ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

カテゴリ:ウォーゲーマーと呑み食べ会( 12 )

デイリーポータルZの「飲み会はもうチャットでよくないですか」に触発されて、参加者全員がパソコンを使ってチャットする「ウォーゲーマー呑み食べ会」をやってみた。本当は「チャットしながらウォーゲームを対面プレイ」をしてみたかったのだけれど、いろいろ大変そうなので、まずは対面でチャットすることをテスト。

コロコロ堂

会場は根津にある「コロコロ堂」さん。一度訪れてみたいと思っていたし、場合によってはゲームをお借りして「チャットしながらゲーム」を試せるし、という思惑。3時間もの間ゲームをせずにパソコンをいじるオジサン3人は、さぞかし気味悪かったと思います。他の来店者さんたちとお店のスタッフさんにお詫びします。

コロコロ堂

参加者はTwitterに「チャットでウォーゲーム会、興味ある」と書いた僕にリプライをくださったお2人。こじらせなんで、自分から誘うの苦手なの。すみません。4人用のテーブルはパソコン3個置いたらゲームの置き場がなくなってしまい、チャットしながらプレイする企画はいきなり暗礁に乗り上げた形。

3時間以上にわたる呑み食べ会は、僕にとっては非常に楽しい時間だった。思うところはいろいろあるものの、すんなりと文章にできなそうなので箇条書き。

・対面でチャットは「僕は」楽しい。でも、苦手な人もいると思う。向き不向き、かなりある。
・ログが残るのはうれしい。でも、読むのは結構大変。3時間で約700行。
・プレイしながらのチャットはPCを置く場所がない、プレイとチャットの両立が大変、など厳しい。
・ときどき、チャットをやめて堰を切ったようにしゃべるときがあった。しゃべるのは楽。
・チャットだから出てくる話題、意見、チャットならではの展開、などメリットは結構ある。
・短いポストよりも、それなりの長さの、実のあるポストが多い。
・しゃべりのやりとりよりはちゃんと頭に入る(読むし、自分でも書くし)
・人の話を聞くに相当する「人が書き込んでいるときに待つ」な態度が結構重要。
・4人くらいがちょうどよさそう。おそらくそれはチャットなしの呑み食べ会でも同じ。
・座談会をやる手段として適しているのではないか。

今回と同じような「チャットありの呑み食べ会」はまたやりたい。チャットありでウォーゲームをプレイすることについては意見保留。興味はあるけど、あまり現実的に思えない。チャットする人とウォーゲームをプレイする人がいる会、例えば実況する人とプレイする人、みたいな企画は興味はあるので、機会があれば何らかの形にしたい。

ともあれ、とても有意義な会を持つことができた。参加くださったお2人。コロコロ堂のスタッフさんや、気味の悪いパソコン集団3人を許してくださった他のお客様さんたちに、最大級の感謝を。

最後に、今日の話題をいつもの形式で。

NBSとTCSとCWB / ドクターペッパー最高 / ウォーゲーマーのライフはゼロよ / ご飯食べながらLINEはダメよ問題 / 心の中では「俺スゲー」 / 「最高峰」とか「決定版」認定の是非 / ユーザにベテランが多いので出版者が煽り宣伝できない / 感想戦の「戦」がまぎらわしい / ダイスを記録する / ミニチュアゲームは画像だけで何やってるかわかる / 動画って見ますか? / ゲーム会で声をかける、かけられること / ウォーゲーム観戦 / プレイ中に電池がなくなる、WiFiが切れる
[PR]
by gameape | 2016-02-06 22:30 | ウォーゲーマーと呑み食べ会 | Comments(0)
しゅみのしみゅれーしょんげーむのtakobaさんが「東京駅で新幹線に乗るまでの数時間、どうですか」とのことでいそいそと遊びに行ってきました。「お店で録画なり、ライブ配信なり」という話も出てきたので、よーし、ということで役に立ちそうなモノをあれこれ持参してみました。

Prepare for USTream
  • iPad
  • iPadのスマートカバー(スタンド用に)
  • イヤホン×2
  • イヤホン用二股ジャック(2人で聞けるように)
  • マイク
  • Webカメラ
  • 100円イーゼル(iPadのスタンドに)
  • iPad用のスタイラスペン
  • iPod Touch
  • EMobileの無線ルータ
  • EMobile用のエネループ
  • エネループ予備(2セット)
  • パソコン
録画やライブ配信はiPadだけでできますが、USTreamがちゃんと写っているか確認したり、ライブ中のTwitter閲覧のためにPCを用意しました。万が一、iPadが不調だったときにPCで代替できるようマイクとカメラを用意しています。今回はテーブルがあまり広くなかった(または料理を置くスペースがなくなった)ために、PCをテーブルに置いておけなくなり、途中からTwitterをiPod Touchで見るようにしました。Twitterへの入力はできなくなったものの、単に発言を見るだけならTouchの方が2人で同時に見られるのでベターでした。

1時間とちょっとの間、レーベンブロイを飲みつつあれこれ話しましたが、かなりの部分を忘れてしまいました。USTreamをご覧くださった方の方が覚えてくださっているかもしれません。僕が覚えていること(と、Twitterのタイムラインを見直して思い出したこと)は以下のとおりです。
「索敵級」空母戦ゲーム / Air War / 針金弁当箱が苦手というのはコマのデザインの問題か、それとも / ウォーゲームは遠征にお金かけると楽しい / VASSALのオンライン対戦が苦手 / 肉は焦げたところがおいしい / 料理をするようになった経緯 / あの人が実はこのゲームを持ってない / 知人とウノや花札をやるようにウォーゲームをプレイする / Victory in the Pacific / コンピュータを使うけど反射神経は使わないでいいウォーゲーム / Fog of Warの表現手段としてダミーが適切とは思わない / 新しい方の帝海 / 第2次ソロモンは土地に意味があるから面白い / 楽しかったことを書く人と不満を書く人
2人で対面で座るテーブルだったので両方を同時に写すことができず、ほとんどの時間は壁だけが写っているというUSTreamである必要のあんまりないライブ配信になってしまいました。筆談用ボードを持っていっていたので、その時点の話題などを書いてイーゼルに立てておくのがよかったかもなと、今さら思っています(次回はやってみよう!)。

過去にも書いたことだと思いますが、ウォーゲーマーさんとウォーゲームをプレイしない前提で会って話すのはすごく面白いです。お昼に会って、呑みながらランチして、2時前には終了、という短時間ながらきわめて密度の高いウォーゲーム体験ができたことを嬉しく思います。takobaさん、そしてUSTreamをご覧くださった(Twitterに書き込みをくださった)みなさま、どうもありがとうございます。すごく楽しかったです。
[PR]
by gameape | 2012-01-21 17:59 | ウォーゲーマーと呑み食べ会 | Comments(0)
Twitterでtaku9113さんが書泉ブックマートに来ていると発言したのが昼。

これを見たkoharu5150さんがインターセプトの試み。
さらに、ちょうろ神保町を訪れていたenumuraさんも合流。

こうして、めでたくウォーゲーマー呑み食べ会となった。
夜遅くまで途切れることなく楽しい話が続き、覚えているだけでも次のような話をした。
全員がTumblrユーザだ! / 90年代にエポックメーキングなゲームはあったか / 東京は事情が違う / D&Dは戦術級ゲーム / フライトリーダー / パンツァー・コマンドからグランド・タクティカル・シリーズへの進化 / ガンダム・ドミニオン / ASLのマップ17がいい / LOS判定グッズ / ナンを食べるのは初めて / 第二次大戦の作戦級にそれほど惹かれない / コツがわかってない状態でカードドリブンをプレイするとコテンパンにされる / Up Front!は面白さを教えられる人とプレイすべき / 日本語で読める後継者戦争の通史 / White Death / ウォーゲーマーは先天性 / コンピュータ対人間の将棋 / 10面体ダイスのゲーム / ブリッツ・リーダー後継者たちで歩兵が強くなった / ウォーゲームはウォーゲームではないゲームの影響を受けているか
これまでも、インターネットをきっかけにウォーゲーマーさんと呑み食べしたことはある。
でも、今回のものすごいスピード感はちょっとこれまでとは違う面白さがあった。

呑んでいる途中にもツイートしながら、と思わなかったではない。
でも、話したり聞いたりしている方が面白くて、それどころではなかった。
[PR]
by gameape | 2010-08-22 00:19 | ウォーゲーマーと呑み食べ会 | Comments(0)
Consim Worldで僕の名前を見た、とアメリカ人のウォーゲーマーさんから連絡を受けたのが2週間前。
東京に遊びにくるので、ウォーゲームをプレイしようよということだった。

でも、話しを伺ううちに、配偶者さんも一緒とのことで、さすがに彼女を長時間待たせてゲームをするのはアレだよねということになり、一緒に呑み食べしましょうということになった。
3人で銀座と有楽町をちょっと歩いて、しゃぶしゃぶとビール、その後に東京の夜景を見ながらさらにお酒。

今回はいつも以上に英語を上手く話せなかったり聞けなかったりで若干凹み気味だったのだけれど、思い出してみると結構色んな話をしたかも、と今は少し気持ちが楽になった。

話したことで覚えていることは次のようなこと。

Wilderness Warは面白いよ / 最初にはまったウォーゲームはSPIのDreadnought / ワイフとSquad Leaderをやって負けたことがある / 仮想の世界を舞台にしたウォーゲームにはあんまり燃えない / 信長最大の危機ってどうよ / Victory in the Pacificは良いゲーム / 東京近郊では毎週末にどこかしらでウォーゲームができるよ / ポリオ二ウォーって何だろうと思ってたらThe Napoleonic Warのこ とだった / 何事においても校正はとても大切 / おいしい魚料理のためのソースの作り方 / 配偶者を旅先でウォーゲーム関連の場所に連れていくことについて / 新しいスター・トレックはいいよね / ハワイのおいしいラーメン / 最近はアメリカでもサッカーは人気 / 私が死んだらゲームをオークションに出品するように / アイラモルト最高 / 1ドル85円で日本旅行は大変

今回は結局「呑み食べ会」だけでは終わらず、ゲームをプレイした。

「Zero!」のドッグファイトを2戦。

ZeroとWildcatを入れ替えで受け持ち、どちらもZeroの勝ち。
プレイ時間は2ゲームで約1時間。

非常に楽しかったが、日本人同士でプレイしたら注意されたりするのかも(汗)。
いずれにせよ、夜景がとても綺麗な、とある結構有名なホテルのバーでゲームをプレイする機会はもうあんまりないだろうとは思う。。。
[PR]
by gameape | 2009-09-27 00:26 | ウォーゲーマーと呑み食べ会 | Comments(5)
アメリカ在住のウォーゲーマーさんが仕事の都合で東京を訪れるとのことだったので、お会いさせていただくことになった。
東京のウォーゲームショップを見たい、とのことだったので書泉ブックマートと新宿のイエローサブマリンを知らせたりしているうちに、書泉で待ち合わせをすることになった。

お会いした後は、お酒を飲みつつ、ご飯を食べつつ、時間を忘れてとても楽しい話をたくさんできた。
僕が英語をちゃんと聞き取れていたか、思ったことをきちんと英語で伝えられていたかはわからないけれど、次のような事柄を話したり聞いたりしたつもり。
僕より年下だったのでビックリ / Panther GamesやHPSのPC用ウォーゲームから紙のウォーゲームに進んだ / 激マンとスターリングラード強襲とGJ百年戦争(すべてMMP版)が好き / Conflict of HeroesのVASSALモジュールがもうすぐ完成するよ / 最近はコールドハーバー前後の戦役に興味がある / 父親と一緒に観にいった「遠すぎた橋」 / 一番好きなテーマは7年戦争 / 戦場を訪問する / プレイはもっぱらVASSAL / 質対量の戦いは面白い / 経済的な低迷の影響でゲームショップが減っている / プレイしないゲームは買わない / 買うゲームの数は年に数個程度 / アメリカのゲームショップはテーブルがあるのが良いところだけれど、ウォーハンマーとかで使われていることが多い / 好きなゲームのオリジナル版が掲載されているGJを買おうかと思ったけれど高いし、お土産にレゴを持って帰ったりするので荷物を増やせないので諦めた / 飛行機でプレイするためにIsraeli Independenceを買ったよ / ウォーゲーマーを増やすために何かしてる? / ウォーゲームのポッドキャストが面白い / 日本では軽いゲームと重いゲームのどちらに人気があるの? / ゲーム会でHannibalをプレイし終わってテーブルを離れた後、対戦相手がシモニッチ氏本人だと知った / 近所で定例のゲーム会はあるけれど、ドミニオンとかRace For The Galaxyとかが人気
ウォーゲームとは関係ないが、店で供される食物を英語で説明するのが難しかった。
ダイコン(大きな白いにんじん)、タケノコ(とっても若い竹)、コンブ(海草の一種)、ゴボウ(植物の根っこ)、などなど。

ウォーゲーマーと話すのは本当に面白いが、今回はとりわけ刺激的だった。
国籍が違う、というのがそもそも大きいけれど、僕の予想したアメリカ人ウォーゲーマー像と大きく違っていたことが要因だと思う。

ウォーゲームの対戦は調整が色々大変だけれど、ウォーゲーマーと呑み食べしながら話すのはとても簡単でとても楽しい、と改めて再認識。
[PR]
by gameape | 2009-01-23 23:32 | ウォーゲーマーと呑み食べ会 | Comments(2)
中野歴史研究会に参加した後、その後の夕食会にも邪魔した。
参加者はOMEGA7さん、鹿内さん、志乃さん、田村さん、西新宿鮫さん、yagiさん、僕の7名。

とてもとても面白い話の連続だった。
3時間近く話したのだろうと思うけれど、もっと時間があってもよかったなぁ、と。

以下、話されたことを覚えている範囲で。。。

同じ題材を扱うカードドリブンとそうじゃないゲームを比べてみれば? / 雑誌の発行部数 / 史実のストーリーを再現するウォーゲームへのニーズはあると思う / 「グラインドハウス」は予告編でしょう / 史実での選択可能性を再現するウォーゲームが好きだなぁ / 韓国のウォーゲーム事情 / 雑誌の記事の書き方 / 鹿内さんのレビューのおかげでGCACWシリーズを始めました / 団鬼六の18歳未満でもOKな話が面白い件について / ASLにおける戦略 / 手旗信号版「嵐が丘」 / ASLのPTOって実際プレイします? / なぜかナシゴレンが2回来たよ / 10代と40代のゲーマーがウォーゲームをプレイする可能性
[PR]
by gameape | 2008-09-15 14:06 | ウォーゲーマーと呑み食べ会 | Comments(2)
札幌でウォーゲーマーばかりが8人も参加する宴席に参加させていただいた。
この宴席は翌日におこなわれたウォーゲーム会「The Old Musketeers Vol.2」の前夜祭のような位置づけだったが、実際のところ前夜祭の方が参加者が多かったことになる。

これはこれで悪いことではないと思う。

宴席が二次会、三次会に及んだとしても、終日に及ぶゲーム会よりは拘束時間が短いことが多いはずだ。
それに、一緒に呑みながらウォーゲームのことをあれこれと話すのに準備はほとんど要らないが、実際にゲームをプレイするとなるとそれなりに準備が必要であることが多い。

いずれにせよ、呑み食べ会に参加する方がゲーム会に比べればハードルが低い。
そして、呑み食べ会であれこれと話をする方が、実際にゲームをプレイするよりもハードルが低い。
。。。と言いつつ、今回の呑み食べ会ではゲームもプレイされていたけれど。。。
飲み屋でIslaeri Independence

言い訳がましくなってしまったが、僕はウォーゲーマーと呑み食いするのが大好きで、今回の呑み食べ会もものすごく面白かったのである。

今回の参加者は、Mどりっひさん、今日も6ゾロさん、サッポロ辺境伯さん、辻参謀さん、Dさん、HIROさん、舞方雅人さん(以上、50音順)、そして僕。
僕と日常的にGCACWシリーズのPBEMをしてくださっているDさんを除き、ネット上で名前をしばしば見る札幌のウォーゲーマーさんたちである。

テーブルの上に次々と登場するウニ、エビ、ホッケ、ザンギ、イカ、ジャガイモといったご馳走に負けず劣らずのおいしい話が次々交わされていった。
話が楽しくて、翌日喉が枯れるほど(実際、ちょっと枯れた)話したことは覚えているが、詳しい内容はほとんど覚えていない。

いつものことながら、思い出せる話題を書きとめておくことにする。
初めてプレイしたウォーゲーム / MustAttackはいいよね / The Battle above the Cloudsについて / Russian Frontのブリッツ / コマ1個がAFV1両を表すゲームは燃える / エチオピアのライオンが面白い / ASLの正誤表や明確化をまとめたものは存在するのか? / One Eveningのテンプレートが艶めかしい件について / 花畑牧場の生キャラメル / YSGAの思い出 / 和訳を作成したゲームについてルール誤りを指摘してもらえないような気がする / Air WarとAir Powerの旋回ルール / Flight Leaderと機体ごとの上昇性能差 / GCACWシリーズの混乱や疲弊などの影響を一覧表で / 「今日も6ゾロ」というハンドルの由来 / 初めてMoserさんに勝った日のこと / Frederick The GreatとGCACWシリーズ
こうして書いていると、あの話をすればよかった、あの人ともっと話せばよかった、という気持ちになる。
いつかまた、今度は違う季節に(笑)、北海道を訪れたいと思う。
[PR]
by gameape | 2008-07-23 23:14 | ウォーゲーマーと呑み食べ会 | Comments(7)
日記帳 at Bay」を更新している庭猟師さんとお会いした。
庭猟師さんとはこれまで色々なウォーゲーム会で顔を合わせていたもの、なかなかゆっくりお話をする機会を持てなかった。
今回、ようやくそれが実現したのは、MustAttackにおけるメッセージのやり取りがきっかけである。
MustAttack経由で「オフ会」を実現したのは僕らが第1号かも(笑)。

庭猟師さんに紹介いただいたお店で コロナ > ラフロイグ > マンハッタンと呑み進んで、危うく終電を逃すまで話しをさせていただく。
一緒に食べたカレーもピクルスもピザ(イカの塩辛のせ!)もおいしかった。
店内の音楽がオジサンの琴線に触れるものが多く、イントロを聞いて腰が砕けそうになることおそらく十数回。

例に漏れず、ウォーゲーマーと呑み食べする時間はとても楽しい。
プレイするウォーゲームの選択や、それをプレイするスタイルについては、相性というか、好みのすり合わせのようなものが発生することがある。
けれど、呑み食いする分には相手の面白い話しを伺い、こちらの駄話を遠慮なくぶつけさせてもらうだけでかなりの満足を得られるのである。

呑んで気持ちよく話した内容をきちんと覚えていないのは相変わらずである。
かといって、お酒の席でメモ帳をテーブルに置くのも面白くないし。
思い出せる断片的なことがらを無理矢理に並べてみると、次のような感じか。
パウルス第6軍が面白い / (エポック or サンセットの)関ヶ原はすごい / Battle For Stalingrad とタクテクス第1号 / 雑誌を読んで見たことのないウォーゲームを想像するのは楽しい / ウォーゲームのSNS / ウォーゲーム・ミーティングの2回目ってないの? / Blue & Grayをプレイしましょう / GCACWシリーズのどこが好きか / 色々なウォーゲームクラブの例会に遊びに行く / 会ってみたいウォーゲーマー / 行ってみたいウォーゲーム会 / ウォーゲームをしにアメリカに行く / 好きなウォーゲームデザイナー / ゲームクラブの会員にあるのは権利であって義務ではない / Campaigns of Napoleon
ウォーゲームを趣味とする人がどんなことを考え、それをどのように話すのかを見聞きするのはとても楽しいことだ。
Webも面白いけれど、実際に会うのもいいなぁ、と思う(どっちがよいとか、そういう問題ではない)。
何人ものウォーゲーマーが集まって、それぞれ自分の思ってることを5分ずつくらいの持ち時間で話すイベントってできないだろうか。
「ライトニング・トーク」のウォーゲーム版である。

自分で企画しようとするほどの根性はないけれど、そういう企画があったらちょっと遠くても遊びに行きたいとは思う。
[PR]
by gameape | 2008-04-18 22:18 | ウォーゲーマーと呑み食べ会 | Comments(0)
しゅみのしみゅれーしょんげーむを更新しているtakoba39714さんと再びお会いする機会を持った。
関西から東京に遠征してきたtakoba39714さんとお会いするのだから、こちらがサクサクっと段取りするのがオトナなのだろう。
けれど、直前まで僕は何も決められないまま「とりあえず駅についたら携帯に電話ください」とか言って、グダグダの行き当たりばったりになってしまった(汗)。
とりあえず、新宿のイエローサブマリンへご案内することはできた(当たり前か)。

その後、お店に入ってビールをおいしくいただいたものの、1杯目を飲み終えたあたりで僕はかなり出来上がってしまった。
決してお酒に強いわけではないけれど、普段はそんなに早くは酔わないつもり。
ロレツが回ってなかったり、同じことを繰り返してしゃべったり、既に聞いていることを尋ね返したりしたのではないかと思う。
今後は気をつけようと思う。

話したこと(必ずしも2人が同意したことや、話した人がそう思っていることではない)で覚えていることを適当に並べると次のような感じである。

ウォーゲームのルール説明をスライドでやってみたい / ひこにゃん / 帝海第3艦隊 / おでんと言えばチクワブでしょう / AIR POWER / ウォーゲームのインストが苦手 / それなら帰ってソロプレイした方がいい、というとき / 戦略級ミッドウェイ / ウォーゲームは新たに出版されなくてよいか / 鮒寿司 / 次回はゲームしましょう / ゲームをプレイすることを前提にせずウォーゲーマーに会うこと / 回数をこなす人向けデベロップ、それほどの回数をプレイしない人向けデベロップ

とても楽しく、色々な思索のヒントを得られる時間を持つことができたのだけれど、前述のとおり僕はかなり酔っ払ってしまった(2杯目のビールは諦めてペリエを飲んでた。。。)。
日曜の夜だから、それほど遅くならずに家に帰りたいという気持ちを差し引いても、かなり早い時間にお開きにしてしまった。
次回があるとすれば、コンディションをきっちり整えて呑み食べしにいくぞ、と。
[PR]
by gameape | 2007-10-28 23:31 | ウォーゲーマーと呑み食べ会 | Comments(2)
千葉会のウェブを更新しているyagiさんとお会いする機会を持った。中華料理屋さんでランチを食べつつ、ビールを飲みつつ、ウォーゲームの話をお腹いっぱいになるまで堪能した(でも、時間があればもっともっと話したかった)。

これまでにあった同様の会席と同じく、僕の頭の中に残っているのは断片的な情報ばかりで、それを1本の(または複数の)記事にまとめることはできないが、その断片をズラっと書き出して見直すだけでも、1人でニコニコお酒を呑みなおせるくらい興味深いリストができあがる。
モノを書く上で締切や報酬はあった方がいいか / 自作カードドリブンゲーム / 千葉会のウェブは携帯電話で下書きしている(!) / We The People や Hannibal の戦術カードは面白い / 書面やウェブの記事に対する反応ってあまりない / 千葉会のウェブのネコはかわいい / 次はThe Killing Groundですよ! / ウォーゲームは色々な人とプレイするのが面白い / ゲーム雑誌買ってます? / 今日も6ゾロさんのブログをどこで見つけてきたの? / マーク・シモニッチ / 自分と同じゲームに自分と同じような熱意で取り組んでいるプレイヤーと対戦すること / スタンダードASLプレイヤーがSKをプレイすること / クラブ千葉のための作戦研究には1ゲームあたり数ヶ月を要する / 作戦研究記事は具体的であるべきか、抽象的であるべきか / Operation Typhoon / ドイツ戦車または装甲軍団 / カードドリブンゲームのカードは具体的であるべきか / 自分が好きなゲームについて情報を発信することが大事なのかなと
楽しかった。やっぱり、こういう会席は面白いのだなと思う。ウォーゲーム会の後などで一緒に呑み食べしにいくことがあるが、そういうときとは何かが違うのではないかとすら感じる(そういう呑み食べが面白くないという訳ではない)。

。。。というか、最近ゲームしないで呑み食べしてばっかり、という気もするが(汗)。
[PR]
by gameape | 2007-08-23 00:39 | ウォーゲーマーと呑み食べ会 | Comments(0)