人気ブログランキング |

ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

諸君はPnPゲーム経済を

e0120077_11532979.jpg

PnPゲームはついついお金を気にしてしまいます。紙のコンポーネント(本稿では「PnPじゃない」の意味でこう呼びます)であれば立派な体裁だったり、工作や製本の手間が要らなかったりするのに、あえてPnPを選ぶのは主に金銭的なメリットを求めたからのはずで、結果として紙のコンポーネントより多額の出費をしてしまうのはガッカリです。

例えば、僕のNATO Air CommanderのPnP費用はこんなでした。
  • ゲーム本体:1366円(12 USドル)
  • カードとマップの印刷:600円(コンビニプリント、A3カラー 6枚 × 100円)
  • コマの印刷:248円(アクセアでシール紙にカラープリント)
  • イラストボード:50円ぐらい(家にあったミューズのケント1.5mm厚をA5サイズぐらい切り出して使用)
合計2264円、約21ドルです。紙のコンポーネントだと本体が45ドルで、東京までの送料22ドルを加えるとしめて67ドル。うわ、やっぱり全然違うぞ、三倍以上だ。「PnPはお金を気にする」といいつつ、この計算をきちんとせずにいたところが甘いですね、まったく。

NATO Air Commander

Table Battlesのエクスパンションのようにお値段控えめの物件(本体20ドル+送料15ドル)では事情が若干変わってきます。差額が10ドルとかになってくると、工作の手間やコンポーネントの品質を考えると紙のコンポーネントを買ってもいいんじゃないか、とか。

もちろん、お金ではないメリット&デメリットもあって、そこを総合的に勘案して(またはそのときの気分で)PnPだったり紙だったりを購入するのではあります。PnPのメリットはこんな感じです。
  • 納期が短い(その日にだってプレイできる)
  • ルールのPDFが提供される(ここが非PnPなゲームとの大きな違いだと思う)
  • マップとコマの画像も提供される(これも結構大きい)
  • 箱のやり場に困らない(要らないと思いつつ、箱を捨てるのは抵抗があるのです)
  • データを紛失しても再度ダウンロードできる(提供元が存続していれば、ですが)
一方、紙のコンポーネントのメリット(=PnPのデメリット)ももちろんあります。
  • 工作不要(コマ数の多いゲームはこれ重要)
  • 美麗なコンポーネント(これは出版社によって違うと思いますが)
  • 大判の切れ目のないマップ(A2マップのプリントは1500円/枚とかです)
つまるところ、両方のいいとこ取りをするために紙のコンポーネントを買った上に、PDFや画像データを入手するためにPnPも購入したりするのかと考えて、ちょっとガッカリしているところです。

あんまり細かい計算はせずに、パーッと発注して工作して2~3回プレイして次に行く、というのがPnPの楽しさなのかもしれません。

by gameape | 2019-01-06 11:57 | PnP | Comments(0)