人気ブログランキング |

ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

境界線級・独ソ電撃戦

e0120077_18370731.jpg

「独ソ電撃戦」でドイツ軍は4個、ソ連軍は5個のフォーメーションを持って戦います。マップには境界線(バウンダリ)が示されていて、フォーメーションごとに決められた数のユニットをセットアップします。しかし、ゲーム開始後に境界線は使わず、ユニットはどこへでも自由に動けるようになります。

TCSやNATO Division Commanderのように、ゲームを通して境界線を使うウォーゲームをしたい。そこで「独ソ電撃戦」を無理やり境界線ありでプレイしてみました。上の画像にある赤いスティックがソ連軍の、青いスティックがドイツ軍の境界線です。

独ソ電撃戦

慣れてくると上の図のような境界線が見えてきます(個人の感想です)。境界線を越える移動も攻撃も退却も禁止で、ZOCだけは境界線を越えて及ぶことにしました。

ソ連軍はミンスク周辺にセットアップされる13軍が前線に送り込めなくなったり、終盤にあちこちの戦車ユニットをかき集めて反撃するのが難しくなったりします。また、ミンスク以外の町にセットアップされる軍集団予備のユニットたちは、どの軍に編入するかを決めるまでは移動不可で、一度決めた編入先は変更不可です。

独ソ電撃戦

境界線の変更はターンに1回、自軍戦闘フェイズ終了時としています。かなり長考できるので、対人プレイには向いてないかもしれません。

1回だけプレイしてみて、とりあえず「これは全然ダメだわ」ではなかった、という印象です。対戦ゲームとしてちゃんと機能するかどうかはわかりませんが、ソロプレイする分にはとても楽しかったです。

IMG_4063

使用したスティックは、2019年の猿遊会にご参加いただいた方に、お土産としてお渡しする予定です。境界線を示す以外にも、何かしらの役に立てば嬉しいです。

なお、数はあまり多くなく(おひとりにつき10本程度)、全体の数にも限りがあるために来場時間などによってはお渡しできないこともあります。

# by gameape | 2019-09-14 20:57 | 考えごと | Comments(0)

NATOの旅団長

e0120077_21305798.jpg

NATO Division Commanderのシナリオ「Incident on Bundestrasse 49」を、プレイヤー2人とコントローラーでプレイしているつもりのソロプレイです。第1ターンのソ連プレイヤーターンでは両軍の前衛による交戦が始まりました。上の画像はマップ西端にあるギーセン市街で様子をうかがう合衆国第8歩兵師団第1旅団。

NATO Division Commander

最前線(FEBA = Forward Edge of the Battle Area)の様子。雨のため航空機は飛ばず、師団司令部が戦場に到着していないため無線傍受による索敵もほとんど効果を得られずで、接触していない敵の所在はまったく見えていません。上級司令部からの情報や避難民の声などを勘案すると複数個師団が前線のすぐ後ろに存在していると考えてよさそうです。

機甲騎兵部隊が北側で第7親衛戦車師団を、南側で第27機械化狙撃兵師団を確認しています。戦車がより多く配置された北側が攻撃の主軸かもしれません。

NATO Division Commander

ソ連軍が第2ターンに戦車1個連隊をマップ西端から突破させてしまうと、最悪の場合そこでゲームの勝敗が決まります。後手の合衆国軍としては、第1ターンに適切な対処をする必要があります。師団長がマップに進入するのは第2ターン。それを待っている余裕はなく、第1旅団長こそが「NATOブリゲード・コマンダー」としてゲームの主役を張らねばならない局面です。

第1ターンの戦闘でそれなりの損害を受けているとはいえ、マップ中央の守りは機甲騎兵にお願いしてよさそうです。第1旅団としては大きく展開して両翼で遅滞行動をすることもできます。NATOのドクトリンでは1個旅団を30ヘクス幅に展開することを認めています。

しかし、それでは殴られっぱなしですし、砲兵や工兵が効果的な支援をおこなえません。ギャンブルではありますが、右翼と左翼のどちらか一方に集中したい気もします。選ぶならば平地が多く、かつ敵の主軸と目される左翼(北側)でしょうか。

NATO Division Commander

コントローラーが見ているマップはこのようになっています。ソ連軍は2個師団がそれぞれ4列縦隊で前進してきました。最初の攻撃(または強行偵察)を実施する連隊がアウトバーンや一般道を使用したため、後続の連隊は悪路を進まねばならず、それほどの前進はできていません。

しかし、第2ターンに雨が上がれば疲労無視の強行軍で移動力を倍増させて、西に突破することもできるのではないかと思います。突破の目標は北か、南か、中央か、果たして。

(もしかしたら、つづく)

# by gameape | 2019-09-13 22:29 | ソロプレイ | Comments(0)
e0120077_22275048.jpg

猿遊会(えんゆうかい)はどなたでも参加できるウォーゲームのコンベンションです。お気軽に遊びに来て、ゲーム猿になるなり、ゲーム猿と遊ぶなり、ゲーム猿を見て楽しむなりしていただければと思います。

2019年の開催日は9月15日と16日。土日ではなく、日曜日と月曜日(敬老の日)ですのでご注意ください。時間は両日とも朝9時過ぎから夜9時半まで。会場はこれまでと同じ東京都江戸川区のタワーホール船堀です。

猿遊会2010

参加にあたって事前の連絡、会場での記名、挨拶、会費などは不要です。ただし、会場のテーブルの多くが事前の予約で埋まっていまして、予約なしでご参加いただいた場合には、テーブルがない、必要なスペースが確保できないといったことがあるかもしれませんので、その点はご了承の上で遊びにいらしてください。テーブルの予約受付は既に終了しています。

Where Eagles Dare

過去の猿遊会の画像は、Flickrで年ごとのアルバムをご覧いただけます。Twitterのハッシュタグは「#猿遊会」を。MustAttackに「猿遊会」コミュニティもあります。

タワーホール船堀

会場のタワーホール船堀は都営新宿線の船堀駅から歩いて1分ぐらいのところです。神保町や秋葉原に立ち寄るなど、都営地下鉄の途中下車をするならば「秋のワンデーパス」(1日乗り放題で500円)がお得かもしれません。

Flames of War

猿遊会についてのご連絡、お問い合わせなどは以下のいずれかの方法でお願いします。

Wall of SPI S&T

猿遊会で一緒に遊びましょう。プレイをしなくても、あの人に会いたい、写真を撮りたい、待ち合わせ場所に、なども立派な参加理由です。上の画像のような「インタビューボード」を今年もやりたいなぁ。。。

会場にいらっしゃる方、お顔を拝見するのを楽しみにしております。いらっしゃらない方でも別の場所でウォーゲームしたり、ネットで冷やかしのコメントを送ったりする「エア参加」で、ぜひ同じ時間にウォーゲームで遊んでください。

# by gameape | 2019-09-02 22:20 | 猿遊会 | Comments(2)
e0120077_20521559.jpg

「Advance on Fritzlar」は「NATO Division Commander」(1979年、SPI)を全4ページの簡略版ルールでプレイするシナリオで、いわば「スターター・キット」です。

移動フェイズを合衆国、ソ連の順に実施して1ターン終了。戦闘は移動ポイントを支払って実施するオーバーラン型攻撃のみ。スタックは禁止で、EZOC進入停止かつ退出不可。司令部の10ヘクス以内にいないユニットは移動できない。ルールはざっくりそんな感じです。

NATO Division Commander

ユニットはソ連が8個で合衆国が6個、移動力はソ連が10で合衆国が20です。勝利条件にかかわる3つの町、FritzlarとZiegenheinとMarburgはそれなりに離れているので、ゲームが終了する第5ターンまでに縦横無尽な移動が求められるはず。道路とアウトバーンを使えば、1ターンでフルマップの半分を駆け抜けてしまいます。

「Advance on Fritzlar」に徐々にルールを追加していけば、「全部入り」のNATO Division Commanderを習得できるはずなのですが、このままでも結構面白くて、なかなか先に進んでいきません。どこがと言われるとちゃんと答えられないのですが、「ドイツ戦車軍団」のエル・アラメインの面影を感じます。

NATO Division Commander

ビギナーとプレイするゲームは何がいいか、という話がときどき出ますが、ダークホースというか、大穴というかな位置づけとして、「Advance on Fritzlar」も悪くないんじゃないでしょうか、と無責任に申し上げておきます。

# by gameape | 2019-08-29 20:59 | ソロプレイ | Comments(0)

急いで口で吸え

e0120077_16560914.jpg

ASL Starter Kit #4の「Kawaguchi's Gamble」です。ジャングルをじわじわと進む日本軍がHand to Hand Combatで海兵隊を圧倒していくのに驚きました。しかし、勝利条件を達成する時間が全然足りなくなり、ゲームとしては合衆国の勝ち。

さて日本軍はどうすればよいか。そう考えるべきところのはずでしたが、個々の戦闘での日本軍の強さが強烈すぎて、海兵隊はどう戦うべきかばかりを考えてしまいました。TOROさんのブログで見た「OODAループ」というのが面白かったので、適当ではありますが考えてみたのが冒頭の画像です。

Advanced Squad Leader Starter Kit #4

考察をふまえて2回めのソロプレイ。上の画像が海兵隊の配置です。前方のばらまかれているパラマリーンは、前回同様に日本軍に圧倒されるだけのような気もしましたが、プレイを始めてみると日本軍もこれにつられる形で兵力を分散しなければならなくなり、それほど悪くなかったように感じました。

Advanced Squad Leader Starter Kit #4

14火力のスタックにDRMが-2のリーダーをスタックさせたペリメータディフェンスは非常に強力でした。上の画像は側面に回り込もうとした10-1リーダーのスタックがピンゾロで消滅した場面です。日本軍もMMGを2挺スタックさせて正面から攻撃を試みましたが、まじめに向き合うべき相手ではなかったような気がします。

この結果をふまえて、そのうちに再びOODAしてみたいと思っています。「?」マーカーをより有効に使うとか、バンザイチャージするとか(まだやったことがない)。今度は日本軍に肩入れして考えてみるのがよさそうです。

なお、この記事のタイトルは「ジャングルでの戦闘といえばこれでしょう」というだけの理由でつけました。ゲームやプレイとは一切関係ありませんし、ASL Starter Kitには毒ヘビもサソリも毒グモも出てきません。

# by gameape | 2019-08-18 17:29 | ソロプレイ | Comments(0)