて購入。
Grant Takes CommandやLee vs Grantでプレイした1864年5月下旬の南北戦争東部戦域がどのようにゲーム化されているのかに興味を惹かれた。
今のところ2回プレイしただけで、自分としての評価は定まっていない。
できればもう少し繰り返しプレイしたいところである。

ここまで書いたところで「Showtime: Hanoi」も入手していたことを思い出した。

Showtime Hanoi

このゲームはプレイしていないので、2008年の「入手ゲームプレイ率」は75%。
でもこれは無料なので「購入ゲームプレイ率」は依然として100%である(笑)。

入手した雑誌

・コマンド・マガジン日本版74号
・コマンド・マガジン日本版83号
・Against the Odds 19号
・Club千葉 #6
・Club千葉 #7
・Club千葉 #8
・Club千葉 #9

クラブ千葉#7 Club 千葉 #8 & #9

最初の3冊は雑誌そのものよりはゲームだったり、自分の書いた記事そのものだったりが目当てで入手したもの、といってよいかも知れない(汗)。
Club千葉は既に定期購読状態。
主に最初と最後のページにあるコメントが目当てであるというのは内緒。。。
こういう書物がもっと出回って欲しいなと思っている。
Webサイトやブログの記事を印刷しただけのものでも歓迎なので、ぜひ。

入手したいゲーム

・The Battle Above The Clouds
・Stonewall Jackson's Way 2
・Shenandoah: Jackson's Valley Campaign

昨年(もしかすると一昨年か?)以来の指定席状態。
もしかすると来年末にはThe Battle above the Cloudsが「入手したゲーム」と「在庫あり・プレイ経験あり・好きなゲーム」に移動するかもしれない。

The Battle above the CloudsはGCACWシリーズの最新作。
現在、プレイテストがおこなわれていて、僕も参加している。
1863年9月から10月のChickamauga、Chattanooga周辺における戦役を題材にしている。
スケールはこれまでのシリーズと同じで、1ターンが1日、1ヘクスは2,000ヤード。
各ユニットは歩兵師団や騎兵旅団で、軍司令官(Grant、Bragg、Rosecranz)や軍団長(Crittenden、Thomas、Polk、Walker、McCook、Buckner、Forrestなど)が登場する。
シナリオは基本ゲームが7本、上級ゲームが1本。
上級ゲームシナリオはChickamaugaの戦いを含む戦役だけで、Chattanooga包囲戦を題材にしたものは含まれない雰囲気である。

Stonewall Jackson's Way 2はGCACWシリーズの第1作目の第2版。
元々含まれていた第2次マナッサス戦役に加え、第1次マナッサス戦役のためのモジュールである「All Green Alike」が提供される。
第2次マナッサスについてもシナリオが改訂される他、新しいシナリオも追加されるらしい。
新シナリオの1本である、第2次マナッサスの戦いを描く3ターンのシナリオは数回プレイしたことがあるけれど、両軍がガッチリと殴りあう派手なシナリオで面白かった。

Shenandoah: Jackson's Valley CampaignはColumbia Gamesの積み木ゲーム。
戦域全体をカバーするBobby Leeより小さく、かといって会戦のみをカバーするBadge of Courageより大きく、というスケールを期待している。

入手を迷っているゲーム

・The Halls of Montezuma (GMT)

今のところこの1作だけ。
メキシコ戦争に興味があるけれど、書物に触れるほどの根性もない。
そういうときにカードドリブンゲームは便利だと思う。

同じメキシコ戦争のゲームでBattles With the Gringosも気になるけれど、これはGringo!を1回プレイしてから購入を検討するつもり。
GMT版のGBACWは2008年にプレイしておきたいゲームのひとつだったのだけれど、縁がなくて絶賛先送り中。
[PR]
by gameape | 2008-12-29 12:14 | Comments(0)
同じタイトルの記事を昨年末に書いた。

そのときには5タイトルのゲームが「在庫あり・プレイ経験あり・好きなゲーム」だった。
しかし、そのうちの「独ソ電撃戦」と「Here I Stand」が「在庫なし」になってしまった。

独ソ電撃戦 Here I Stand

一方、好きなゲームは増えていない。
元々好きなゲームはいくつかあるけれど、どれも在庫切れ。
在庫ありのゲームを新たにいくつかプレイしたけれど、好きだと言えるほどのものはなし。
(「Not War But Murder」はあと数回プレイしないと好きかどうか判断できなそうです)

Against the Odds Vol.V Nr.3 - Not War But Murder

ということで、昨年の記事に書いた5タイトルから、今年在庫切れになった2タイトルを抜いたものが今年の「在庫あり・プレイ経験あり・好きなゲーム」ということになる。

Bobby Lee

Bobby Lee

昨年末、このゲームへの僕の気持ちはちょっと盛り下がり気味だった。
しかし、11月のThe Old Musketeersでプレイし直してみて、その面白さを再実感。
今は「いつでもプレイしたいゲーム」の上位にいる。
プレイして楽しく、プレイしたらこんな風になるだろうかと妄想しても面白い。

同じルールで西部戦域を扱うSam Grantもぜひプレイしてみたい。

Onslaught と ASL Starter Kit

Onslaught ASL Starter Kit

この2タイトルについては、Bobby Leeほど気持ちが盛り上がらない。
でも在庫ありのゲームで好きなゲームが1タイトルだけというのはあまりに寂しいので引き続き含めることにした。

色々な事情があるとは思うのだけれど、ウォーゲームの在庫がすぐになくなっちゃわないようにならないものか。。。
あるいは、あるゲームをプレイしたいと思った人が出てきたときに、リーズナブルな価格で入手できる世界がやってこないものか。。。
[PR]
by gameape | 2008-12-28 23:04 | Comments(0)
先の対戦に続いて、受け持ちを入れ替えて再度プレイ。
僕は北軍を担当し、プレイには約2時間45分を要した。

第1ターン、Leeは病欠。
北軍は騎兵1個旅団にPamunkey川を渡らせてエリア33(Hanovertown)に。
南軍はHillとAndersonの軍団をHanover Junction付近から引き抜いた。
(第1ターン終了時の写真を撮り忘れました)

Not War But Murder - Turn 2
第2ターン、Leeが戦場に復帰。
北軍はWilsonの騎兵旅団をエリア9(South Anna)に、歩兵1個軍団をエリア19(McDowell's Mill)に進めた。

Not War But Murder - Turn 3
第3ターン、北軍はさらに歩兵1個軍団をPamunkey川の下流側へ進めた。
先のターンにエリア9(South Anna)に進出した北軍の騎兵は南軍の騎兵の攻撃で壊滅。

Not War But Murder - Turn 4
第4ターン、RichmondにHokeが到着。
北軍はさらに歩兵1個軍団を下流側に送り、Hanover Junction付近にはBurnsideの1個軍団を残すのみに。

Not War But Murder - Turn 5
第5ターン、Smithが到着。
南軍はEarlyの軍団でBurnsideの捕捉を試み始める。
北軍は歩兵2個軍団にエリア28(Norman's Ford)でPamunkey川を渡らせ、エリア32(Haw's Shop)へと進めた。

Not War But Murder - Turn 6
第6ターン、北軍は騎兵旅団を走らせてChesterfield Stationから前線への連絡路を開こうと試みる。

Not War But Murder - Turn 7
第7ターン、Leeが再び病欠。
両軍は部隊のほとんどをマップ東端付近へと集中させて最後の決戦に備える。

Not War But Murder - The Last Assault
第8ターン、Leeは病欠のまま。
北軍は引き続きChesterfield Stationへの連絡路を確保しようと試みるが、南軍騎兵とのイタチごっこになってしまう。
もはや時間切れと判断した北軍は、温存しつづけたアドバンテージを使って複数エリアを活性化してエリア33(Hanovertown)への突撃を敢行するも失敗。
そして、それと同時にターンが終了してゲームセット。

北軍の損失で-4VP、南軍の損失で2VP、エリア支配によるVPな無しで、合計2VP。
南軍の勝利となった。
[PR]
by gameape | 2008-12-27 12:23 | Comments(0)
千葉会にてNot War But Murder (Against the Odds 19号)をプレイした。
僕は南軍を担当、プレイに要した時間は約3時間半。

Not War But Murder - Turn 1
第1ターン、Leeは体調不良で退出。
北軍は騎兵だけが南東に迂回し、歩兵2個軍団がエリア8(Ox Ford)に突撃。
南軍はこらえきれずに後退。

Not War But Murder - Turn 2
第2ターン、Leeは健康チェックをクリアしたものの、北軍がアドバンテージマーカーが使ったことにより再び退出。
先のターンにPamunkey川を下ったSheridanがエリア33(Hanovertown)で渡河を試みたものの、先行した南軍の騎兵に撃退された。
北軍の歩兵は引き続き2個軍団で突撃をおこない、エリア7(Hanover Junction)を奪取。
また、Hancockの歩兵1個軍団がPamunkey北岸を通ってエリア11(Bethel Church)に進出。

Not War But Murder - Turn 3
第3ターン、Leeが回復。
北軍の歩兵はさらに前進し、南軍は2個師団を失ってSouth Anna南岸へと押しやられた。

Not War But Murder - Turn 4
第4ターン、北軍は歩兵をさらに前進させ、South Anna南岸のエリア22(Ellett's Crossing)に突撃したが、今回は撃退された。

Not War But Murder - Turn 5
第5ターン、Leeが再び体調を崩した。
南軍はHokeが来援したが、北軍のSmithは到着せず。
北軍はSouth Anna渡河に成功してエリア22(Elliett's Crossing)に進出したが、Hillの反撃を受けて1個軍団が退却。

Not War But Murder - Turn 6
第6ターン、Leeが回復。
北軍はエリア21(Wickham's Crossing)に突撃し、南軍は大損害(8CP)を被る。
エリア33(Hanovertown)への攻撃もおこなわれたがこれは失敗。

Not War But Murder - Turn 7
第7ターン、エリア33(Hanovertown)への攻撃が再度おこなわれ、単独で守っていたBreckinridgeの師団が壊滅。
エリア20(Hanover Court House)も北軍の手に落ちた。
南軍は反撃のためAndersonとEarlyの軍団をエリア32(Haw's Shop)に集結させた。

Not War But Murder - Game Ends
第8ターン、南軍はHillをエリア32(Haw's Shop)に呼び寄せ、全軍でエリア33(Hanovertown)へ突撃、北軍に7CPの損害を与えた。
北軍は騎兵だけに守られたエリア23(Ashland)を奪取。

ここでゲームは終了。
北軍はエリア20と23を占領して2VP、北軍の損失が-7VP、南軍の損失が13VP。
合計8VPで南軍の勝利。
[PR]
by gameape | 2008-12-24 01:02 | Comments(2)

千葉会 - 2008-12-21

千葉会 - 2008-12-21

千葉会に遊びに行ってきた。
9時半ごろに会場に着くという、自分でも驚くほどの早起きぶり。
(普段、会社に出勤するより早い時刻の電車に乗りましたよ。。。)
さらに、予定より早く最寄り駅に到着して、マックグリドル(結構好きなんですよ)で朝ごはんまで。

Not War But Murder

夕方までおじゃまして、Against the Oddsの「Not War But Murder」。
両軍入れ替えて2戦することができた。
ちょっとダメなプレイをしてしまったところを後悔しているものの、全体として非常に満足。
しかも、19時過ぎには帰宅してビールと夕食という理想的な休日。

Club 千葉 #8 & #9

会場ではClub千葉の最新号2種類が用意されていた。
エネルギッシュに執筆しているなぁ、真似できないなぁ、と強く感心。

以下、会場でプレイされていたゲーム。

ドイツ装甲軍団 - マーケット・ガーデン
ドイツ装甲軍団 - マーケット・ガーデン (コマンド・マガジン日本版)

日露戦争
日露戦争 (エポック)

Advanced Squad Leader
Advanced Squad Leader (AH / MMP)

Empire of the Sun
Empire of the Sun (GMT)

Advanced Squad Leader
Advanced Squad Leader (AH / MMP)

魏武三国志
魏武三国志 (ゲームジャーナル)

1918
1918 (XTR / コマンド・マガジン日本版)

Leningrad
Leningrad (SPI)

テムジンの戦い
テムジンの戦い (コマンド・マガジン日本版)
[PR]
by gameape | 2008-12-21 23:21 | Comments(0)
Not War But Murderの移動ルールにつまづいている。
何度かルールを読み返してはいるものの、うまく理解できない。

当初、9.2にある以下のような説明を読んで「あー、簡単じゃん」と思った。

1MF = Vacantなエリアに進入
2MF = 敵軍のFreshな砲兵ユニットに隣接するVacantなエリアに進入
3MF = 敵軍のExhaustedなユニットだけが存在するエリアに進入
4MF = 敵軍のFreshなユニットが存在するエリアに進入
全MF = 橋を使わずにCreekを渡る (歩兵と騎兵のみ)

しかし、この他にある細かい例外などに引っかかってしまっている。

まずはRiver。

すべてのユニット及びリーダーは橋のないRiverを(たとえ鉄道があっても)一切渡れず、
橋で渡った場合はそこで移動終了。

Creekは兵科によって異なる。

歩兵と騎兵(これはリーダーとユニットの両方を指すと考えるのが自然そう)は橋なしに渡
れるが全MFを消費。
砲兵と騎馬砲兵は渡れない。
橋でCreekを渡るならば、1インパルスに最大5ユニットの制限が適用されることを除いて
Open Groundと同じ(特に制限はないようですし。。。)。

道と鉄道は地形にかかわらず次のようになると思う。

歩兵ユニットは道も鉄道もない境界を越えて移動したら移動終了。
騎兵ではないリーダーは道(鉄道ではない)のない境界を越えて移動したら移動終了。
砲兵ユニットと騎馬砲兵ユニットは道(鉄道ではない)のない境界を越えて移動できない。
騎兵ユニットと騎兵リーダーは道や鉄道の有無に影響を受けることなく移動できる(制限
はないですよねぇ。。。)。

その他、移動に関連していくつか気になったこと、忘れてしまいそうなことなど。

Contestedでなく、かつ敵軍支配のエリアに入るにはポイントユニットが必要。

橋はあるけど道がない境界。
砲兵ユニットと騎馬砲兵ユニットはこれを越えて移動できないということになるのだろう。
Not War But Murder - Bridges

途中で途切れてしまう道(3.2.1にあるとおり、道は境界を横切らないと効果がない)。
Not War But Murder - Road that does not cross boundary

橋のない鉄道(鉄橋?)ではRiverを渡れない。
Not War But Murder - Railroad Bridge

これを書いたら少しは理解できるかと思ったけれど、まだモヤモヤしている。
これから「Contestedなエリアでの活性化」を理解しなければならないというのに。。。
[PR]
by gameape | 2008-12-19 23:56 | Comments(0)
Not War But Murder - Victory Condition

北軍はHanover Junction付近に橋頭堡を確保した状態でゲームを始める。
でも、その正面には南軍が強力な陣地を構築しているので、ここで前進を試みるのはまさに「戦争ではなく殺人」になってしまう。

しかし、別の渡河点を確保しようとしても、その選択肢はとても少ない。
道の通った橋があるのはHanover Court House (20区)とHanovertown (32区)だけだ。
道の通っていない橋や、橋のない川を渡れないわけではないが、南軍をよほど余裕のない状態に追い込まない限り、対岸に陣地を作られてしまうんじゃなかろうか。

とはいえ、南軍は3つの渡河点を同じように強力に守れる訳ではないだろう。
だとすれば、より下流側に迂回すると見せかけてやっぱり上流側を攻撃の主軸にする可能性をチラつかせるという戦略が有効かもしれない。
また、上流側に南軍を引き付けておき、増援としてやってくるSmithをRichmondに進めるというのもありかもしれない。

とはいえ、この川を渡るだけではまだRichmondのドアをノックすることすらできない。
Chickahominy川を越えずに得点できるVPは最高でも6だ。
勝利するには戦闘で大きく勝利する必要がある。
(そこでコールドハーバーへの攻撃ですよ、ということなのか。。。)

南軍としては、渡河点の対岸にきちんと砲兵を置いておくこと。
そして、塹壕マーカーが足りなくならないように注意すること。
さらに、Leeがいつも元気だとは思わないこと、あたりが重要なんじゃないかと。
[PR]
by gameape | 2008-12-14 22:15 | Comments(0)

Against the Odds 19号

Against the Odds Vol.V Nr.3 - Not War But Murder

12月3日に発注して、到着が12月9日。
たったの6日で届いてしまうのにビックリ。

表紙右上に「CSR賞受賞!」と書いてあるということは、重版したということなのかな?
(最初に出版したときから書いてあったということはないよなぁ。。。)

目当ては付録ゲームの「Not War But Murder」。
今年はもうゲームを買わないかなと思っていたのだけれど、対戦が実現しそうなので慌てて購入。
ルールは既にWebからダウンロードして目を通した。
Breakout: Normandyを簡単にした感じ。

発注するときに「どのハガキゲームが欲しい?」と尋ねられた。
「Stand at Mortain」も「Some Poles Apart」も持っていたので「Showtime Hanoi」を選んだ。
そうしたら、打ち抜きのコマまでついてきた。

Showtime Hanoi

他の2作の打ち抜きコマも欲しくなってしまうなぁ。
ちょうど「Look Away」を買ってもいいかなぁ、と思っていたところだというのに。。。
[PR]
by gameape | 2008-12-13 22:41 | Comments(8)
Dark December

インメルマンの月例会を冷やかしに行ってきた。
会場に長い時間滞在することができないことがわかっていたし、事前にゲームをする約束をしていたわけでもなかったので「冷やかし」。

「せっかくなのに」
「もったいない」
「わざわざ何をしに」

そう思うこともできる。
でも、僕はウォーゲーム会に行ってゲームをしないで会場を去ることがそんなにつまらないと思っていない。
人のプレイしているウォーゲームを見るのは面白い。
ウォーゲームをプレイしている人を見るのも面白い。

あー、これってこういうルールなのかな、こういうゲームなのかな、とか想像したり。
ゲームしている人からするとジャマなのかもだけど、話し相手になってもらったり。

それはそれで十分面白いと思うんだけどなぁ。

なお、僕が会場にいた数十分の間にプレイされていたのは「Dark December」と「Victory in the Pacific」。

Victory in the Pacific
[PR]
by gameape | 2008-12-13 21:20 | Comments(0)