人気ブログランキング |

ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

カテゴリ:PnP( 3 )

e0120077_22144597.jpg

Table Battlesのエクスパンションは単品で購入すると本体20ドル+送料15ドル。1ドル=110円として、3850円です。日本まで届けてくれるのはありがたいですが、やっぱり送料はうらめしや。

PDFで購入すれば送料なしで12ドル(1320円)。コンビニで上質紙にプリントして(A3を6枚で600円)、100円ショップでカードスリーブを手配しても(110円)、合計で2千円ちょいです。完膚なきまで安さを追求するならば、モノクロでコピーして自分で色を塗ってもプレイは十分可能でしょう。もちろんスリーブもナシで。

Absolutely Aces

「Absolutely Aces」をPDFで入手したときは、カードをより厚くして、かつカードスリーブなしで両面仕様にしてみようということで、片面を厚い紙(220kg マットポスト)に、その裏面をシール用紙にプリントして貼り合わせてみました。スリーブのつるつると滑る感触より好みではあるものの、シール用紙をまっすぐ貼るのは難しく、なかなか完璧には仕上がらないなと思いました。

Absolutely Aces

このやり方でTable Battlesの拡張1点を工作した場合、費用は次のようになります。

キンコーズのセルフPC 250円
カラー印刷 1面 40円×12=480円
220kg マットポスト A4 1枚 27.5円×6=165円
シール用紙 A4 1枚 100円×6=600円
本体 12 USD×110円=1320円
計 2815円

それでも現物を通販するよりは1000円安い。

ですが、しかし。Table Battlesの拡張3作を全部1回で購入すると送料は22ドルで済みます。合計82ドルで9020円。1個あたり3007円。自作した場合と200円も違いません。

ということで購入してみたところ、プラスチックのカードケースがついてきて、あーこれで元を取ったぞー、とホクホクしています。拡張2作目のアレキサンダーはPDFも購入しちゃいましたが、まぁよしとしましょう。

by gameape | 2019-05-10 22:41 | PnP | Comments(0)
e0120077_15151926.jpg

PnP版をプレイ可能な状態にする費用は合計2,491円でした。内訳は次のとおり。
  • Wargame VaultでPDFを購入:1,333円(12.00USドル)
  • 1ミリ厚のボール紙:20円ぐらい(もともとB3で64円)
  • プリント費用:1,138円
「PnPではない版」は送料込で77ドル。同じレートで計算すると8,553円となるので、約6,000円を節約できたことになります。何より、購入して2日後ぐらいにはプレイを始められる納期の短さこそプライスレス。

This Guilty Land

プリントはコンビニではなく、アクセアさんに依頼しました。Webで発注すると翌日の夕方には仕上がります。コマはシール紙に、マップとカードは220kgの厚い紙に原寸でカラープリント。紙のサイズは「A3ノビ」というA3より大きいものを選び、レターサイズのPDFを原寸でプリントしてもはみ出さないようにしました。

カードの背面もカラープリントしたのですが、3枚注文したはずなのに納品物には1枚しか入っていませんでした。受け取るときはちゃんとチェックしないとダメですね。220kgの紙で作ったカードは、切ってそのまま使うのに十分な厚みがあるので、スリーブに入れずに使っています。それゆえカードの背面は不要になって、なくても困らない結果となりました。

1mm厚 ボール紙

コマはシール紙にプリントしたものを1ミリ厚のボール紙の両面に貼り付けて、あとはハサミでジョキジョキと切りました。1個1個のコマは大きさや形がまちまちで、手作りならではの味わいです。カードは金属製の定規をあててカッターで切りましたが、こちらもあらぬ方向に切れ目が入ってしまって、ガタガタの形になってしまっているものがあります。ドンマイ。6千円の差はこの辺のクオリティに強くあらわれるよ、と。

工作に要した時間は約1時間。プリントの発注と回収なども含めるとそれなりの手間と時間と言っていいでしょう。工作の翌日は右手や両腕が筋肉痛でした。「プリント・アンド・プレイ」と言いますが、実は「工作」とか「お店に行く」とかが見逃せないウェイトを占めていす。

その辺りを明確にするために「PnMnP」(プリント・アンド・マニュファクチャリング・アンド・プレイ)という名称がアタマに浮かびましたが、長いし感じ悪いしで誰も(僕も)使わないわなと思います。

by gameape | 2019-03-21 16:06 | PnP | Comments(0)

諸君はPnPゲーム経済を

e0120077_11532979.jpg

PnPゲームはついついお金を気にしてしまいます。紙のコンポーネント(本稿では「PnPじゃない」の意味でこう呼びます)であれば立派な体裁だったり、工作や製本の手間が要らなかったりするのに、あえてPnPを選ぶのは主に金銭的なメリットを求めたからのはずで、結果として紙のコンポーネントより多額の出費をしてしまうのはガッカリです。

例えば、僕のNATO Air CommanderのPnP費用はこんなでした。
  • ゲーム本体:1366円(12 USドル)
  • カードとマップの印刷:600円(コンビニプリント、A3カラー 6枚 × 100円)
  • コマの印刷:248円(アクセアでシール紙にカラープリント)
  • イラストボード:50円ぐらい(家にあったミューズのケント1.5mm厚をA5サイズぐらい切り出して使用)
合計2264円、約21ドルです。紙のコンポーネントだと本体が45ドルで、東京までの送料22ドルを加えるとしめて67ドル。うわ、やっぱり全然違うぞ、三倍以上だ。「PnPはお金を気にする」といいつつ、この計算をきちんとせずにいたところが甘いですね、まったく。

NATO Air Commander

Table Battlesのエクスパンションのようにお値段控えめの物件(本体20ドル+送料15ドル)では事情が若干変わってきます。差額が10ドルとかになってくると、工作の手間やコンポーネントの品質を考えると紙のコンポーネントを買ってもいいんじゃないか、とか。

もちろん、お金ではないメリット&デメリットもあって、そこを総合的に勘案して(またはそのときの気分で)PnPだったり紙だったりを購入するのではあります。PnPのメリットはこんな感じです。
  • 納期が短い(その日にだってプレイできる)
  • ルールのPDFが提供される(ここが非PnPなゲームとの大きな違いだと思う)
  • マップとコマの画像も提供される(これも結構大きい)
  • 箱のやり場に困らない(要らないと思いつつ、箱を捨てるのは抵抗があるのです)
  • データを紛失しても再度ダウンロードできる(提供元が存続していれば、ですが)
一方、紙のコンポーネントのメリット(=PnPのデメリット)ももちろんあります。
  • 工作不要(コマ数の多いゲームはこれ重要)
  • 美麗なコンポーネント(これは出版社によって違うと思いますが)
  • 大判の切れ目のないマップ(A2マップのプリントは1500円/枚とかです)
つまるところ、両方のいいとこ取りをするために紙のコンポーネントを買った上に、PDFや画像データを入手するためにPnPも購入したりするのかと考えて、ちょっとガッカリしているところです。

あんまり細かい計算はせずに、パーッと発注して工作して2~3回プレイして次に行く、というのがPnPの楽しさなのかもしれません。

by gameape | 2019-01-06 11:57 | PnP | Comments(0)