ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

随分前にBPAのニュースレターで「JAPAN BOARDGAMING CHAMPIONSHIPS」という見出しを見つけて興味を惹かれたものの、ずっとそれを忘れていた。
その後、スラッシュドット・ジャパン 「日本ボードゲーム選手権」開催」という記事を見て「おお、本当にやるんだ!!」と驚かされた。

プレイされるゲームはいわゆるドイツゲーやバックギャモンなど、「ウォーゲーム以外のゲーム」ばかりであるようなのだけれど、「WBCに参加した人が、WBCに感銘を受けて開催するゲーム会」というのがどんなものなのかとても気になっていた。
日本ボードゲーム選手権は5日間にわたっておこなわれたが、唯一僕の時間の都合がついた最終日の今日、会場に遊びに行ってみた。

日本ボードゲーム選手権

会場はとても広く、テーブルが何枚も広げられていて、1980年ごろのホビー・ジャパンのコンベンションを思い出した。
数は数えなかったけれど、30以上のゲームが同時に進められるくらいのテーブルがあったのではないかと思う。

入り口で登録料と参加料を支払うと、名札が配られる。
名札には名前(ニックネーム)の他、プレイしたいゲームなどを書き込むことができる。
また、名札の一番下には日付が書かれたボックスが書かれていて、ラジオ体操のカードのように参加した日にスタンプを押してもらえる。
名札にはヒモをつけ、会場内ではこれをクビからぶら下げる。

場内のテーブルはすべて2枚ずつテープで貼り付けられていた。
確かにこれなら、テーブルのつなぎ目を気にしなくて良いので、糊の残らないテープで貼るのはよいかもしれない。

元々、ゲームをプレイするつもりはなく、会場内の雰囲気を見ることができればよいと思っていたのだけれど、場内を歩いていると何人かの方が声をかけてくださって、ゲームに参加することができる。

「○○というゲームをプレイします、参加しませんか?プレイ時間はおよそ××分です」
。。。というように声をかけてもらえる。

「ルールを知らなくても参加できるのか」
「どのくらい時間がかかるんだろう」
。。。というこちらの心配を一気に解消してしまうところがすごいなぁ、と感心。

そのようなお声がけのひとつのおかげで、僕は「ジャマイカ」という海賊のレースのようなゲームに参加した。
ルールは知らなかったけれど、その場で説明を受けて、それなりにプレイすることができた。

それからもうしばらく場内の雰囲気を楽しんで会場を後にした僕は、富ヶ谷のルヴァンでビールとパン(ここのパンはやっぱりおいしい!!)をいただきながら、あれこれと考えたことをメモ。
  • 広い会場って理由は分からないけれどワクワクする
  • 来年の日本ボードゲーム選手権でウォーゲームをプレイできるかな
  • もしできたとして、浮いたり、迷惑をかけたりしないかな(汗)
  • その場で参加者を募って、ルールを説明して、それなりにプレイしちゃうなんて、ウォーゲームでできるのかな
  • もし、それができないとしても、必ずしもそれはウォーゲームの欠点ではないんじゃないかな
  • 「ジャマイカ」をバリバリとプレイしたい人が、僕のようなプレイヤーがいる卓でばかりプレイしなければならないとしたら、それは「最高のゲーム会」になるのかな
  • WBCに参加したいな、っていうかするぞ(笑)

[PR]
by gameape | 2008-08-17 23:53 | Comments(0)

普通じゃないルール

1年くらい前、Blue & Gray (SPI版)のルールを読みながら、このゲームのルールの「忘れてしまいそうなところ」に赤ペンで印をつけていった。

Blue & Gray rules with red lines

ウォーゲームのルールはいくらがんばって読んで覚えても、よほどそのゲームを繰り返してプレイしない限り忘れてしまう。
でも、印をつけておけば、ルールを忘れてしまったとしても、その部分の周辺だけを読んで何とかプレイできるのではないかと思ったのである。

印をつけながらふと思ったことは、印がつけられていない部分というのは自分にとって「ウォーゲームのルールとして普通であるもの」なのではないかということである。
それらは自分の中に「普通のウォーゲームのルール」として存在しているので、忘れる心配をしなくてもよいのである。

例えば、「同じヘクスにいる複数のユニットは、同じヘクスを攻撃しなければならない」というルール(7.22)に印をつけたが、「同じヘクスにいる複数のユニットはひとまとめに攻撃されなければならない」というルール(7.21)には印をつけなかった。
後者は「普通のマストアタックのルール」の範囲内にあり、前者は「マストアタックのルールとしては普通じゃない」と僕は思うのである。

僕が印をつけた箇所は次のとおり。
  • 移動力は一律6 (2.4)
  • スタック制限は2個 (5.32)
  • 敵軍ZOCから退出できるのは退却、戦闘後前進、及び敵軍ユニットの除去 (6.3)
  • 橋か浅瀬がない限り、ZOCは川を越えて及ばない (6.6)
  • スタックしているユニットが攻撃する場合は攻撃力を合計しなければならない (7.22)
  • 退却を決めるのは所有プレイヤー (7.71)
  • スタックしているユニットを別々のヘクスに退却させられる (7.71)
  • 戦闘後前進できるのはユニット1個だけ (7.76)
  • 戦闘力比は任意に下げられる (7.9)
  • 砲兵の射程は3ヘクス (8.11)
  • 複数ヘクスを攻撃する際、砲兵は防御側の1ヘクスを射程に収めればOK (8.22)
下線が引かれた箇所の多くは、普通かどうかというよりはゲームによって異なるものである(移動力、スタック制限、川とZOCなど)。
一方、前述したスタックによる攻撃の制限や、スタックしているユニットによる退却、戦闘後前進が1ユニットのみ、というのは「普通じゃないルール」だというのが僕の感覚。

これらの他、退却時にスタック制限に引っかかったときの再配置(7.8)は独特のルールだとは思うけれど、このルールは僕にとってBlue & Gray (というかNAW系、か?)と強く結びついたルールなので、印をつけなかった。

最後に、ここで言う「普通か普通ではないか」は、その良し悪しとは全く関係がないことを念のため書いておく。
[PR]
by gameape | 2008-08-17 18:54 | 考えごと | Comments(2)
スターリングラード強襲

15時過ぎにふらりと会場を訪れて、18時半くらいに会場を後にした。
上の画像は僕ではない人がプレイしていたGJの「スターリングラード強襲」。
この他、Army Group South Quadの「Operation Star」もプレイされていたらしい。

短い時間であったけれど、いつもと同じくあーでもこーでもと雑談の場を持たせていただいたのは嬉しい限り。
久しぶりに会えて嬉しかった人もいたし。

プレイしたいウォーゲームは同じゲームをプレイしたいと思う人と、PBEMだったり直接会ったりしてプレイする。
ゲーム会には他人がプレイしているゲームを見たり、知人・友人に会いに行ったりする。

。。。そんな感じなのかもしれないなぁ、とふと思う。
[PR]
by gameape | 2008-08-10 11:38 | Comments(0)

2008年7月

対面でプレイ
  • Here Come the Rebels! - South Mountain
  • Grant Takes Command - Race for Spotsylvania
  • 信長包囲戦
PBEM
  • Burnside Takes Command - Burnside Takes Command
対面プレイはすべてThe Old Musketeers Vol.2でのもの。
PBEMは今年の1月から続いているもの(いよいよ残り5ターン!!)。
「信長包囲戦」を除けば、全部GCACWシリーズという充実ぶり。
別にGCACWシリーズ以外をプレイすると充実しなくなるという訳ではないけれども。。。

実際にはここに書いたゲームの他に、The Battle above the CloudsのテストプレイをPBEMとソロプレイでチクチクとおこなっている。
プレイしているうちに、戦史に興味がわいたり、当時の地図を見てみたくなったりという誘惑があるものの、なかなか手が回らない。
その辺のことは僕以外のプレイテスターたちが色々知っているに違いないから、僕は僕ができる範囲でやってみよう、と開き直っている。
「日本人だし、他人の国の戦争のことはよくわからないんです、てへ」とか言って(ウソです)。

8月はASL Starter Kitトーナメントの敗者復活戦がある。
実のところ、この記事を書いている今日、僕の第1回戦が始まった。
シナリオはS15、「Hammer on the Teeth」で、僕はアメリカ軍担当である。

また、GCACWシリーズのPBEMトーナメントの3回戦も始まり、こちらは「Gaines Mill」をプレイする。
ぼちぼちソロプレイをして、担当決めビッドくらいはスラスラできるようにしなければ。
(本当は練習プレイをしたいところなのだけれど、On To Richmond!は持っている人が少ないので対戦相手を探すのが大変そうで。。。)
[PR]
by gameape | 2008-08-03 22:21 | Comments(2)
コマンドいちねんせい Zさんを真似て、ホッテントリっぽいタイトルにしてみました。
以下の本文中に書かれている作業は10個ではないと思います
ごめんなさい、ついカッとなって書きました、今は反省している、ホッテントリっぽいタイトルになれば何でも良かった。

A grove of ASLのASL Starter Kitのトーナメントで敗者復活戦がおこなわれることになった。
シナリオはS15「Hammer to the Teeth」である。
先にセットアップするアメリカ軍を担当する僕は、事前にセットアップ済みのファイルを相手プレイヤーに送るべく、VASLを開いた。

マップをキャプチャしてMS-Excelに読み込んで、勝利条件ヘクスに丸をつけたり、配置可能ヘクスの境界となるヘクス列に線を引いたりしながら、何か不自然なものを感じていた。
たしか以前このマップで別のシナリオをプレイしたときにあった建物がないのである。

家にある「紙の」ASL Starter Kit #2のマップを見てみたところ、やっぱりW盤の丘の上には建物がある。
もしかしてSSRで建物がないことにするのかとも思ったけれど、シナリオカードにそれらしい記述はないし。

僕が持っているシナリオのファイルが古いのかもしれないと思い、VASLのサイトへ。
Download、Scenariosを経由して「Scenario Setup Archive」から「ASL Starter Kit」をダウンロード。
これを展開してVASLで読み込んでみたが、依然として建物がない。。。

続いてマップが古い可能性を考え、同じくVASLのDownloadページから「boards and overlays」に行って「w(v4.1)」をダウンロード。
これを展開してVASLフォルダ内のBoardsフォルダに貼り付け(念のため古い方のファイルは名前を変えて保存)。
再びシナリオS15を読み込んでみたところ、やっぱり建物がない。

。。。と思いきや、一呼吸置いたところで丘の上の忽然と建物が登場。

ASL Starter Kit S15 on VASL w/o Buildings on Hill

これが。。。

ASL Starter Kit S15 on VASL with Buildings on Hill

こうなった。

念のため、「紙の」マップと見比べてみる。
おそらく同じだと思う、おそらくだけど。。。

ふー、イマココですよ。

これから大砲のルール読んで、バズーカとパンツァーシュレッケのルール読んで、配置考えて、お布団取り込んで、スターシップトルーパーズ観にいって、って時間あるのか。
そんな状況にもかかわらず、Webに載せたいと思う衝動を止められないまま、画像をキャプチャしたり、Flickrにアップロードしたりしながら、夏の暑い土曜日はどんどん過ぎていく。。。

正確にはイマココ。
[PR]
by gameape | 2008-08-02 12:50 | Comments(2)