ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

NAWシリーズのシミュレーション(Musket & Saber Quick Play)

Salem Church

「Salem Church」(Decision Games)をソロプレイしています。同じMini Seriesの「Chantilly」よりも面白いかもしれないという印象です。

共通ルールである「Musket & Saber Quick Play」がなかなか良いと思います。もっと大きなマップで、より多くのユニットを使うゲームもあったりするんでしょうか。正規版(?)のMusket & Saberとの違いを確かめたい気持ちもありますが、すぐさま読もうという熱意はありません(読んで買いたくなるのも怖い)。
  • 移動フェイズと戦闘フェイズからなるプレイヤーターンを交互に繰り返す
  • 敵軍ZOCは進入停止、離脱は全移動力、ZOC to ZOCは不可
  • スタック制限はないけれど、3ユニット以上スタックしていると混乱状態になる
  • メイアタックながら、攻撃されなかった非手番ユニットが戦力倍で反撃してくる
  • ペナルティがあるけど敵軍ZOCを通って退却可
  • 退却時、友軍ZOCが敵軍ZOCを無効化
  • 防御側がいたヘクスの隣接ヘクスに戦闘後前進してよい
  • 両軍とも毎ターン補充がきて、ステップロスを回復できる
ルールの特徴をざっくり書き出すとこんな感じです。ZOCから離脱できて、メイアタックで、包囲攻撃で敵を除去しにくいなど、個々のルールとしては違うものの、全体としての雰囲気はNAWシステムとよく似ています。
  • 交戦していないときと交戦しているときでユニットの移動距離が全然違う
  • 交戦状態からの離脱が難しく、交戦していない予備の存在が重要
  • 予備が重要なのはわかってるけど、気が付くと大半のユニットが交戦中
  • 包囲されると深刻な問題に
似ていると感じる要因はこんなところでしょうか。極論気味に言うと1800年台のバトルを再現するゲームというよりも、NAWシステムが供するゲーム体験を再現しようとしているのではありますまいか。

Salem Church

そんなゲームでありながら、砲兵がNAWシステムをほぼそのまま踏襲していていて不思議に思います。製作者さんは1800年台の砲兵を、他の兵士の頭上を越えて砲撃できて、距離にかかわらず同じ威力で砲撃できるもの、と描いているということなのかしら。
[PR]
by gameape | 2014-08-23 15:00 | Comments(0)