ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

そのルールはどこに書かれていいるか

Eagle Day

ルールの疑問が生じたときなどに、「ルールブックのここに書かれてます」をサラリと言いたいです。プレイがスムーズになるし、何となくカッコいいんじゃないかと思います(個人の感想です)。

いい年したジイさんなんですから、そんなことはウォーゲーム以前に身につけておきたいと思わないでもなく。でも、いざとなるとパッと出ないものなんですよ(個人の体験、しかも最近)。しっかり身に付くように、ちょっと書き出してみました。

  • 章、項:章は大見出し、項は小見出し。ナンバリングしてあるルールであれば「1.0」などが章で「1.1」「1.11」「1a」などが項。
  • ブロック:空行で区切られた単位。「移動の章の3ブロック目」など。
  • 段落、パラグラフ:行頭にスペース。ブロックと段落は必ずしも一致せず、「3ブロック目の第2段落」とかがありえる。学校で「形式段落と意味段落」というのを習ったような遠い記憶がありますが、これは形式段落ですよね、多分。。。
  • 箇条書き:記号で始まるものは「箇条書きのポチ3個目」のように、数字やアルファベットで始まるものはそのまま「箇条書きの3」とか「箇条書きのd」などと言えばOK、なはず。余談ですが「d」は「でぃー」より「でー」の方が正確に伝わります(ここで「デルタ」とか言うと混乱するだけだと思います)。
  • インデント部分:ブロック扱いできる場合もありますが「3ブロック目の下にあるインデント部分」のように言う方が早いことあると思います。
  • 注、ノート、例外など:文頭や段落先頭に「例:」とか「ノート:」とか「例外:」などと書かれている箇所はそこを狙って示すと分かりやすい。
  • 文、センテンス:「何番目の文」「第3文」「最後から2番目の文」など。文をセンテンスと言うとカッコよく聞こえるかもしれないし、やっぱり「文」と言ったほうが正確に伝わるのかもしれないし。

例えば「4.1項の第3ブロックの最後から2番目の文」とか「補給の章の後の方の箇条書きのポチ3個目に書いてあります」とか。そんな感じです。カッコよくないですか、そうですか。

12ページの~」とか「右段に~」のような指定は、自分が相手と同じ割付のルールブックを使っていることが重要です。同じ版のルールブックでもこちらは紙やPDFで、先方がリッチテキスト(rtfなど)だったりすると、ページ割りや段組みが違っていたりするので要注意。

とはいえ、ページや段を指定して話を進める方が圧倒的にスピーディかつエレガントです。ネット越しなどでLOSの通らない相手だったり、複数のルールブックを使うプレイヤーさん(紙とタブレットを併用とか普通だと思います)だったりを適当に気にしておくべし、でしょう。

参加プレイヤーがそれぞれルールブックを持った状態でのプレイ。僕はこれが大好きなのであります。

[PR]
Commented by なかれもん at 2018-09-05 21:43 x
そうです。ルールさんは大事ですよー。
特に細かいルールさん。

同じムーブが続いて、あ~こりゃもう引き分けだな~とか相手が思い始めたところに最大効率旋回とかブチかまして、サイドワインダー4発ぶっ放してフィニッシュするんですよ。
これ大事です。
Commented by gameape at 2018-09-07 23:43
Air War(ですよね?)のルールはほんとうに読み込みまくってプレイしましたので、「ここにこう書いてあります」と伝える場面がしばしばあったように思います。
by gameape | 2018-09-04 22:52 | ウォーゲーム生活 | Comments(2)