人気ブログランキング |

ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

마산공격(マサンコンギョク)

e0120077_14005834.jpg

マサン(Masan)の一歩前に出ているUS第25師団の35連隊(5-3-3)を、チンジュ(Chinju)周辺にいる第6師団と第105戦車師団で攻撃します。

歩兵3個連隊だけで攻撃すると14:5で3:1まであと1足りない、と思いきやOCSは端数四捨五入なので14:5なら3:1です。AR差は+1で防御地形はClose。結果は2D6≧3で防御側退却、2D6≧9で防御側壊滅。攻撃側はいずれにせよ何かしらの損害を受けます。補給の消費は攻撃側が3REなので3T。防御側は2T。

砲兵(13火力)を投入した場合、Close地形による左1シフトを適用すると2D6≧7でDGです。防御側がDGなら戦力比は6:1(14÷2.5=5.6、電卓使いました)。AR差に+2に改善されて2DR≧5なら防御側を壊滅させられるようになりました。ただし、補給の消費は6T(1.5SP)に倍増。各ターンの補充が4SPであることを考えると、なかなかの贅沢かもしれません。

Korea: The Forgotten War

さらに戦車連隊を投入した場合。Open地形から攻撃する装甲ユニットは攻撃力が2倍なので、攻撃側戦力の合計は26まで上がります。防御側が額面どおりなら5:1で、DGなら10:1になります(あと1戦力あれば27÷2.5=10.8で11:1になるのですね、ピンときませんけど)。補給消費は戦車の移動と攻撃でそれぞれ1Tかかります。

戦闘解決がもともと2D6で、そこに(かの有名な)最大左右6シフトの奇襲判定が加わるため、戦闘結果の振れ幅は非常に大きいです。その一方で消費量が厳然と決まっている補給ポイントとのコントラストが強く印象に残る。それが僕のいまのところのOCSの感想です。

by gameape | 2019-03-03 14:06 | ソロプレイ | Comments(0)