人気ブログランキング |

ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

東国争乱 - 今川プレイヤーの感想

東国争乱

「東国争乱」の5人シナリオを今川義元でプレイしました。ルールは口頭で説明を受けただけで、このゲームのプレイはこの1回だけという状態ですが、今川プレイヤーとしての感想を書いてみました。

歩兵だけでも大丈夫、かも

今川義元は騎兵や銃兵の編成に必要な石高のエリアの獲得が困難でした。「騎兵で攻められたら必敗だなぁ」とハラハラしつつ、歩兵だけを編成してプレイしました。周囲からは戦う価値のない大名と思ってもらえたのか、最後まで生き延びることができました(今回のプレイは三期目の中盤に時間切れで途中終了しました)。

プレイしていくにつれ、歩兵だけの軍隊でも何とかなるのではという印象を持ちました。騎兵を含んでいても少数の敵なら負かすことができます。騎兵2個を歩兵5個で攻めれば勝てる、といったようにです。敵の戦力を合戦の直前に調略することもできるので、領土拡大で手薄なエリアができた大名をチクチクと襲撃していくのが、今川の生きる道なのかもと思います。

「調略」と「海道一の弓取り」

特殊能力は「調略」と「海道一の弓取り」が役立ちました。「蹴鞠」は銃兵を編成する際に活用するのでしょうけれど、歩兵だけでプレイした今回は出番なしでした。

調略は前述した合戦直前の活用に加え、ユニット1個で守られているエリアを中立化したり、他の大名を援助するために使えます。エリアの中立化は、国力を削ぐばかりでなく、再占領に多数のユニットを投入する必要を生じさせる点でも効果的です。

海道一の弓取りは自分の領土を広げるときにも役立ちますが、大事なエリアは中立にしておき、必要なときにコストなしに再占領できるという点でも有用です。石高の高いエリアは少数のユニット(しかも歩兵だけ)で守るよりも中立にしておいた方が固いです。また、石高の高いエリアをユニット1個で占領して他の大名に献上する「露払い」にも使えます。

2位狙い戦略

弱点を調略して襲撃し、中立化で足を引っ張り、調略と露払いで他の大名に媚びる。天下を取る手段としてはあまりに貧弱ですので、特定の大名にお遣えして2位を狙う戦略を採りました。今回のゲームでは上杉が織田領に攻め込もうとしていましたので、織田への援助を申し出てご褒美に尾張をもらう約束をとりつけました。

後で気づいたのですが織田は今川より手番が後なので、最終ターンに今川を攻めることができます。それゆえ終盤に織田を攻めてちゃっかり天下を採る(下克上、でしょうか)ことはかなり難しいと思います。3位以下になるよりは2位の方がよいと考えて、最初から天下を眼中に置かないのも悪くないように思いますが、人によってはそういうプレイを快く思わないかもなのでちょっと不安が残ります。

これでよいのか

歩兵だけの軍隊、弱点を選んで合戦、強力な調略、中立化、露払い、2位狙い。今川義元のプロファイリングとしてこのようなキーワードたちは果たしていかがなものなのでしょう。「2位狙い」は日本史の授業で習った「摂関政治」のことだったりするのでしょうか。歴史を調べずにかなり適当なことを書いてます。すみません。

東国争乱

人物や戦史を掘り下げていけばいろいろと見えるものがあるのでしょうけれど、今のところは今回の印象をやんわりとアタマの中において、何となく分かった気になるだけにしておきます。5人全員がゲームをきっちり理解してプレイすると、このゲームは全然別の表情を見せるのでしょう。それを実現する情熱は今の僕にはありませんが(汗)。

特定のゲームをプレイしないのは、そのゲームが面白くないからではなくて、他にプレイしたいゲームがたくさんありすぎるからなのです(面白くないからプレイしないゲームもありますけど。。。)。
Commented by 上杉謙信 at 2013-01-25 22:28 x
対戦ありがとうございました。
いろいろ気を使わせて申し訳なかったかなと思ったりします。
1年生の私にとって、はじめてのマルチであり、正直とてもスリリングで面白かったです。
このゲームに魅了され、今、vassalモジュールを作成中です。
また例会でご一緒できたときは、胸を貸してください。(このゲームに限らず)
Commented by gameape at 2013-02-02 10:10
こちらこそ対戦ありがとうございます。気を使ってましたでしょうか(汗)。どちらかというと言いたいこと言ってやりたいことやってた記憶しかありませぬ。。。

VASSALモジュールができるとあらば、ゲームの購入を検討しなければですねぇ。春のゲームマーケットを狙うか!
by gameape | 2013-01-19 13:02 | Comments(2)