ウォーゲーム、シミュレーションゲームのあれこれ


by たかさわ

Blue vs Gray - 3対1の現場

3個軍団が1個軍団を攻撃する場合を考えてみる。
まず、北軍による攻撃。

Blue vs Gray - 3:1 combat example 1

北軍はリーダー1枚、歩兵の軍団ユニット3枚からなるコマンド。
戦力は1、5、5、4で合計15。

南軍はリーダー1枚、歩兵の師団ユニット3枚からなるコマンド。
戦力は1、2、1、1で合計5。

ちょっと恣意的すぎる切り出しかもしれない。
でも、これで戦力が3対1で戦力差がちょうど10になる。
結果は防御側敗北が4/6、攻撃側敗北が1/6。

双方のリーダーのイニシアティブが同じならば、1/6でステイルメイト。
(ステイルメイトは双方が損害を出して攻撃は失敗、という結果です)

なお、上の画像では攻撃側のビュエルのイニシアティブが0で、防御側のヒルが1なのでステイルメイトにはならず、南軍が勝利することになる。


続いて、南軍による攻撃。

Blue vs Gray - 3:1 combat example 2

南軍はサブコマンド3個を軍司令官が束ねていて、戦力の合計が15。

北軍はリーダー1枚と歩兵の軍団ユニット1枚の組合せで、戦力は合計5。
結果は前述の北軍による攻撃と同じ。

Blue vs Grayの戦闘システムを要約すると次のようになる。

同等の戦力なら、勝てる可能性はフィフティ・フィフティ。
戦力が5ポイント上回ると、ソルジャーズ・バトルで勝利できるようになり、勝つ可能性が1/6上がる。
戦力が10ポイント上回れば、+1のダイス修整を得られるのでさらに1/6上昇。

戦力が20ポイント上回れば、+2のダイス修整を得られるけれど、そんな戦力のコマンドを作ることはかなり難しい。
(南軍の「夢の巨大コマンド」の戦力は30戦力にも満たないのです)

敵の戦力の3倍を用意して当たっても、押し戻される可能性が17%もある。
そして、敵の3倍の戦力をもって攻撃できる機会は滅多にない。

南北戦争における戦いは、双方がある程度大きくなれば勝敗はフィフティ・フィフティ。
Blue vs Grayの作者はそんな風に考えているんじゃないかと思う。
[PR]
by gameape | 2011-02-28 23:06 | Comments(0)