人気ブログランキング |

ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

カテゴリ:節目( 11 )

e0120077_12485286.jpg

昨夜、平成の残りがもうすぐ24時間を切るぞというあたりで気づきました。TCS(Tactical Combat Series)の第1作目である「Bloody 110」が出版されたのが平成元年(1989年)なのです。

その後、WW2と朝鮮戦争を題材にした16作と、1980年代の仮想戦を描く番外編(と言っていいですよね)の「Force Eagle's War」が出版され、ルールはバージョン4.01まで発展していきましたが、2017年にMMPがシリーズ終了宣言が出したので、結果として「平成とともに始まって、平成で終わったシリーズ」になったと言えます。


この終了宣言の後に、既にデザイン作業が進んでいたと思われる「Ariete」がMMPのプレオーダーに追加されました。1941年11月のアリエテ師団によるビル・エル・グビでの戦闘のようです。クルセーダー作戦。プレオーダーの数が500に達していないところが、ひたぶるにうら悲し。僕も発注していないのではありますが、世に出てほしいとは思っています。



XTRがCommand誌を創刊したのも同じく平成元年。The GamersとしてはCWBが1年前の1988年で、OCSは平成4年(1992年)。GCACWが同じく1992年で、その祖先であるLee vs. GrantがCWBと同期の1988年出版です。GMT Gamesの創業が平成2年。

平成元年の周辺はウォーゲームにとって結構重要なできごとが多かった時期で、そこから少なからぬものが令和になっても続いていきそうだと楽観はしています。でも、TCSのようにエピローグだけを残す存在となるものもあって、「いいシステムなんだけど、かといって積極的に応援してきたとも言えないしなぁ」とじっと手を見る感じ。

しばらく経ったあとで「お、TCSのスピリッツはこんな形で残りましたね」などと嬉しくふり返ることがあるんでしょうし、その機会をぼんやりと楽しみにしています。自分としてはここ最近TCSに盛り上がっていたところでしたので、奇妙な偶然だなとは感じます。

by gameape | 2019-04-30 18:23 | 節目 | Comments(0)
e0120077_14212084.jpg

Harold BuchananさんがTwitterで「2018年に最もプレイした5作」をポストして、多くの人がそれに続いています。

これに乗っからないテはありませんので、僕の5作をコメントしました。

2018年はウォーゲームに触れている時間は例年どおり、または例年より多いくらいだったと思います。でも、人とプレイすることはほとんどなくて、気が向いたときに気が向いたゲームを雑にソロプレイする、というのを楽しみました。

対戦に備えてソロプレイしておこうとか、対戦できないからソロプレイで、とかではなくソロプレイしたくてソロプレイ。対戦もソロプレイも同じように(または違った面白さの)ウォーゲームの楽しみです。

  1. Atlanta is Ours:未プレイのシナリオはまだまだあるし、キャンペーンの対戦は失敗ばかりだったので、引き続きプレイしたい(すると思います)。
  2. Table Battles:面白くて楽しいゲームですが、こういうゲームばっかりプレイするようになったら困るな、という変な心配が頭によぎる不思議。
  3. Pub Battles Monmouth:対戦して面白さが見えてきました。旅団ユニットのバトルゲーとしては優秀なんじゃないでしょうか(まだ断言できない)。
  4. Supply Lines of the American Revolution:南部編に手を付けられぬまま年を越してしまいましたが、そもそもHollandspieleには「気になるけど未着手」が山積みなのです。
  5. Gaines's Mill (Tiny Battle):歩兵が複数ヘクス先を撃てる南北戦争ゲーはこのくらいの簡単さが適量なんじゃないかと思い始めています。

ゲームの良し悪し、好き嫌い、ではなく人とプレイした回数のランク付けです。ソリティアゲー(Skies Above the ReichとNATO Air Commander)は除外。アメリカ独立戦争が3作もあるのは我ながら「へぇ~」と思います。


by gameape | 2019-01-05 14:47 | 節目 | Comments(0)
e0120077_09521950.jpg

遊んだ日数の集計をゲームごとではなくシリーズごとにした場合、2018年に最も遊んだウォーゲームはGBACWだったのではと思います(こういうのは正確に計算しない方が楽しい)。とはいえゲームの勝敗がわかるところまでプレイすることは一度もなく、マップに並べて楽しい、どのルールがどこに書いてあるか探してモヤモヤ、マップを見比べてニコニコ。いとつきづきし。

最も遊んだゲーム(2018年9月~12月)

  • On to Richmond!:GCACW東部戦域の次なるリプリントは本作とGrant Takes Commandになるようです。また5年後とかでしょうか。
  • Pub Battles:大砲の描き方がなかなか良いと思います。と言いつつAntietamの購入は迷いを払拭できずに年越し。
  • シェナンドー・ナノ:誰の挑戦でも受けます(お約束)。
  • Skies Above the Reich、NATO Air Commander:空戦ゲームはゲームごとに出てくる新しいシステムや手法を見るだけで面白くて。
  • 東大安田講堂強襲:製品情報を見た時点でビビッときまして、入手してみたらやっぱりすごい。ウォーゲーム手法というのはこういうことなんだろうなと思います。

ここ数年は「迷ったら買え」どころか「迷ってる時間がもったいないから買え」ぐらいの前のめりを心がけているんですが、それでも迷わせるPub Battlesの魔性(お値段、とも言う)は恐るべし。

by gameape | 2018-12-31 11:00 | 節目 | Comments(0)
e0120077_22284684.jpg

5月から9月に遊んだゲームの月別ベスト5は、GCACWシリーズ5年ぶりの新作「Atlanta is Ours」がぶっちぎりです。

Atlanta is Oursが日本に到着し始めたのは4月。僕は少しではあるものの本作のプレイテストに参加してまして、もしかしたら現物が送られてくるかなと思っておりました(前作、前々作はそうだったのです)。しかし、どうもその気配がなさそうだぞというところで「プレイしましょう」と嬉しいお声がけをいただき、慌ててオーダーして入手に至りました。

結果的に5月から9月がAtlanta is Oursにドップリだったわけですが、1864年のアトランタ戦役も5月に始まって9月に収束してまして、面白い偶然だったなと喜んでおります。

最も遊んだゲーム(2018年5月~8月)

  • Korea: The Forgotten War:OSCをプレイしようと思って読んでいたものの、Atlanta is Oursが到着して後回しになってしまいました。
  • Fifth Corps:Central Front Seriesの遺伝子はGCACWシリーズとして実を結んだのだと思います。
  • Traveller と Edge of the Empire:映画「ハン・ソロ」を観たらやっぱりこの辺をやりたくなるではありませんか。
  • Dixie:仮想戦というにはトンデモなさすぎるけれど、SFというには飛躍が足りない、というジャンルってあるんでしょうか。
  • Gringo!:GBACWはまず1862年7月から1863年9月をしっかりプレイすべきで、その他の「スピンオフ」に触れるのはその後でいい気がします。

Atlanta is Oursと一緒に届いたRoads to Gettysburg IIはまだコマを切り終えていません。来年はコレですよ、えぇ。

by gameape | 2018-12-30 23:55 | 節目 | Comments(0)
e0120077_20460944.jpg

縦軸にタイトル、横軸に日付を書いた表をGoogleスプレッドシートに作って、日ごとに「その日に遊んだゲーム」を記録しています。「遊んだ」というのは対戦やソロプレイの他、ショップに発注した、それを受け取った、ルールをスキャンした、コマを切った、ルールを読んだ、などを含みます。

これを月ごとに集計して、数多く遊んだゲームのベスト5を並べてみました。まずは1月から4月分です。

最も遊んだゲーム(2018年1月~4月)

  • More Agrressive Attitudes:「このシミュゲ」の記事を書くために毎日のように触っておりました。
  • Wild Blue Yonder:V-1迎撃と空中戦をソロプレイしてそこそこ満足してしまいましたが、キャンペーンもそのうちやりたいです。
  • Fighting Sail:これも2~3艦の小規模シナリオが楽しく、より大規模なシナリオは未着手のまま。
  • Roads to Richmond:ゲインズ・ミルを面白く切り取ったゲームだと思いますが、ゲームとして面白いかは疑問。
  • Stonewall:ちゃんとGBACWをプレイして、もしかしてこれが最高と感じてます。初恋の人が最高なだけでしょうか。
  • Tac Air:航空機と対空兵器が出てくるNAWなんですが、これがおもしろい。審判あり多人数プレイをいつかどこかで。

今に始まったことではありませんが「もっと大きなアレはそのうち」だの「より複雑なソレを来年こそは」とかばっかりです。そう考えること自体は楽しいですし、それで誰かに迷惑をかけるわけではないので、2019年も胸を張って「有限不実行」を続けていく所存です。

by gameape | 2018-12-30 20:52 | 節目 | Comments(0)
2017年にプレイしたゲーム

2017年に少しでもプレイ(ほとんどがソロプレイです)したゲームを、触れた日数が多い順に並べています。上半期ベスト19と同じ手法です。ヘクスやターンの欄に強引な値を入れているゲームもありますので、取り扱いにはご注意ください。

2017年はコマンドマガジンがきっかけで、古い(SPI時代の)S&T収集欲が爆発した年でした。S&Tだけで50作近くを入手しましたが、プレイしたゲームはリストの三分の一未満に収まりました。S&Tばかりをプレイしないよう意識した結果ではあります。限りある資源ですので、引き続きちびちびと味わっていきます。

秋ごろからP&Pゲーム(Print & Play Game。コンポーネントをPDFなどで入手し、自分でプリントしてプレイするゲーム)への関心がぐっと盛り上がりました。送料不要の手ごろな価格と、欲しいときにすぐ手に入るスピード感がありがたいです。P&Pはずっと工作が億劫だと思っていましたが、クオリティを割り切れば、厚紙コマシートのゲームとそれほど変わらぬ時間と労力でプレイできそうに感じています。

2017年はプレイの質より数に重きを置きました。ルールをしっかり把握する。プレイテクニックを考える。背景を調べる。対戦を調整する。最後まで、かつ複数回プレイする。そういったことは優先順位を下げ、より多くのゲームについて「へぇ、こんなゲームもあるんだねー」と感じることも、これはこれでとても有意義だなぁと思っています。

リストの中から「2017年のオレベスト5」を選出して、2018年のウォーゲーム生活をスタートしたいと思います。順番はタイトルのアルファベット順です。

・France 1944
・Fulda Gap
・マレー電撃戦
・More Aggressive Attitudes
・Nightfighter

by gameape | 2018-01-03 19:03 | 節目 | Comments(1)

2017年上半期ベスト19

2017年ベスト19

このところソロプレイばかりです。人とプレイしたくない訳ではないのですが、好きなゲームを好きなときに、好きなようにプレイできるソロプレイは気軽で身近です。

そんな上半期に触れたゲームを、触れた日数を元にランク付けしてしてみました。「触れた」というのはプレイしたのはもちろん、箱や袋を開けてコンポーネントを愛でたとか、ルールを読んだとか、コマを切ったというものも含めたものです。

入手しただけ。または入手したけれどルールやコマのスキャンまで。そういうゲームを除いた結果、ベスト19ができあがりました。ヘクスではないゲームもありますが、便宜上「ヘクス」という欄にしています。

2017年ベスト19

順位はついていますがゲームの良しあしとは関係ありません。それどころか、僕個人の好みや評価とすら関係ないかもしれません。

1位のVeracruzに触れた日数は23日。通勤途中などにルールを少しずつ読み進めた期間が長く、コマやマップに触れたのは数日だけです。Napoleon at Bay(1978)の前年に出版された、Joseph Balkoskiがデベロッパーの戦役ゲー、というプロフィールが強力に興味を引くのは事実です。

17位の3タイトルはいずれも1日。Operation Konradは1日でルールを読んで、スキャンして、パソコン上でプレイ可能にして、実際にソロプレイするところまでできました。最後のサムライは熊本旅行の予習に眺めました。Ace Patrolは短時間でも十分に楽しめて、電化ゲーはまったくすばらしいなと思います。

by gameape | 2017-07-08 16:49 | 節目 | Comments(2)

2007年11月

対面プレイ
  • ASL Starter Kit #2 - S10 Paper Army
  • ASL Starter Kit #2 - S16 Legio Patria Nostra
PBEM
  • Burnside Takes Command - Lincoln - Stanton Plan
ソロプレイ
  • Here I Stand - Two Player Variant
読んだ
  • プラン・サンセット 3
  • Guerilla
GCACWシリーズのPBEMをあと数戦増やしてもよいかなと思っていたところに、PBEMでのトーナメントの提案があった。
開始は来年1月になるようなので、それまでは今のままでよさそう。
Chris Withersは「GCACWはWBCに専念し、それ以外のときには他のゲームをやりたい」とのことで不参加。
Paul Niedは「新しい仕事と新しい子供で忙しい」とのことで不参加。
ちょっと残念だけど、まぁ、ひとそれぞれ力の入れどきというのがあるでしょうし。

思うところあって、Avalon Hillの「Guerilla」のルールを読み返している。
発売直後に購入したものの、ルールをきちんと読まずに1回プレイしただけだったように思う。
ルールをある程度覚えたプレイヤーが集まってプレイできたらいいなぁ。

Here I Standの2人用バリアントは何度目かのソロプレイ中。
教皇が爆発的に広がっていくプロテスタントを押さえるのは厳しいのではないかと感じる。
序盤に教皇がシュマルカルデン同盟を引いて、わざとプロテスタントを拡張させて、最低ラインのスペース数の時点でシュマルカルデン同盟を発効させちゃうことができるといいのだろうか。
(って、カード頼みの戦略じゃん。。。)

鬼に笑われそうな話だが、2008年4月最後の週末に、猿遊会のための会場を確保した。
今回は2月と3月に、それぞれ1日ずつのゲーム会を開いてみようかと考えている。
ともあれ、来年は無事開催できますように。
by gameape | 2007-12-02 15:32 | 節目 | Comments(0)

2007年10月

PBEM
  • Burnside Takes Command - Lincoln - Stanton Plan
ソロプレイ
  • Rebels in the White House - Monocacy
諸般の事情で対戦は一度もなし。
電車の中では文庫本を読むことが多くて、ウォーゲームのルールはほとんど読まなかったように思う。
ルールを読まないからソロプレイをしなかったのか、ソロプレイをしたいと思わないからルールを読まなかったのか。
ニワトリが先か、タマゴが先か。

今日、VassalとCyberboardとADC2のおかげで、少しの時間があればソロプレイすることができる。
Here I Standの2人用バリアントもCyberboardでプレイできるようになった。
にもかかわらず、何をソロプレイしようかあれこれ考えているだけで時間が過ぎてしまう。
まぁ、そういう心持ちのときってあるんだと思う。

先日、眠れなかった夜中にふと思い立って、プレイしたいゲームをノートに書き留めた。
  • Here I Stand (GMT、6人で)
  • Thirty Years War (GMT)
  • Storm Over Arnhem (AH)
  • Wellington (GMT)
  • Blue vs Gray (GMT)
  • GCACW
。。。だそうである。
今の心持ちとちょっと違うところもあるけれど、面白いので転載しておくことにした。
by gameape | 2007-11-04 15:29 | 節目 | Comments(0)

2007年9月

対面プレイ
  • ASL Starter Kit - S1 Retaking Vierville
PBEM
  • Burnside Takes Command - Lincoln - Stanton Plan
  • Stonewall's Last Battle - Certain Destruction Awaits...
ソロプレイ
  • Here I Stand - Two Player Variant

ウォーゲームはちょっとひとやすみ、という感じの1ヶ月だったかもしれない。通勤途中の電車の中でもウォーゲームのルールを読むことは少なく、文庫本を読んだり、メモをつけたり、寝たりすることが多かった。ソロプレイをする時間もあまりとれなかったり、別のことをする方が面白く思えたり。
by gameape | 2007-10-06 19:48 | 節目 | Comments(0)